遠山静雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

遠山 静雄(とおやま しずお[1]1895年2月15日 - 1986年11月10日[2])は、日本の照明技師舞台照明の草分け[3][4][5][6]広島県出身[7]

来歴[編集]

1915年東京高等工業学校(現東京工業大学)電気科卒[1][8]。東京電気(現東芝)に4年半勤務のち退職して演劇の道に入る。1920年田中良を主唱者とする舞台美術会(トンボヤの会)に土方与志伊藤憙朔らと共に参加[9]。「私がやらなければ恐らく誰もやらないだろう」と1920年から本格的に舞台照明に関わる[10]1921年から新劇新歌舞伎新舞踊の舞台照明を担当。当時未開であった舞台照明の研究と確立を目指し、その実践を行うため1929年、小川昇、神保道臣等と共に「遠山照明研究所」(TIL)を創設した[5]。門弟志願の第一号が小畑敏一[5]。最初は遠山の自宅へ集合したが後に銀座新橋へ事務所を設けて、穴沢喜美男、松崎國雄、大庭三郎らが参加した[5]1923年遠山邸で、伊藤熹朔、千田是也らと上演したメーテルリンクの「アグラヴェーヌとセリセット」は、日本の現代人形劇の先駆とされる[11][12]1933年に宝塚少女歌劇団(現・宝塚歌劇団)が、東京で年間を通して定期公演を行うために東京宝塚劇場を建設(開場は1934年)した。この時、小林一三から田中良山田耕筰と共に宝塚少女歌劇団の顧問に抜擢される[5][13]。東京宝塚劇場の出現は、舞台照明にとって大きなエポックとなった[14]1936年に遠山は正式に東宝に入社して専属となる[15]。遠山は東宝に専心忠誠を尽くすつもりで「遠山照明研究所」を解体して、前述の穴沢、松崎、大庭らは、その姓を冠する研究所を作って独立した[5]。支配人秦豊吉の依頼を受けて田中の後任の舞台課長を引き継ぎ、その後は文芸部長を経て帝劇支配人等を歴任した[1][5]

戦後の東宝争議で会社が演劇部内を解消し、演劇関係者は多くが退社[5][16]。遠山も東宝に15年在籍し1950年退職した[1][5]。フリーに戻り「遠山照明研究所」を再興させた。同年から日本大学芸術学部講師となり、装置論と照明論を以降30年講義し多くの後進を育てた。1975年『日照演劇論』で河竹賞受賞。1981年「遠山照明研究所」を有限会社とし運営から退く。 日本舞台照明家協会初代理事長、日本演劇協会日本演劇学会各顧問、日本舞踏協会名誉顧問、国際演劇協会日本センター監事などの要職を歴任した[7][8]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『あかりのフォークロア』照明文化研究会編、柴田書店、1976年、238頁。
  2. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus『遠山静雄』 - コトバンク
  3. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus『舞台照明家』 - コトバンク
  4. ^ #五十年、1-10頁。
  5. ^ a b c d e f g h i #その周辺、317-322、333頁。
  6. ^ 過去の受賞者(年代別) - 公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団
  7. ^ a b #その周辺、奥付。
  8. ^ a b #五十年、奥付。
  9. ^ #五十年、21頁。
  10. ^ #五十年、15-16頁。
  11. ^ #五十年、79-81頁。
  12. ^ プークの歴史 - 人形劇団プーク
  13. ^ #五十年、143頁。
  14. ^ #五十年、145頁。
  15. ^ #五十年、145頁。
  16. ^ #五十年、159、160頁。

著書[編集]

  • 『舞台照明五十年』 相模書房 、1966年 ゆまに書房、2014(復刻)
  • 『アドルフ・アピア』相模書房、1977年
  • 随筆色の道、1979年
  • 随筆続色の道、1980年
  • 随筆続々色の道、1982年
  • 『舞台照明とその周辺』 島津書房、1986年
  • 『舞台照明学』(上・下巻)リブロポート、1988年

参考ウェブサイト[編集]

外部リンク[編集]