白河りり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

白河 りり(しらかわ りり、3月31日[1] - )は、宝塚歌劇団月組に所属する娘役。

大阪府東大阪市[1]関西大学北陽中学校出身[1]。身長163cm[1]。愛称は「りんりん」、「りり」[1]

来歴[編集]

2015年、宝塚音楽学校入学。

2017年、宝塚歌劇団に103期生として入団[2]。入団時の成績は19番。雪組公演「幕末太陽傳/Dramatic “S”!」で初舞台[1][2]。その後、月組に配属[1][2]

2019年、「I AM FROM AUSTRIA」で新人公演初ヒロイン[3][2]。入団3年目での抜擢となった[3][2]

人物[編集]

小さい時から歌うことが好きで、いつか舞台に立って歌いたいと夢見てきた[2]

宝塚歌劇の存在を知ったのは、阪急電車で通学していた中学生の頃[2]。月組公演「ベルサイユのばら-オスカルアンドレ編-」のポスターが駅に貼ってあるのを見て、その美しさに惹きつけられて、大劇場公演を立ち見で観劇[2]。今まで観たことのない華やかな舞台に釘付けになり、音楽学校受験を決意した[2]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

月組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2018年12月、『タカラヅカスペシャル2018 Say! Hey! Show Up!!』(コーラス)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『宝塚おとめ 2019年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、66頁。ISBN 978-4-86649-089-2
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o “『I AM FROM AUSTRIA』新人公演でヒロインを演じ、艶やかな声を聴かせる”. ウィズたからづか. (2019年12月6日). http://with-takarazuka.com/fairy/2019/12/#000719 2019年12月6日閲覧。 
  3. ^ a b c “月組の7年目・英かおとが初センター「きょうが特別ではなく、いつも一生懸命」”. スポーツ報知. (2019年10月22日). https://hochi.news/articles/20191022-OHT1T50171.html 2019年10月22日閲覧。 

外部リンク[編集]