天飛華音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

天飛 華音(あまと かのん、2月9日[1]- )は、宝塚歌劇団星組に所属する男役。

鹿児島県鹿児島市[1]市立吉野中学校出身[1]。身長171cm[1]。愛称は「カノン」[1]

来歴[編集]

2014年4月、宝塚音楽学校入学。

2016年3月、宝塚歌劇団に102期生として入団。入団時の成績は2番。星組公演「こうもり/THE ENTERTANER!」で初舞台。その後、星組に配属。

2019年紅ゆずる綺咲愛里トップコンビ退団公演となる「GOD OF STARS-食聖-」で新人公演初主演。

人物[編集]

両親が宝塚ファンで、小学校時代に鹿児島から宝塚市へ一家で訪れ、2011年月組公演「バラの国の王子」を観劇[2]。元々ダンスを習っていたこともあり、音楽学校受験を瞬時に決意[2]。両親も賛成して背中を押してくれた[2]。その後は学校の長期休みのたびに“夢の国”に連れて行ってもらい、憧れをエネルギーに音楽学校に一発合格した[2]

同期で同郷の彩海せらは、有名アイドルや女優を多数輩出した同じミュージックスクールの出身であり、奇しくも同時期に2人続けて新人公演の主演を務めることとなった[3][4]

主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

  • 2016年3月~4月、星組『こうもり…こうもり博士の愉快な復讐劇…/THE ENTERTANER!』(宝塚大劇場のみ)

星組配属後[編集]

  • 2016年8月~11月、『桜華に舞え -SAMURAI The FINAL-ロマンス!!(Romance)
  • 2017年3月~6月、『THE SCARLET PIMPERNEL』新人公演:ベン(本役:天華えま
  • 2017年7月~8月、シアタードラマシティ・日本青年館公演『阿弖流為ーATERUIー』阿奴志己
  • 2017年9月~12月、『ベルリン、我が愛/Bouqduet de TAKARAZUKA』新人公演:ロルフ・シェレンベルク(本役:瀬央ゆりあ
  • 2018年2月、梅田芸術劇場シアタードラマシティ・TBS赤坂ACTシアター『ドクトル・ジバゴ』号外売り
  • 2018年4月~7月、『ANOTHER WORLD/Killer Rouge』新人公演:徳三郎(本役:礼真琴
  • 2018年8月~11月、梅田芸術劇場・日本青年館・台北国家戯劇院・高雄至徳堂『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀/Killer Rouge/星秀☆煌紅』
  • 2019年1月~3月、『霧深きエルベのほとり/ESTRELLAS~星たち~』ヨーニー、新人公演:トビアス(本役:七海ひろき
  • 2019年7月〜10月、『GOD OF STARS-食聖-/Éclair Brillant(エクレール ブリアン)』Canon、新人公演:ホン(本役:紅ゆずる*新人公演初主演

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2019年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、121頁。ISBN 978-4-86649-089-2
  2. ^ a b c d 天飛華音、注目の新公初主演!全力ナルシシストで緊張も羞恥心も振り切る(スポーツ報知、2019年7月11日)
  3. ^ 憧れます自然なオレ様 新人公演初主演/天飛華音(日刊スポーツ、2019年7月11日)
  4. ^ 星組・天飛華音 同期の活躍を刺激に挑む初主演(スポニチ、2019年7月20日)

外部リンク[編集]