海乃美月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

海乃 美月(うみの みつき、5月18日[1] - )は、宝塚歌劇団月組に所属する娘役スター。

富山県氷見市[1]市立北部中学校出身[1]。身長164cm[1]。血液型O型[2]。愛称は「うみ」、「くらげ」[1]

来歴[編集]

2009年、宝塚音楽学校入学。

2011年、宝塚歌劇団に97期生として入団[3][4]。入団時の成績は5番。星組公演「ノバ・ボサ・ノバめぐり会いは再び」で初舞台[1][3]

2012年、組まわりを経て月組に配属[3]

2013年、「ベルサイユのばら」新人公演で、ロザリー役(本役:愛希れいか)を演じる[3][4]。入団2年目での抜擢となった[3][4]

2014年、「明日への指針」と併演のショー「TAKARAZUKA 花詩集100!!」両作品において、新人公演初ヒロイン[4]。続く「THE KINGDOM」(日本青年館・ドラマシティ公演)で、早乙女わかばと東上公演ダブルヒロイン[3]。続く「PUCK」で2度目の新人公演ヒロインを演じ[5]、併演のショー「CRYSTAL TAKARAZUKA」で初のエトワールを務める。

2015年、「1789」で、トップスター龍真咲演じる青年ロナンの恋人役となる大役[3]オランプに、早乙女わかばとダブルキャストで抜擢を受ける[3]。続くバウ・ワークショップ「A-EN(エイエン) ARI VERSION」で、バウホール公演初ヒロイン[6]

2017年、珠城りょう・愛希れいかトップコンビ大劇場お披露目となる「グランドホテル」で、3度目の新人公演ヒロイン[7][8]。続く「瑠璃色の刻」(ドラマシティ・赤坂ACTシアター公演)で、東上公演単独初ヒロイン[9]

2018年、「THE LAST PARTY」(日本青年館・ドラマシティ公演)で、3度目の東上公演ヒロイン[10]

2019年、「アンナ・カレーニナ」でバウホール公演単独初ヒロイン[11]

人物[編集]

体を動かすのが大好きな子供で、クラシックバレエを習い、合唱隊に入って歌うことを楽しんでいた[3]

宝塚初観劇は、通っていたバレエスタジオのバスツアーで観た星組公演「王家に捧ぐ歌[3]。宝塚受験を決意したのは2006年星組公演「ベルサイユのばら-フェルゼンマリー・アントワネット編-」を観てから[3]

中学1年の冬、県民ミュージカルに出演[2]。オーディションで主役を演じ、芝居を初めて経験する[2]

姉と同じ高校を受験するが、自分は宝塚へ行くという根拠の無い自信があり、高校入試に合格し、入学説明会を受けたその足で母と宝塚へ向かい、音楽学校の受験に臨んだ[2]

愛称の「うみ」は芸名から、「くらげ」は芸名を海月と呼び間違えられたことに由来する[12]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

組まわり[編集]

  • 2011年6〜7月、星組『ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-』『めぐり会いは再び-My only shinin' star-』(東京宝塚劇場
  • 2011年10〜12月、宙組『クラシコ・イタリアーノ-最高の男の仕立て方-』『NICE GUY!!-その男、Yによる法則-』

月組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2014年12月、『タカラヅカスペシャル2014-Thank you for 100 years-』
  • 2015年12月、『タカラヅカスペシャル2015-New Century,Next Dream-』
  • 2016年7月、龍真咲ディナーショー『Goodbye Fairy』
  • 2016年12月、『タカラヅカスペシャル2016〜Music Succession to Next〜』
  • 2017年12月、『タカラヅカスペシャル2017 ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』
  • 2018年12月、『タカラヅカスペシャル2018 Say! Hey! Show Up!!』

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2019年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、55頁。ISBN 978-4-86649-089-2
  2. ^ a b c d 『波瀾爆笑!? 我が人生 海乃美月/宝塚GRAPH 2017年4月号』、宝塚クリエイティブアーツ、2017年、90-92頁
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 名取千里 (2015年6月1日). “仏革命を背景にトップスターの 恋人役を役替りで演じる”. ウィズたからづか. http://www.with-takarazuka.com/fairy/2015/06/ 2019年10月6日閲覧。 
  4. ^ a b c d e 石井啓夫 (2014 -06-21). “【タカラヅカ夢舞台】月組ホープ暁千星と海乃美月「ちょっと特別な例かも」”. ZAKZAK. https://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/photos/20140621/enn1406211100005-p3.htm 2019年10月6日閲覧。 
  5. ^ a b “「夢のようで……」感無量の朝美 宝塚月組の新人公演”. 産経WEST. (2014 -10-21). https://www.sankei.com/west/news/141021/wst1410210071-n1.html 2019年10月6日閲覧。 
  6. ^ a b 薮下哲司 (2015 -09-15). “暁千星 最高のバースデー、バウ・ワークショップ「A-EN」アリバージョン開幕”. 薮下哲司の宝塚歌劇支局プラス. https://ameblo.jp/takarazukakagekishikyoku/entry-12073504303.html 2019年10月6日閲覧。 
  7. ^ 3度目の新人公演ヒロインで、大舞台の経験も豊富な6年目の娘役・海乃美月スポーツ報知[リンク切れ]
  8. ^ a b “夢奈瑠音が新人公演初主演「大きな財産を得ました」”. 日刊スポーツ. (2017 -01-17). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1766628.html 2019年10月6日閲覧。 
  9. ^ a b 橘涼香 (2017年5月14日). “宝塚歌劇のフランス大革命もの上演史に、新たに刻まれた美弥るりかの単独初主演作 ミュージカル『瑠璃色の刻』”. 宝塚ジャーナル. http://takarazuka-j.blog.jp/archives/1880960.html 2019年10月6日閲覧。 
  10. ^ a b 橘涼香 (2018年6月20日). “劇作家の作家への愛に溢れた作品で月城かなと東京初主演!宝塚歌劇月組公演『THE LAST PARTY~S.Fitzgerald's last day~フィッツジェラルド最後の一日-』”. 宝塚ジャーナル. http://takarazuka-j.blog.jp/archives/1896107.html 2019年10月6日閲覧。 
  11. ^ a b 村上久美子 (2019年1月10日). “月組・美弥るりか、アンナカレーニナ初日「まさか」”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201901100000888.html 2019年10月6日閲覧。 
  12. ^ 『NEW GENERATION III』 阪急コミュニケーションズ、2013年、54頁。ISBN 978-4-484-13514-4
  13. ^ 怪我のためショー「クルンテープ」は全日程休演。

外部リンク[編集]