美麗猫 -ミラキャット-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

美麗猫』 -ミラキャット-は宝塚歌劇団舞台作品。星組[1][2][3]公演。形式名は「ファンタスティック・ショー[1][2][3]」。24場[1][2][3]

作・演出は三木章雄[1][2][3]。併演作品は『黄金のファラオ[1][2][3]』。

解説[編集]

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演[4]参考。

美しい猫が時を越えて生まれ変わり、時代の寵児たちと繰り広げられる恋とロマンを、めぐるめく美しいシーンで綴っていくショー。大人な魅力溢れる稔幸星奈優里のトップコンビを中心に、猫のしなやかさと妖しさが漂うストーリー性のあるダンスシーンや、猫の感性に拘ったテンポ良いエネルギッシュなシーンなど、エキゾチックで耽美な香り漂うゴージャスなステージを展開した。

宝塚では花組に続き、初舞台生が出演した。

公演期間と公演場所[編集]

全国ツアーの日程[編集]

スタッフ[編集]

※氏名の後ろに「宝塚」、「東京」、「全国」の文字がなければ全劇場共通。

休演者[編集]

宝塚(ベルリン公演出演のため)[編集]

全国ツアー[編集]

主な配役[編集]

宝塚

  • 美麗猫・男、大公、美麗王、戦士S、夢幻猫・男、美麗猫・男S - 稔幸[1]
  • 美麗猫・女、SHANGHAIリリィ、美麗妃、ミラクル・キャット、夢幻猫・女、美麗猫・女S - 星奈優里[1]
  • 美猫の貴公子、キング、ジターノS、麗猫・男S、ワイルド・キャットA、戦士、狂想猫・男S、美麗猫・男A - 絵麻緒ゆう[1]
  • 黒猫、美猫・男、神父、麗猫・男A、ワイルド・キャットA、戦士、華麗猫・男A、ミラキャット・男A - 彩耀直[1]
  • 黒猫、美猫・男、ブラック・キャット、ジターノA、麗猫・男A、ワイルド・キャットA、戦士、巴里猫S、ミラキャット・男A - 音羽椋[1]

東京の変更点

  • 美猫・男、ワイルド・キャットA、戦士、ミラキャット・男A - 彩輝直[2]
  • 美猫・男、ワイルド・キャットB、戦士 - 久城彬[2]
  • 美猫・男、ブラック・キャット、ワイルド・キャットA、戦士、ミラキャット・男A - 音羽椋[2]
  • 美猫・男、ワイルド・キャットA、戦士、激唱猫A、ミラキャット・エトワール - 夢輝のあ[2]
  • 美猫・男、ブラック・キャット、雄猫、ワイルド・キャットB、戦士、激唱猫、ミラキャット・男A - 朝澄けい[2]
  • 美猫・男、ブラック・キャット、ワイルド・キャットB、戦士、激唱猫、ミラキャット・男A - 真飛聖[2]
  • 美猫・女、麗猫・女A、華麗猫・女A、ミラキャット・女A - 秋園美緒[2]
  • 美猫・女、麗猫・女A、華麗猫・女A、ミラキャット・女A - 妃里梨江[2]

全国ツアーの変更点

  • 黒猫、美猫、ブラック・キャット、ジターノA、麗猫A、ワイルド・キャットA、戦士、激唱猫、狂想猫A、ミラキャットA - 鳴海じゅん[3]
  • 黒猫、ブラック・キャット、神父、麗猫A、ワイルド・キャットA、戦士、激唱猫、狂想猫 - 朝澄けい[3]
  • 美猫、ブラック・キャット、ジターノA、麗猫A、激唱猫、ミラキャットA - 椿火呂花[3]
  • 美猫、花嫁S、麗猫A - 陽色萌[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an 90年史 2004, p. 113.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 90年史 2004, p. 117.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 90年史 2004, p. 122.
  4. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 180.

参考文献[編集]

  • 編集:森照実春馬誉貴子相井美由紀山本久美子、執筆:國眼隆一『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』宝塚歌劇団、2004年4月20日。ISBN 4-484-04601-6
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3

外部リンク[編集]