1984年の宝塚歌劇公演一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

本項目では、1984年の宝塚歌劇公演一覧について示す。

宝塚大劇場公演[編集]

()内は、作者または演出者名。参考資料は90年史[1]

星組[編集]

花組[編集]

雪組[編集]

月組[編集]

星組[編集]

花組[編集]

雪組[編集]

月組[編集]

東京宝塚劇場公演[編集]

()内は、作者または演出者名。参考資料は90年史[2]

月組[編集]

星組[編集]

  • 4月5日 - 4月30日
    • 『春の踊り<祝いまんだら>』(植田紳爾)
    • 『プラス・ワン』(草野旦)

花組[編集]

  • 6月3日 - 6月27日
    • 『琥珀色の雨にぬれて』(柴田侑宏)
    • 『ジュテーム』(岡田敬二)

雪組[編集]

  • 7月1日 - 7月29日
    • 『風と共に去りぬ』(植田紳爾 脚本・演出、阿古健 演出)

月組[編集]

  • 8月2日 - 8月28日
    • 『沈丁花の細道』(柴田侑宏 脚色・演出)
    • 『ザ・レビューII』(内海重典 製作、小原弘稔)

星組[編集]

  • 11月3日 - 11月28日
    • 『我が愛は山の彼方に』(植田紳爾 脚本・演出、長谷川一夫・阿古健 演出)
    • 『ラブ・エキスプレス』(酒井澄夫)

花組[編集]

  • 12月2日 - 12月27日
    • 『名探偵はひとりぼっち』(大関弘政)
    • 『ラ・ラ・フローラ』(横澤英雄)

宝塚バウホール公演[編集]

()内は、作者または演出者名。参考資料は90年史[3]

月組[編集]

  • 1月22日 - 2月3日
    • 『夜霧のモンパルナス』(大関弘政)

星組[編集]

専科[編集]

  • 3月31日 - 4月10日
    • 『花供養』(植田紳爾)

花組[編集]

  • 4月22日 - 5月7日

雪組[編集]

  • 5月27日 - 6月5日
    • 『愛の飛翔III』(酒井澄夫 構成・演出)

星組[編集]

  • 9月1日 - 9月15日

月組[編集]

  • 9月22日 - 10月5日

花組[編集]

その他の日本公演[編集]

()内は、作者または演出者名。参考資料は90年史[4]

雪組[編集]

花組[編集]

  • 5月2日 - 5月6日 福岡市民会館
    • 『朱に恋うる調べ<紅葉愁情・改題>』(菅沼潤)
    • 『メイフラワー』(小原弘稔)

星組[編集]

  • 9月8日 - 9月30日 豊田、静岡、横浜、越ヶ谷、町田、掛川、美濃加茂、安城、甲府、昭島、金沢、鯖江、敦賀、一宮、花巻、仙台、宇都宮、尾張旭

月組・特別[編集]

  • 9月28日 - 9月30日 名古屋・中日劇場
    • 『I am What I am』(酒井澄夫)

花組[編集]

  • 10月13日 - 11月1日 伊勢、安城、舞鶴、藤沢、習志野、調布、武蔵村山、徳島、久留米、人吉、鹿児島、広島、熊本
    • 『朱に恋うる調べ<紅葉愁情・改題>』(菅沼潤)
    • 『メイフラワー』(小原弘稔)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 90年史 2004, p. 270.
  2. ^ 90年史 2004, p. 282.
  3. ^ 90年史 2004, p. 285.
  4. ^ 90年史 2004, p. 299.

参考文献[編集]

  • 編集:森照実春馬誉貴子相井美由紀山本久美子『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』宝塚歌劇団、2004年。ISBN 4-484-04601-6