三木章雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三木 章雄(みき あきお)は、宝塚歌劇団に所属する演出家。東京都出身。

略歴[編集]

  • 1971年4月、宝塚歌劇団入団。
  • 1980年2月、月組バウホール公演『ワンモア・ドリーム』で演出家デビュー。
  • 1980年8月、『ファンシー・ゲーム』で大劇場公演デビュー。
  • 1994年7月、ロンドン公演のショー『ミリオン・ドリームズ』の作・演出を担当。
  • 1995年8月、前年に死去した小原弘稔の後を受け、初演で演出助手だった三木が『ME AND MY GIRL』の潤色・演出を担当(以降の再演も三木が担当)。
  • 1998年1月、宝塚歌劇団初の香港公演『This is TAKARAZUKA!』の作・演出を担当。
  • 2007年、宝塚歌劇団OGのダンサー精鋭によって公演された『DANCIN'CRAZY』の作・演出を担当。
  • 2008年11月、オフブロードウェイミュージカル『SHOWTUNE』の日本初演を手掛ける。宝塚歌劇団OGのみでキャスティングされた。
  • 2013年、65歳定年で宝塚歌劇団理事を辞める[1]
  • 2014年、「宝塚歌劇の殿堂」の殿堂入りを果たす[2]

演出家像・エピソード[編集]

  • 大学のときにたまたま見た演出家募集のチラシを見て、東京以外の土地に行くのもいいかなと思い、軽い気持ちで受験をし、合格したのが入団のきっかけであった。
  • 入団後は鴨川清作の下でレビュー作品の基礎を学ぶ。
  • レビュー作品の作・演出と、海外ミュージカル作品の潤色・演出が多い。大劇場公演の芝居演出担当は、酒井澄夫と共同演出を担当した『夜明けの序曲』(植田紳爾作・監修)のみ。
  • 娯楽性を重視し、時代や生徒の持ち味に合わせて演出する。特別イベントやディナーショーの構成・演出も数多く手掛けている。近年では主に宝塚歌劇団OGへの外部演出も増えている。
  • トップスターの退団公演を担当することも多く、近年でも安寿ミラ天海祐希高嶺ふぶき愛華みれ瀬奈じゅん水夏希大空祐飛と安定した作品に仕上げている。

宝塚歌劇団での舞台作品[編集]

大劇場公演作品[編集]

  • 『ファンシー・ゲーム』[3](星組・1980年)*大劇場デビュー作
  • 『ハート・ジャック』(月組・1983年)
  • 『ルミエール』(星組・1985年)
  • 『アンド・ナウ!』(雪組・1985年)
  • 『ヒーローズ』(花組・1986年)
  • 『Too Hot!』(星組・1988年)
  • 『ザ・ドリマー』(月組・1989年)
  • 『ブライト・ディライト・タイム』(雪組・1990年)
  • 『スイート・タイフーン』(雪組・1991年)
  • 『ファンシー・タッチ』(花組・1992年)
  • 『ミリオン・ドリームズ』(月組・1993年、ロンドン公演・1994年)
  • 『メガ・ヴィジョン』(花組・1995年)
  • ME AND MY GIRL』(月組・1995年、月組・2008年)*潤色・演出
  • 『パッション・ブルー』(星組・1996年)
  • 『ゴールデン・デイズ』(雪組・1997年)
  • 『ル・ボレロ・ルージュ』(月組・1998年)
  • 『夜明けの序曲』[4](花組・1999年)*演出のみ
  • 『グレート・センチュリー』(星組・1999年)
  • 『美麗猫(ミラキャット)』(星組・2000年)
  • 『ジャズマニア』(月組・2000年)
  • 『VIVA!』(花組・2001年)
  • ガイズ&ドールズ[5](月組・2002年)*演出のみ
  • 『ザ・ショー・ストッパー』(宙組・2002年)
  • 『レ・コラージュ』(雪組・2003年)
  • 『アプローズ・タカラヅカ』(花組・2004年)
  • 『タカラヅカ・ドリーム・キングダム』(雪組・2004年)
  • 『ネオ・ヴォヤージュ』(宙組・2005年)
  • 『ファンシー・ダンス』(月組・2007年)
  • 『Heat on Beat!』(月組・2009年)
  • 『ロック・オン!』(雪組・2010年)
  • 『カノン - Our Melody - 』(花組・2012年)
  • 『クライマックス -Cry‐Max-』(宙組・2012年)
  • 『ファンシー・ガイ!』(雪組・2015年)

バウホール公演作品[編集]

  • 『ワンモア・ドリーム』(月組・1980年)
  • 『ミステリー・ラブ』(花組・1981年)
  • 『まい・みらくる』(月組・1982年)
  • 回転木馬(星組・1983年)*潤色・演出
  • 『夢の彼方に』(月組・1986年)
  • 『タッチ・ミー』(花組・1987年)
  • サウンド・オブ・ミュージック』(月組・1988年)*潤色・演出
  • 『微笑みをもう一度』(雪組・1990年)
  • 日向薫リサイタル -FANTASTIC "N"』(星組・1992年)
  • 『Beautiful Tomorrow!』(月組・1995年)
  • 『ヴェロニック』(花組・1998年)
  • 『Dancing Heroes』(月組・2011年)
  • 『New Wave!』(花組・2013年、月組・2014年、宙組・2015年)

その他の公演作品[編集]

  • ME AND MY GIRL』(月組・1996年・中日劇場、月組・2008年・博多座、花組・2009年・梅田芸術劇場、月組・2013年・梅田芸術劇場)*潤色・演出
  • 『This is TAKARAZUKA!』(宙組・1998年・香港公演)
  • 瀬奈じゅんコンサート -SENA!』(花・月組・2004年)
  • 『コパカパーナ』(星組・2007年・梅田芸術劇場、宙組・2007年・博多座)
  • 『Heat on Beat!』(月組・2010年・中日劇場)
  • 『ロック・オン!』(雪組・2011年・全国ツアー)
  • 『カノン - Our Melody - 』(花組・2012年・全国ツアー)

ディナーショー[編集]

  • 一路真輝ディナーショー『夢飛行』(1990年)
  • 杜けあきディナーショー『スーパー・コレクション』(1990年)
  • 涼風真世ディナーショー『スイーテスト・ナイト』(1991年)
  • 久世星佳ディナーショー『Illusion』(1993年)
  • 久世星佳ディナーショー『愛のノクターン』(1993年)
  • 安寿ミラディナーショー『Miracles of Loving』(1994年)
  • 麻路さきディナーショー『フォーエバー・ユアーズ』(1995年)
  • 真琴つばさディナーショー『m・i・x』(1998年)
  • 姿月あさとディナーショー『Millennium』(2000年)
  • 愛華みれディナーショー『Felicita Arcobaleno』(2001年)
  • 映美くららミュージック・サロン『マイ・スイート・メモリー』(2004年)
  • ふづき美世ミュージックサロン『La vie en rose ラヴィアンローズ』(2005年)
  • 湖月わたるディナーショー『Passion』(2006年)
  • 瀬奈じゅんディナーショー『ELVENT』(2007年)
  • 彩乃かなみミュージック・サロン『Singin' Lady K !』(2008年)
  • 彩吹真央ディナーショー『Love Letter』(2009年)
  • 霧矢大夢ディナーショー『K COLLECTION』(2009年)
  • 白羽ゆりミュージック・サロン『SWAN』(2009年)
  • 彩吹真央ディナーショー『Thank you』(2010年)
  • 蘭寿とむディナーショー『MUGEN!』(2011年)
  • 轟悠ディナーショー『RENDEZ‐VOUS(ランデヴー)~今宵きみと~』(2011年)
  • 野々すみ花ミュージック・サロン『GIFT ~たからもの~』(2012年)

宝塚以外の舞台作品[編集]

  • 『新版・桜吹雪狸御殿』『ボンジュール・タカラジェンヌ』(2004年)[4]
  • 『DANCIN' CRAZY』(2007年)
  • 『SHOW TUNE』(2008年)
  • 安蘭けいファーストコンサート -UNO』(2009年)
  • 『DANCIN' CRAZY2』[6](2012年)
  • 『セレブレーション100! 宝塚 〜この愛よ永遠に〜』(2014年)
  • 『SUPER GIFT!』(2015年)

脚注[編集]

  1. ^ 2014年3月26日の中日新聞朝刊15面
  2. ^ 宝塚歌劇の殿堂・殿堂入りされた方々(公式ホームページ)
  3. ^ 東京宝塚劇場では『ニュー・ファンシー・ゲーム』と題名が変更
  4. ^ a b 植田紳爾作・監修、酒井澄夫共同演出
  5. ^ 酒井澄夫脚色・共同演出
  6. ^ ACT1は監修、ACT2は構成・演出

外部リンク[編集]