彩風咲奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

彩風 咲奈(あやかぜ さきな、2月13日[1] - )は、宝塚歌劇団雪組に所属する男役。次期雪組トップスター[2][3][4][5]

愛媛県大洲市[1][3]、市立大洲北中学校出身[1][3]。身長173cm[1][5]。血液型O型[6]。愛称は「さき」[1]

来歴[編集]

2005年、宝塚音楽学校入学。

2007年、宝塚歌劇団に93期生として首席入団[4][7][8][9][10][5]星組公演「さくら/シークレット・ハンター」で初舞台[9][1][10][2]。その後、雪組に配属[10][9][2][3][4]

舞台映えする容姿に抜群のスタイルと長身を生かしたダンスで早くから注目を集め[4][5]、2008年、阪急阪神の初詣ポスターモデルに起用される[10][7]

2010年、「ソルフェリーノの夜明け」で新人公演初主演[11][3]。入団3年目での抜擢となった[11][7][2]。以降、劇団最多タイとなる5回に渡って新人公演主演を務める[9][11][3][5]

2011年、バウ・ワークショップ「灼熱の彼方」で、彩凪翔バウホール公演初主演[11][3]

2014年、「パルムの僧院」でバウホール公演単独初主演[11][9][7][2]。翌年秋より、早霧せいな望海風斗に次ぐ雪組新3番手に昇格[12]

2017年、雪組2番手として「CAPTAIN NEMO」(日本青年館・ドラマシティ公演)で、東上公演初主演[13][9]

2019年、「ハリウッド・ゴシップ」(KAAT神奈川芸術劇場・ドラマシティ公演)で、2年ぶり2度目の東上公演主演[14][9]

2020年、「炎のボレロ/Music Revolution!」(梅田芸術劇場公演)で、主演[15][16][2]。当初は自身初の全国ツアー主演作として上演が予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大防止による公演休止・延期を経て、梅田芸術劇場のみでの振替公演となった[15][16]

2021年4月12日付で雪組トップスターに就任することが発表された[4][2][5]。相手役に朝月希和を迎え、新トップコンビとしてのお披露目演目は、決定次第発表される[2]予定。

人物[編集]

小さい頃からクラシックバレエを習い、中学1年からは声楽を習っていた[8]

子どもの頃は活発で、小学生の時に生徒会役員、中学生の時は生徒会長をしていた[6][8]。学校が好きだったので、宝塚に入っていなければ教師になりたかった[6]

母親が宝塚歌劇のファンだった影響で、本人は観たことがないにも関わらず、幼い頃の将来の夢は「宝塚の男役」だった[6]

小学6年の時、正月にNHKで放送されていた「ベルサイユのばら2001」で宝塚歌劇を初めて観て、オスカル役の彩輝直に一目惚れし、宝塚を目指すようになった[6][8]

愛称の「さき」は本名に由来する[6]。本名は、母親が当時好きだったNHK連続テレビ小説「青春家族」の主人公の名前から取った名前だという[6]

芸名は「咲」の字が入った名前を赤ちゃんの名前辞典から探して「咲奈」と決め、それに合う名字を母親が選んだ候補の中から決めた[6]

入団3年目から合計5回の新人公演主演を果たした[7]。新人公演で5回主演したのは、2000年以降では柚希礼音音月桂に続いて3人目である[7]

2011年11月30日、宝塚警察署の「一日警察署長」を務めた[17]。父親は現職の警察官だという[17]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

  • 2007年3 - 4月、星組『さくら-妖しいまでに美しいおまえ-』『シークレット・ハンター-この世で、俺に盗めぬものはない-』(宝塚大劇場のみ)

雪組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2009年6月、『百年への道』(コーラス)
  • 2010年12月、『タカラヅカスペシャル2010〜FOREVER TAKARAZUKA〜』
  • 2014年12月、『タカラヅカスペシャル2014-Thank you for 100 years-』
  • 2015年12月、『タカラヅカスペシャル2015-New Century,Next Dream-』
  • 2017年10月、第54回『宝塚舞踊会』
  • 2017年12月、『タカラヅカスペシャル2017 ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』
  • 2018年5月、『凱旋門』前夜祭
  • 2018年12月、『タカラヅカスペシャル2018 Say! Hey! Show Up!!』
  • 2019年12月、『タカラヅカスペシャル2019-Beautiful Harmony-』

TV出演[編集]

広告[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2020年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2020年、71頁。ISBN 978-4-86649-125-7
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 宝塚歌劇雪組、次期トップコンビは彩風咲奈&朝月希和ステージナタリー
  3. ^ a b c d e f g h i 宝塚歌劇 雪組次期トップコンビに彩風咲奈&朝月希和Sponichi Annex
  4. ^ a b c d e f 宝塚歌劇 雪組次期トップコンビは彩風咲奈と朝月希和デイリースポーツ
  5. ^ a b c d e f g 宝塚雪組次期トップコンビに彩風咲奈&朝月希和スポーツ報知
  6. ^ a b c d e f g h 阪急コミュニケーションズ『RISING STAR GUIDE 2013』2013年、90-91頁。ISBN 978-4-484-13507-6
  7. ^ a b c d e f g h 彩風咲奈、新人公演卒業…男役確立へ「第2章」始動”. zakzak by夕刊フジ. 2014年8月28日閲覧。
  8. ^ a b c d 西伊予物語 VOL.22(平成20年3月1日) 西伊予出身!今 旬の人 宝塚歌劇団雪組 彩風咲奈さん”. 八幡浜・大洲地区広域市町村圏組合. 2014年8月28日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 筒井政也 (2019年10月10日). “彩風咲奈主演「ハリウッド・ゴシップ」力まず挑戦!違う自分になれることが楽しくて”. スポーツ報知. https://hochi.news/articles/20191010-OHT1T50155.html 2019年10月10日閲覧。 
  10. ^ a b c d e f 首席 初詣でポスター/彩風咲奈”. 日刊スポーツ. 2014年8月28日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h i j k l 村上久美子 (2014年10月30日). “少年と大人の同居/彩風咲奈”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/entertainment/column/takarazuka/news/p-cl-tp0-20141030-1389378.html 2019年10月10日閲覧。 
  12. ^ 彩風咲奈「男役十年」で新境地“孤高の男”挑戦に気合十分 2017年8月30日10時0分 スポーツ報知[リンク切れ]
  13. ^ a b 理想郷に彩られた彩風咲奈の東京初主演作品、宝塚雪組『CAPTAIN NEMMO…ネモ船長と神秘の島…』上演中! 宝塚ジャーナル
  14. ^ a b “雪組「ハリウッド・ゴシップ」大阪公演開幕!彩風咲奈「一回一回の舞台の大切さ、ひしひしと」”. スポーツ報知. (2019年10月23日). https://hochi.news/articles/20191023-OHT1T50132.html 2019年10月23日閲覧。 
  15. ^ a b c コロナで中止・延期乗り越え…宝塚雪組・彩風咲奈の主演作がやっと開幕「ここまで来られて感謝の気持ちでいっぱいです」スポーツ報知
  16. ^ a b c 宝塚雪組・彩風咲奈 涙の主演公演初日 コロナ禍で当初の会場と日程大幅変更デイリースポーツ
  17. ^ a b 榎田投手やタカラジェンヌが一日署長 年末特別警戒発隊式”. msn産経ニュースwest. 2013年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月28日閲覧。Internet Archive
  18. ^ 宝塚雪組トップコンビ早霧&咲妃サヨナラ公演開幕 3番手・彩風は病気休演 デイリースポーツ

注釈[編集]

  1. ^ 4/23〜30のみ。
  2. ^ 体調不良により4/21〜24は休演。代役は永久輝せあが務めた。

外部リンク[編集]