寿美花代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
すみ はなよ
寿美 花代
寿美 花代
1954年頃撮影
本名 高嶋節子
生年月日 1932年2月6日(84歳)
出生地 日本の旗 日本 兵庫県西宮市
国籍 日本
血液型 AB型
職業 女優タレント
ジャンル 宝塚歌劇映画テレビドラマ
活動期間 1948年 - 現在
配偶者 高島忠夫
著名な家族 高嶋政宏(二男)
高嶋政伸(三男)
シルビア・グラブ(二男の妻、義娘)
松平三保(妹)
松平瑠美(姪)
高嶋弘之(義弟)
高嶋ちさ子(義姪)
主な作品
宝塚歌劇
華麗なる千拍子
映画
新源氏物語

寿美 花代(すみ はなよ、1932年2月6日 - )は、兵庫県西宮市出身の女優タレント宝塚歌劇団の元星組男役トップスター。

血液型AB型東宝芸能所属。本名:高嶋 節子(たかしま せつこ、旧姓:松平)。宝塚歌劇団時代の愛称は旧姓からマッちゃん

来歴[編集]

芦屋高等女学校(現:芦屋学園中学校・高等学校)を経て、1948年宝塚歌劇団に入団。宝塚歌劇団35期生。『春のをどり』で初舞台を踏む。同期生に高千穂ひづる雅章子金田正一夫人、金田賢一の母)、槇克己(元宝塚市長夫人)らがいる。八千草薫とは一期違いである。宝塚入団時の成績は46人中35位[1]。宝塚に入るまで女性のみの劇団ということに気付いていなかった。スターになったきっかけは代役で、その条件はカツラが頭に合ったことだった。

妹も松平 三保の芸名で宝塚に在籍。トップ就任はならなかったが姉同様スターとなったことでも知られる。

1951年、『蜜蜂の冒険』の代役で主役ペーアに演じる。1952年、『猿飛佐助』で初主演し、その人気はブロマイドの売り上げ1位になるほどであった。1953年には『アンニー・ローリー』で宝塚新人演技賞を受賞。1958年、『三つのワルツ』で淀かおる大路三千緒とともに芸術祭奨励賞(大衆芸能の部)を受賞する。

1960年の『華麗なる千拍子』では芸術祭賞、テアトロン賞を受賞。翌1961年にも上演され出演している。それまでの男役とは違い、パイナップルの女王役で網タイツの脚線美を披露した場面が話題をさらった。『華麗なる千拍子』は映像が現存する[2]

同1961年12月31日第12回NHK紅白歌合戦に初出場(下記参照)。

在団中は男役で活躍する一方で、映画に外部出演している(下記参照)。

1963年高島忠夫との結婚のため花・星組合同公演『タカラジェンヌに栄光あれ[1]』を最後に退団。

人物[編集]

松平氏に由来する名家に出生。戦時中は岐阜県下呂市の親族の元に縁故疎開していた。

宝塚時代の配属組[1]は月、星、声楽専科の順である。

高島忠夫との関西弁の巧みな話術を交わすおしどり夫婦ぶりはよく知られており、高島がうつ病で活動を控えるまで夫婦でのテレビ出演が多かった。私生活では高島との間に3男を授かる。長男・道夫は1964年、生後5か月で家政婦に殺された(高島忠夫長男殺害事件)。この時の心的外傷から、未だに湯船につかることができない事を各メディアで述べている。後に出生した第二子の高嶋政宏、第三子の高嶋政伸も俳優として活躍。家族そろって同じ事務所に所属している。

元花組トップ娘役の美雪花代の「花代」は寿美に由来する。

また、実妹の松平三保の娘(芸名:松平 瑠美)も宝塚在籍歴があり、芸名の命名や劇団生活を送る上での助言、相談に度々乗っていたことも知られる。

平成以降、『平成教育委員会』や『ちちんぷいぷい』などのバラエティ番組にも単独で出演している。

主な出演作品[編集]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

1948年 「春のをどり」(初舞台)

1951年 「蜜蜂の冒険」「虞美人

1952年源氏物語」「猿飛佐助」(初主演)「シャンソン・ド・パリ」「ジャワの踊り子

1953年 「ニューヨーク幻想曲」「コッペリア」「アンニー・ローリー」

1955年 「ミランの恋人たち」「マルタ」「国姓爺合戦

1956年若草物語」「ローサ・フラメンカ(スペインの情熱)」「私のアンジェラ」「刀を抜いて

1957年 「乞食と殿様」「ブーケ・ド・パリ」「夏と祭り」「ハワイ・コールス」「青い麦わら帽子」「赤と黒」「若い人々―続高校三年生―」「秋の踊り(三都アルバム)」「年忘れ狸御殿」「花姿宝塚踊り」

1958年 「花詩集」「光明皇后」「ハイ・ティーン」「三つのワルツ」「花の饗宴」

1959年 「日本美女絵巻」「ミュージックアルバム」「黒のあざ姫と炭焼」「シャンソン・ダムール」

1960年 「春の踊り(日本の恋の物語)」「ビバ・ピノキオ」「山びと」「華麗なる千拍子」(芸術祭賞受賞)「泣きべそ女房」「オープン・ザ・ウィンドウ」

1961年 「朧夜源氏」「華麗なる千拍子」「フォルテで行こう」「黒い太陽―黒人霊歌」「剣豪と牡丹餅」

1962年 「メイド・イン・ニッポン」(通産大臣賞受賞)「タカラジェンヌに栄光あれ」(退団公演)

映画[編集]

1952年 東宝「元禄水滸伝」

1953年 宝塚映画千姫

1954年 宝塚映画「右門捕物帖 妖鬼屋敷」 東宝「水着の花嫁」

1955年 東宝「天下泰平」 「続・天下泰平」 日本&イタリア合作映画「蝶々夫人」 東宝「歌え!青春 はりきり娘」(共演:美空ひばり) 宝塚映画「ジャズ娘乾杯」 宝塚映画「女の学校」

1961年 大映新源氏物語」(共演:市川雷蔵若尾文子

情報・バラエティ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』、阪急コミュニケーションズ2014年4月1日、P44。ISBN 9784484146010
  2. ^ モノクロ映像。2013年9月25日放映の『出張! 徹子の部屋パート6 夢トーク豪華4本勝負 お宝映像も大放出スペシャル』(テレビ朝日)の中で、寿美がソロで「幸福を売る男」を歌っている部分の映像が紹介された(1961年の公演)。なお、映像は1960年の公演も現存するかは詳細不明。

外部リンク[編集]