天飛華音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

天飛 華音(あまと かのん、2月9日[1] - )は、宝塚歌劇団星組に所属する男役スター。

鹿児島県鹿児島市[1][2]市立吉野中学校出身[2][1]。身長171cm[1][3]。愛称は「カノン」[1][2]

来歴[編集]

2014年、宝塚音楽学校入学。

2016年、宝塚歌劇団に102期生として入団[4]。星組公演「こうもり/THE ENTERTAINER!」で初舞台[5][6]。その後、星組に配属[5]

2019年、紅ゆずる綺咲愛里トップコンビ退団公演となる「GOD OF STARS」で、新人公演初主演[7]。その後も3度に渡って新人公演主演を務める[8][4]

人物[編集]

両親が宝塚ファンで、小学生時代に鹿児島から宝塚市へ一家で訪れ、月組公演「バラの国の王子」を観劇[5]。元々ダンスを習っていたこともあり、宝塚受験を瞬時に決意[5]。両親も賛成して背中を押してくれた[5]。その後は学校の長期休みのたびに宝塚観劇に連れて行ってもらい、憧れをエネルギーに変えて、音楽学校に一発合格した[5]

同期で同郷の彩海せらは、同じミュージックスクールの出身であり、奇しくも同時期に2人続けて新人公演の主演を務めることとなった[3][6]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

星組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2022年6月、星組ミュージック・パフォーマンス『ten∞ten TIME』[12]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2022年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2022年、116頁。ISBN 978-4-86649-189-9
  2. ^ a b c d <華宝塚>男役は、器の大きさ 天飛華音(星組) 東京新聞。
  3. ^ a b c d 憧れます自然なオレ様 新人公演初主演/天飛華音(日刊スポーツ、2019年7月11日)
  4. ^ a b c 宝塚新人公演で主演の天飛華音「落ち着いて、務めることができた」トップ礼真琴の言葉から勇気 日刊スポーツ。
  5. ^ a b c d e f g h i 天飛華音、注目の新公初主演!全力ナルシシストで緊張も羞恥心も振り切る(スポーツ報知、2019年7月11日)
  6. ^ a b c 星組・天飛華音 同期の活躍を刺激に挑む初主演(スポニチ、2019年7月20日)
  7. ^ a b 星組の天飛華音が初主演「いっぱいハッピーに」(日刊スポーツ、2019年7月30日)
  8. ^ a b c d 宝塚星組・天飛華音、最後の新人公演で3度目主演「愛するタカラヅカのお客様に一途な愛をお届けしたい」 スポーツ報知。
  9. ^ 宝塚星組1年8か月ぶり新人公演に主演・天飛華音「かけがえのない財産」 スポーツ報知。
  10. ^ 宝塚星組・天飛華音が感極まり涙「今日ここまでの学び生かしたい」新人公演 日刊スポーツ。
  11. ^ 宝塚星組・極美慎のバウホール初主演作「ベアタ・ベアトリクス」開幕 スポーツ報知。
  12. ^ 星組ミュージック・パフォーマンス「ten∞ten TIME」(’22年・宝塚ホテル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  13. ^ 『歌劇 2023年1月号/TAKARAZUKAニュース』 宝塚クリエイティブアーツ、2023年、58頁。

注釈[編集]

  1. ^ B日程のみ出演。

外部リンク[編集]