輝咲玲央

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

輝咲 玲央(きざき れお、9月28日 - )は、宝塚歌劇団星組に所属する男役福井県福井市仁愛女子高等学校出身。身長173cm。愛称は「れお」「えみり」。

来歴[編集]

2004年92期生として宝塚音楽学校へ入学。

同期生には、蘭乃はな(元花組トップ娘役)、真風涼帆彩凪翔などがいる。

2006年4月、宝塚歌劇団入団。宙組NEVER SAY GOODBYE』で初舞台。宝塚入団時の成績は48人中39位[1]。同年5月10日[1]、星組に配属。

主な舞台出演[編集]

  • 2007年11月、『エル・アルコン-鷹-』新人公演:ヨーク(本役:茉莉邑薫)/『レビュー・オルキス』
  • 2009年6月、『太王四神記 Ver.Ⅱ -新たなる王の旅立ち-』新人公演:カンノ部族長(本役:碧海りま
  • 2010年5月、『リラの壁の囚人たち』(バウ・東京特別)シャルル
  • 2011年11月、『オーシャンズ11』新人公演:テーラー(本役:大輝真琴
  • 2012年3月、柚希礼音スペシャルライブ『REON!!』(ドラマシティ・東京特別)
  • 2012年5月、『ダンサ・セレナータ』新人公演:ジョアン(本役:十碧れいや)/『Celebrity』
  • 2012年9月、『ジャン・ルイ・ファージョン -王妃の調香師-』(バウ・東京特別)プロヴァンス伯爵
  • 2012年11月、『宝塚ジャポニズム〜序破急〜』/『めぐり会いは再び2nd〜Star Bride〜』新人公演:オルゴン伯爵(本役:英真なおき)/『Étoile de TAKARAZUKA(エトワール ド タカラヅカ)』新人公演:ブランオム(第7場)(本役:美稀千種
  • 2013年3月、『南太平洋』(ドラマシティ・バウ)ケネス・ジョンソン
  • 2013年5月、『ロミオとジュリエット』ジョン
  • 2013年10月、『日のあたる方へ -私という名の他者-』(ドラマシティ・東京特別)ファビオ
  • 2014年1月、『眠らない男・ナポレオン -愛と栄光の涯に-ロベスピエール、ミッシェル
  • 2014年7月、『The Lost Glory -美しき幻影-』リチャード・キャンベル/『パッショネイト宝塚!』
  • 2014年11月、『風と共に去りぬ』(全国ツアー)ピーター
  • 2015年2月、『黒豹の如く』ゴメス/『Dear DIAMOND!! - 101カラットの永遠の輝き -』
  • 2015年6月、『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』(ドラマシティ・東京特別)ジャック・バーンズ 
  • 2015年8月、『ガイズ&ドールズ - GUYS & DOLLS -』マイケル
  • 2016年1月、『鈴蘭(ル・ミュゲ) - 思い出の淵から見えるものは -』(バウ)アルノー公/リオネル(2役)
  • 2016年7月、『One Voice』(バウ)
  • 2016年8月、『桜華に舞え -SAMURAI The FINAL-』ウィリアム・ウィリス/『ロマンス!!(Romance)』ウィリアム・ウィリス
  • 2017年1月、『燃ゆる風 -軍師・竹中半兵衛-』(バウ) - 柴田勝家
  • 2017年3月 - 6月、『THE SCARLET PIMPERNEL』ジェサップ
  • 2017年7月 - 8月、『阿弖流為-ATERUI-』(シアタードラマシティ・日本青年館)紀広純[きのひろずみ]
  • 2017年9月~12月、『ベルリン、わが愛/Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケ ド タカラヅカ)』 ロベルト・エバール
  • 2018年2月、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ/TBS赤坂ACTシアター『ドクトル・ジバゴ』 ※予定

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』、阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、118頁。ISBN 9784484146010

外部リンク[編集]