名倉加代子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

名倉加代子(なくら かよこ、1940年10月29日 - )は、日本振付家。日本ジャズダンス芸術協会専務理事、日本振付家協会理事。

名倉ジャズダンススタジオの主宰。新潟県出身。

略歴[編集]

12歳で竹部玲子バレエ団に入り、ダンスを始める。1959年福井県立藤島高等学校卒業後に上京。竹部玲子バレエ団に在籍しながらショー番組やステージに出演する。1960年、当時、日本テレビのディレクターだった井原髙忠が結成したスタジオNo.1ダンサーズ初代メンバーの一員となり、『シャボン玉ホリデー』などテレビや舞台に出演する。

1969年、渡米。その1年後フリーとなる。1970年、『名倉ジャズダンススタジオ』を主宰。加藤敬二楓沙樹などが生徒として所属していた。1972年、『ザ・ホリディ』(TBS系)のために結成されたホリディ・ガールズの一員となり、ダンサー兼振付を担当する。その傍らでニューヨーク/ロサンゼルスでダンストレーニングを受ける。2010年12月29日放送の日本テレビ系列番組『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』で、「プロが選ぶプロの振付家」として紹介される。

作品[編集]

宝塚歌劇団[編集]

  • 三つのワルツ
  • ショー・アップ・ショー
  • あの日薔薇一輪
  • ザ・レビュースコープ
  • ビバ!シバ!
  • ザ・ゲーム!
  • ジタン・デ・ジタン
  • ヴェネチアの紋章
  • ジャンクション24
  • 仮面のロマネスク
  • ル・ボレロ・ルージュ
  • Carnevale 睡夢
  • ルナロッサ

その他の舞台[編集]

テレビ[編集]

著書[編集]

外部リンク[編集]