日劇ダンシングチーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日劇ダンシングチーム(にちげきダンシングチーム)とは、1936年1月13日日本劇場でデビューした日本の舞踊集団。略称「NDT」。

1977年4月24日に定期公演を終了、1981年2月15日、日本劇場の閉館とともに解散。

黒澤明監督『隠し砦の三悪人』、本多猪四郎監督『モスラ』などの東宝映画やホームグラウンドである日劇で開催された日劇ウエスタンカーニバルにも出演した。

沿革[編集]

1934年の日劇
  • 1935年9月、東宝傘下となった日本劇場でショウ・ダンサーを募集。秦豊吉の下にレッスンが始まる。
  • 1936年1月13日からの演目「ジャズとダンス」として、初公演。
  • 1936年6月11日から6月30日の第4回公演から初めて「日劇ダンシングチーム」を名乗る。
  • 1938年8月、来日した「ヒトラーユーゲント」の代表者30名のための歓迎公演[1]
  • 1940年から1945年までは東宝舞踏隊と名乗る。泰國舞踏、朝鮮バレーなども演目に含むようになる。
  • 1941年11月26日から12月19日、東宝慰問隊の一団に参加して、広東や海南島、インドシナ(仏印)など訪れ、1日数回の慰問公演を精力的にこなした[2]
  • 1943年1月14日公開の映画『阿片戦争』、同年4月1日公開の映画『兵六夢物語』に東宝舞踏隊として出演。
  • 1944年3月1日、政府によって公演停止命令。
  • 1945年12月、日劇ダンシングチームとして公演再開。
  • 1947年から翌年にかけての東宝争議にも有志が参加[3]
  • 1948年4月22日、会社側が日本映画演劇労働組合(日映演)組合員の日劇ダンシングチームの4名との契約を解除[4]7月5日衆議院労働委員会で日劇ダンシングチームの5人の日映演組合員が組合活動を理由に解雇されたこと、その他の組合員については、脱退声明書に署名捺印させて、日映演を脱退させたことが報告された[5]
  • 1950年5月7日、大量解雇を含む再建案のなかに日劇ダンシングチームの独立採算制の実施が示された[6]
  • 1958年12月23日の衆議院大蔵委員会で、入場税の問題に関連して日本社会党竹谷源太郎議員が「日劇ダンシング・チームというのは毎月百万ずつの赤字を出している」と報告[7]
  • 1977年4月24日に最終公演を開いた。
  • 1981年2月15日、「日本劇場 さよなら公演サヨナラ日劇フェスティバル」の最終日出演をもって、日劇ダンシングチームが解散。

出身者[編集]

関連人物[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]