渡辺武雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

渡辺 武雄(わたなべ たけお、1914年9月[1] - 2008年3月17日)は、日本演出家振付家[2]第二次世界大戦後、長く宝塚歌劇団で活動し、名誉理事となった[1][2][3]

経歴[編集]

台湾台北市生まれ[1][2]

1933年関西学院大学に入学して劇研究会に所属し、同期生であった高木史朗に紹介された白井鐵造の助言で[3]出口秀子に師事してバレエを学ぶ[1]

1938年、大学を中退して上京し、高木史朗に紹介された日劇ダンシングチームの振付家・益田隆の助手となり、1940年には東宝舞踊隊公演『燃ゆる大地・台湾』で、初めて本格的な演出を手がけた[1]

その後、活動の拠点を東京から大阪へ移し、大阪松竹少女歌劇団 (OSK) を経て、1946年に大阪・梅田劇場の東宝ダンシングチーム設立に参画するとともに、関西学院大学に復学して1949年に卒業した[3]

この間、1948年10月に宝塚歌劇団・雪組公演『アロハ・オエ』で、初めて宝塚の振付を担当し、以降、數多くの作品を手がけてから、1951年の星組公演『虞美人』で正式に宝塚歌劇団に入団した[1][3]

1958年4月に宝塚歌劇団内に日本郷土芸能研究会(後の郷土芸能研究会)が設けられると、その活動の中核を担い、そこから生まれた民俗舞踊シリーズの演出と振付を手がけた[1]。特にシリーズ第4作、1961年8月の雪組公演『火の島』は、芸術祭賞大賞、レインボー賞テアトロン賞を受賞した[1]

1991年には、勲四等瑞宝章を受章した[2][3]

2014年には、『宝塚歌劇の殿堂』最初の100人のひとりとして殿堂入りした[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 民俗芸能から世界へ〜渡辺武雄が託す、未来への夢〜”. タカラヅカ・スカイ・ステージ. 2022年9月25日閲覧。
  2. ^ a b c d 戦後の宝塚歌劇を支えた渡辺武雄氏が死去”. 日刊スポーツNEWS (2008年3月18日). 2022年9月25日閲覧。
  3. ^ a b c d e すみれの園を創る人たち 演出・振付家(名誉理事) 渡辺武雄”. 産経新聞 (2004年). 2022年9月25日閲覧。
  4. ^ 村上久美子 (2014年1月11日). “宝塚が八千草薫ら殿堂100人を発表”. 日刊スポーツNEWS. 2022年9月25日閲覧。