1956年の宝塚歌劇公演一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

本項目では、1956年の宝塚歌劇公演一覧について示す。

一覧[編集]

()内は、作者または演出者名。

宝塚公演[編集]

星組[編集]

雪組[編集]

月組[編集]

花組[編集]

雪組[編集]

星組[編集]

花組[編集]

  • 7月1日 - 7月30日 宝塚大劇場

月組[編集]

星組[編集]

雪組[編集]

花組[編集]

月組[編集]

東京公演[編集]

花組[編集]

雪組[編集]

  • 3月16日 - 4月8日 東京宝塚劇場
    • 『雪と薔薇』(高木史朗)
    • 『オテナの塔』(北村寿夫 作、平井正一郎 脚本・演出)

星組[編集]

  • 4月10日 - 4月29日 東京宝塚劇場
    • 『鏡獅子』(水田茂 作、天津乙女 改修)
    • 若草物語』(内海重典)

月組[編集]

  • 6月1日 - 7月2日 東京宝塚劇場
    • 『ローサ・フラメンカ<スペインの情熱>』(菊田一夫 作、春日野八千代 演出)

雪組[編集]

  • 8月3日 - 8月29日 東京宝塚劇場
    • 『船辨慶』(水田茂 作、天津乙女 改修)
    • 『かっぱの姫君』(高木史朗)

星組[編集]

  • 11月2日 - 11月27日 東京宝塚劇場
    • 『刀を抜いて』(岡本一平 作、高木史朗 構成・演出)
    • 『ラブ・パレード』(白井鐡造)

宝塚・東京以外の日本公演[編集]

月組[編集]

  • 1月24日・25日 徳山・広島
    • 『十三鐘』(小野晴通)
    • 『二人袴』(水田茂)
    • 『ハワイの伯母さん』(白井鐡造)

宝塚アイスショー[編集]

月組[編集]

  • 4月5日 - 4月11日 名古屋・毎日会館
    • 『ハワイの伯母さん』(白井鐡造)
    • 『十三鐘』(小野晴通)
    • 南の哀愁』(内海重典)
  • 4月13日 - 4月16日 豊橋、飯田
    • 『ハワイの伯母さん』(白井鐡造)
    • 『十三鐘』(小野晴通)
    • 南の哀愁』(内海重典)
  • 4月24日 - 4月29日 益田、出雲
    • 『娘道成寺』(錢谷信昭
    • 『ハワイの伯母さん』(白井鐡造)
    • 『南の哀愁』(内海重典)

花組[編集]

  • 5月23日 - 5月28日 北九州八幡
    • 『宝塚踊り』
    • 『棒しばり』(水田茂)

雪組[編集]

  • 6月17日 - 6月29日 岩国、広島、宇部、岡山、倉敷、西条
    • 『四つのファンタジア』(白井鐡造)
    • 『棒しばり』(水田茂)
    • 『南の哀愁』(内海重典)
    • 『ハワイの伯母さん』(白井鐡造)

月組・ハワイ組[編集]

  • 7月16日 - 7月22日 名古屋・毎日会館
    • 『二人袴』(水田茂)
    • 『日本の花』(高木史朗)

月組[編集]

  • 10月10日 - 10月15日 熊本
    • 『宝三番叟』
    • 『ハワイの伯母さん』(白井鐡造)
    • 『日本の花』(高木史朗)
  • 10月24日 - 10月29日 敦賀、福井、富山、金沢
    • 『宝三番叟』
    • 『ハワイの伯母さん』(白井鐡造)
    • 『日本の花』(高木史朗)

雪組[編集]

  • 11月16日 - 12月25日 大阪・梅田コマ劇場
  • 第1回コマミュージカル
    • 『独楽三番叟』(武智鉄二)
    • 『これがコマだ』(高木史朗)

第二回ハワイ公演[編集]

  • 1956年3月22日日本出発、4月23日帰国。

公演日と公演地

  • 3月29日(特別公演)、3月30日 - 4月3日(第1部)、4月4日 - 8日(第2部) ホノルルのマッキンレー高校
  • 4月9日・10日(特別公演) スコフィールド陸軍兵営

演目

第1部:『棒しばり』(水田茂 作、天津乙女 演出)、『春の踊り(レインボー宝塚)』(白井鐡造 作・演出)
第2部:『二人袴』(水田茂 作、天津乙女 演出)、『日本の花』(高木史朗 演出)

参加者

生徒:

(生徒20名)

参考文献[編集]

  • 宝塚歌劇90年史『すみれ花歳月を重ねて』p.264(宝塚)、278(東京)、295(宝塚・東京以外の日本)(宝塚歌劇団) ISBN 4-484-04601-6
  • 『宝塚歌劇の60年』p.134(ハワイ)(宝塚歌劇団)