陽月華

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ひづき はな
陽月 華
生年月日 (1980-09-02) 1980年9月2日(42歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都足立区
身長 164cm
血液型 O型
職業 女優
ジャンル 舞台ドラマ映画
活動期間 2000年 -
活動内容 2000年:宝塚歌劇団入団、星組配属
2007年:宙組へ異動、宙組トップ娘役就任
2009年:宝塚歌劇団退団、芸能活動再開
事務所 コイン
公式サイト 陽月華 公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
雨に唄えば
ベルサイユのばら
ドラマ
警視庁・捜査一課長
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

陽月 華(ひづき はな、1980年[1][2]9月2日[3][1] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団宙組トップ娘役[2]

東京都足立区[2][3]都立飛鳥高等学校出身[4][3]。身長164cm[4][1]。血液型O型[2][1]。愛称は「よーこ」、「うめ」[5]

所属事務所はコイン[1]

来歴

1998年、宝塚音楽学校入学[6]

2000年、宝塚歌劇団に86期生として入団[7][1]。入団時の成績は9番[7]花組公演「源氏物語 あさきゆめみしザ・ビューティーズ!」で初舞台[7][4][3]。組まわりを経て星組に配属[4]

2001年の阪急阪神初詣ポスターモデルに起用される。

2002年、池田銀行のイメージガールに就任[4][8][3][3]

2003年の「雨に唄えば」(日生劇場公演)で初ヒロイン[9][4][8][3]。入団4年目での抜擢となった[4]。続く「王家に捧ぐ歌」で新人公演初ヒロイン[10][4]。その後も5度に渡って新人公演ヒロインを務める[4][3]

2006年の「フェット・アンペリアル」でバウホール公演初ヒロイン[11][4][3]

2007年の「Hallelujah GO!GO!」で2度目のバウホール公演ヒロイン[11][4]。同公演千秋楽翌日となる1月16日付で宙組へ組替えとなり[12]、2月13日付で宙組トップ娘役に就任[4][3]大和悠河の相手役として、「バレンシアの熱い花/宙 FANTASISTA!」でトップコンビ大劇場お披露目[4]

2008年の「黎明の風/Passion 愛の旅」稽古中の怪我により、同公演と続く「雨に唄えば」(梅田芸術劇場公演)を全日程休演[13][6][14]

2009年7月5日[15]、「薔薇に降る雨/Amour それは…」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を大和と同時退団[7][2][3][1]

退団後は舞台・ドラマ・映画などで幅広く活躍している。

エピソード

同じ女優の吉田羊に似ていると称されることが多い[16]

宝塚歌劇団時代の主な舞台

初舞台

組まわり

星組時代

宙組トップ娘役時代

出演イベント

  • 2001年7月、『宝塚巴里祭2001』[54]
  • 2001年9月、『ベルサイユのばら メモランダム』[55]
  • 2001年10月、第42回『宝塚舞踊会』[55]
  • 2002年2月、湖月わたるディナーショー『Aqua-碧空-』
  • 2003年6月、TCAスペシャル2003『ディア・グランド・シアター』[56]
  • 2004年4月、立樹遥ディナーショー『Luce〜陽だまりの足音〜』
  • 2004年7月、TCAスペシャル2004『タカラヅカ90-100年への道-』
  • 2005年4月、TCAスペシャル2005『Beautiful Melody Beautiful Romance』
  • 2005年12月、『花の道 夢の道 永遠の道』
  • 2006年4 - 5月、湖月わたるダンシング・リサイタル『Across』
  • 2006年9月、TCAスペシャル2006『ワンダフル・ドリーマーズ』
  • 2007年9月、『TAKARAZUKA SKY STAGE5th Anniversary Special』
  • 2007年10月、第48回『宝塚舞踊会』
  • 2009年5月、陽月華ミュージック・サロン『STAY GOLD』 主演[57]
  • 2009年6月、『百年への道』

宝塚歌劇団退団後の主な活動

舞台

  • ULTRA PURE!(2010年) - ヒロイン・田中沙織 役[2]
  • 地球ゴージャスプロデュース公演VOL.11『X day』(2010年)
  • 愛と青春の宝塚(2011年) - 星風鈴子(トモ) 役
  • ノミコムオンナ(2011年)
  • KREVAの新しい音楽劇 最高はひとつじゃない(2012年) - ジュリ・朋子 役
  • 灰色のカナリア(2012年)
  • 魔法のオルゴール(2012年) - 主演・タマキ 役[2]
  • ユーミン×帝劇 vol.1『8月31日 〜夏休み最後の日〜』(2012年)[58]
  • 音楽劇『ザ・オザタク』(2013年)
  • フランケンシュタイン(2013年)
  • みえない雲(2014年)
  • ORANGE(2015年)
  • うたかふぇ(2015年)
  • 2021年4月、『斬られの仙太』(小劇場[59]

ドラマ

映画

CM

受賞歴

脚注

[脚注の使い方]

出典

  1. ^ a b c d e f g 陽月華 公式プロフィール 株式会社KOIN。
  2. ^ a b c d e f g h i j k “下町のプリンセス陽月華/気になリスト”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2012年12月27日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20121227-1064824.html 2020年11月22日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 集大成/大和悠河、陽月華”. nikkansports.com. プレシャス!宝塚. 日刊スポーツ新聞社 (2009年4月20日). 2020年11月22日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x フェアリーインタビュー|宙組 陽月華”. ウィズたからづか. あさひ高速印刷株式会社 (2007年8月). 2020年11月22日閲覧。
  5. ^ 『宝塚おとめ 2009年度版』 阪急コミュニケーションズ、2009年、136頁。ISBN 978-4-484-09505-9
  6. ^ a b c d 女優 陽月華さん 「あの時、母と手をつないでおいてよかった」”. 東京新聞. 東京すくすく (2018年11月25日). 2020年11月22日閲覧。
  7. ^ a b c d 100年史(人物) 2014, p. 112.
  8. ^ a b c d The name of タカラジェンヌ 星組 陽月華:“本名候補”だった華子”. ENAK SUMiRE STYLE. 産経新聞社 (2003年7月7日). 2020年11月22日閲覧。
  9. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 272.
  10. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 313.
  11. ^ a b c d 100年史(舞台) 2014, p. 240.
  12. ^ 100年史(人物) 2014, p. 40.
  13. ^ “陽月華 けいこ中にけがで休演”. ENAK (産経新聞社). (2008年1月30日). http://www.sankei.co.jp/enak/sumirestyle/2008/jan/kiji/30sumireUme.html 2020年11月22日閲覧。 
  14. ^ “陽月華 7月の梅田芸術劇場公演も休演”. ENAK (産経新聞社). (2008年3月31日). http://www.sankei.co.jp/enak/sumirestyle/2008/mar/kiji/31sumireUme.html 2020年11月22日閲覧。 
  15. ^ 100年史(人物), p. 75.
  16. ^ a b c d “陽月華、吉田羊に似ていると言われ「宝塚時代なら“私は私だ”って言っていたかも」”. 週刊女性PRIME (主婦と生活社). (2016年12月6日). https://www.jprime.jp/articles/-/8678 2020年11月22日閲覧。 
  17. ^ 90年史 2004, p. 119.
  18. ^ 90年史 2004, p. 135.
  19. ^ 90年史 2004, p. 145.
  20. ^ 90年史 2004, p. 150.
  21. ^ 90年史 2004, p. 167.
  22. ^ 90年史 2004, p. 169.
  23. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 314.
  24. ^ 出演者”. 宝塚歌劇団公式ホームページ. 2021年9月2日閲覧。
  25. ^ 出演者”. 宝塚歌劇団公式ホームページ. 2021年9月2日閲覧。
  26. ^ 出演者”. 宝塚歌劇団公式ホームページ. 2021年9月2日閲覧。
  27. ^ 出演者”. 宝塚歌劇団公式ホームページ. 2021年9月2日閲覧。
  28. ^ 出演者”. 宝塚歌劇団公式ホームページ. 2021年9月2日閲覧。
  29. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇団公式ホームページ. 2021年9月2日閲覧。
  30. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇団公式ホームページ. 2021年9月2日閲覧。
  31. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇団公式ホームページ. 2021年9月2日閲覧。
  32. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇団公式ホームページ. 2021年9月2日閲覧。
  33. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 315.
  34. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇団公式ホームページ. 2021年9月2日閲覧。
  35. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇団公式ホームページ. 2021年9月2日閲覧。
  36. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇団公式ホームページ. 2021年9月2日閲覧。
  37. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇団公式ホームページ. 2021年9月2日閲覧。
  38. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇団公式ホームページ. 2021年9月2日閲覧。
  39. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇団公式ホームページ. 2021年9月2日閲覧。
  40. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇団公式ホームページ. 2021年9月2日閲覧。
  41. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 248.
  42. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇団公式ホームページ. 2021年9月2日閲覧。
  43. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇団公式ホームページ. 2021年9月2日閲覧。
  44. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 192.
  45. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇団公式ホームページ. 2021年9月2日閲覧。
  46. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇団公式ホームページ. 2021年9月2日閲覧。
  47. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇団公式ホームページ. 2021年9月2日閲覧。
  48. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 194.
  49. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇団公式ホームページ. 2021年9月2日閲覧。
  50. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 267-268.
  51. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇団公式ホームページ. 2021年9月2日閲覧。
  52. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇団公式ホームページ. 2021年9月2日閲覧。
  53. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 195.
  54. ^ 90年史 2004, p. 141.
  55. ^ a b 90年史 2004, p. 138.
  56. ^ 90年史 2004, p. 172.
  57. ^ 陽月華ミュージック・サロン「STAY GOLD」(’09年・宝塚ホテル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  58. ^ ユーミン×帝劇 8月31日~夏休み最後の日~ 純愛物語 meets YUMING
  59. ^ 『斬られの仙太』出演者・伊達暁×陽月華×木下政治座談会!〜俳優にとって劇団とはどんな場所なのか?〜 メディアスパイス。
  60. ^ よるドラ「ここは今から倫理です。」メインビジュアル公開&生徒役キャスト発表”. NHKドラマ. ドラマトピックス. 日本放送協会 (2020年12月15日). 2021年1月26日閲覧。
  61. ^ “佐々木希:テレビ局員と人気ユーチューバーの間で悩む! 2022年1月期「ユーチューバーに娘はやらん!」”. MANTAN WEB (株式会社MANTAN). (2021年6月18日). https://mantan-web.jp/article/20211225dog00m200031000c.html 2021年12月26日閲覧。 
  62. ^ a b 100年史(人物) 2014, p. 53.

参考文献

  • 執筆:國眼隆一 著、編集:森照実・春馬誉貴子・相井美由紀・山本久美子 編 『すみれ花歳月を重ねて―宝塚歌劇90年史―』宝塚歌劇団、2004年4月1日。ISBN 4-484-04601-6NCID BA66869802全国書誌番号:20613764 
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3 
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0 

外部リンク