嘉月絵理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
よしづき えり
嘉月 絵理
生年月日 3月18日
出身地 日本の旗 日本 東京都世田谷区
身長 164.5cm
職業 女優
ジャンル 舞台
活動期間 1989年 -
活動内容 1989年:宝塚歌劇団入団
1990年:月組配属
2005年:月組副組長就任
2007年:宝塚歌劇団退団
2008年:芸能活動再開
著名な家族 南原宏治(父)
上月左知子(母)
事務所 劇団アルファー
公式サイト 嘉月絵里 公式プロフィール
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

嘉月 絵理(よしづき えり、3月18日[1] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団月組の男役。元月組副組長[2]

東京都世田谷区[2]都立松原高等学校出身[2]。身長164.5cm[1]。愛称は「えり」[2]

来歴[編集]

1987年、宝塚音楽学校入学。

1989年、宝塚歌劇団に75期生として入団[1][3]星組公演「春の踊りディガ・ディガ・ドゥ」で初舞台[3][1]

1990年、組まわりを経て月組に配属。

2005年12月26日付で月組副組長に就任。

2007年11月11日、「MAHOROBA/マジシャンの憂鬱」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[1]

人物[編集]

実父は俳優の南原宏治、実母は宝塚OGでもある上月左知子である[4]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

組まわり[編集]

月組時代[編集]

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

  • THEATRE MOMENTS vol.14 『マクベス - シアワセのレシピ』マクベス夫人(2010年5月、シアターX)
  • 東宝『レ・ミゼラブル』(2011年4月 - 6月)
  • TAKARAZUKA WAY TO 100th ANNIVERSARY vol.4『エリザベート スペシャル ガラ・コンサート』(2012年11月 - 12月、東急シアターオーブ梅田芸術劇場[5]
  • 『何処へ行く』(2014年3月、シアター1010
  • ミュージカル『マリオネット』ナポレオン(2014年5月 - 6月、六行会ホール)
  • ニールサイモン「映画に出たい」スティフィー(2014年9月)
  • ミュージカル座 ミュージカル『タイム・フライズ』(2014年12月、シアター1010) - 剣持和子
  • e-stage『幸せの王子』(2015年3月、神戸灘区民ホール) ※主演
  • 『コンクラーベ』(2015年5月) - カレルレンゴ・アスカーニオ
  • 『誓い〜奇跡のシンガー』(2015年9月、中野区野方区民ホール・クレオ大阪中央大ホール・いわきアリオス中劇場)
  • 朗読劇『時空を旅する女たち』(2015年12月、なかの芸能小劇場
  • 『マリオネット』(2016年5月、六行会ホール
  • 『ママの恋人』(2016年7月、中目黒キンケロ・シアター
  • 『ダンスレボリューション~ホントのワタシ~2016』(2016年8月、築地本願寺 ブディストホール)
  • 朗読ミュージカル『山崎陽子の世界』(2017年11月、紀尾井小ホール
  • 『龍馬とryoma』(2018年3月、杉並区立杉並芸術会館 座・高円寺2)
  • 朗読ミュージカル『山崎陽子の世界』(2018年4月、大丸心斎橋劇場)
  • 『リーディング・ミュージカル スウィングしなけりゃ意味がない』(2018年5月、渋谷シダックスカルチャーホール)
  • 『月とサンポーレ!!』(2018年1月、中目黒キンケロ・シアター)
  • 『龍馬からの手紙』(2018年7月、セシオン杉並
  • 『五・五合目の海』(2018年9月、シアターグリーン
  • 『月とサンポーレ!!』(2018年10月、宝塚大学 アートヒルホール)
  • 『鬼女』(2019年3月、杉並区立杉並芸術会館 座・高円寺2)
  • 『YESTERDAY ONCE MORE 〜あの時君は若かった〜』(2019年4月、武蔵野芸能劇場)
  • 『TO BE OR NOT TO BE 〜生きてるの?死んでるの』(2019年7月、築地本願寺 ブディストホール)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 嘉月絵理 公式プロフィール 劇団アルファー公式ホームページ。
  2. ^ a b c d 『宝塚おとめ 2007年度版』 阪急コミュニケーションズ、2007年、43頁。ISBN 978-4-484-07508-2
  3. ^ a b Memories of 嘉月絵理 タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  4. ^ 「母もタカラジェンヌ」嘉月絵理が宝塚を目指した理由 エキサイトニュース。
  5. ^ 【過去ログ】2012/11/05 「エリザベート スペシャル ガラ・コンサート」公開舞台稽古レポ”. 2022年2月19日閲覧。

外部リンク[編集]