1970年の宝塚歌劇公演一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

本項目では、1970年の宝塚歌劇公演一覧について示す。

目次

宝塚大劇場公演[編集]

月組[編集]

  • 1月1日 - 2月4日[1]

舞踊劇『茨木童子』 1幕[編集]

スタッフ[1]

主な出演[1]

グランド・ショー『ヤング・ガイ!』 24場[編集]

花組[編集]

  • 2月6日 - 3月12日[2]

ミュージカル・コメディ『禁じられた初恋』 7場[編集]

  • 新人公演:2月14日[3]

スタッフ[4]

主な出演・本公演[3]

主な出演・新人公演[3]

グランド・レビュー『永遠のカトレア』 18場[編集]

  • 新人公演:2月21日[3]

スタッフ[3]

主な出演・本公演[3]

主な出演・新人公演[3]

  • 薫邦子
  • 花園とよみ
  • 花里ゆかり
  • 麻月鞠緒
  • 瀬戸内美八

雪組特別[編集]

  • 3月14日 - 4月14日[3]

グランドレビュー『タカラヅカEXPO'70』[編集]

月組特別[編集]

  • 4月15日 - 5月6日[5]

グランドレビュー『タカラヅカEXPO'70』[編集]

星組[編集]

  • 5月8日 - 5月26日[6]

王朝千一夜『恋に朽ちなん』 10場[編集]

シラー作・『たくみと恋』より。

  • 新人公演:5月17日[7]

スタッフ[6]

主な出演・本公演[6]

主な出演・新人公演[7]

グランド・レビュー『ハロー!タカラヅカ』 24場[編集]

  • 作・演出:鴨川清作

雪組[編集]

  • 5月28日 - 7月1日[7]

ミュージカル・プレイ『春ふたたび』 1幕[編集]

主な出演・新人公演[8]

グランド・レビュー『フォリー・タカラジェンヌ』 20場[編集]

花組[編集]

  • 7月3日 - 7月30日[8]

元禄絵巻『炎』 12場[編集]

  • 新人公演:7月18日[8]

スタッフ[9]

主な出演・本公演[8]

主な出演・新人公演[10]

麻鳥千穂サヨナラ公演『ドリーム・ア・ドリーム』 20場[編集]

星組[編集]

  • 8月1日 - 8月31日[10]

コメディ・ミュージカル『僕は君』 16場[編集]

  • 新人公演:8月15日の午前の部[11] 

スタッフ[11]

主な出演・本公演[12]

主な出演・新人公演[11]

グランド・ショー 上月晃さよなら公演『ザ・ビッグ・ワン』 18場[編集]

月組[編集]

  • 9月2日 - 9月30日[13]

宝塚グランド・ミュージカル『鴎よ波涛を越えて』-メナムに赤い花が散る・姉妹篇- 22場[編集]

  • 新人公演:9月19日[14]

スタッフ[15]

主な出演・本公演[13]

主な出演・新人公演[14]

グランド・ショー『青春のプレリュード』 20場[編集]

スタッフ[14]

主な出演[13]

  • 歌手:八汐路まり
  • 歌う男:大滝子
  • 歌う女:笹潤子
  • 青年:榛名由梨
  • 恋人:千草美景
  • 息子:常花代
  • 父:清はるみ
  • 娘:小松美保

雪組[編集]

  • 10月2日 - 10月27日[14]

舞踊劇『雪女』 10場[編集]

スタッフ[16]

主な出演[14]

ミュージカル・プレイ『パレアナの微笑み』 20場[編集]

  • 新人公演:10月15日[17]

スタッフ[17]

  • 作・演出:内海重典
  • 作曲・編曲:入江薫、寺田瀧雄、吉崎憲治
  • 音楽指揮:溝口堯
  • 振付:岡正躬、喜多弘、
  • 装置:石浜日出雄
  • 衣装:静間潮太郎
  • 照明:今井直次
  • 小道具:上田特市
  • 効果:坂上勲
  • 音響監督:松永浩志
  • 演出補:大関弘政
  • 演出助手:太田哲則
  • 制作:野田浜之助

主な出演・本公演[14]

主な出演・新人公演[17]

花組[編集]

  • 10月29日 - 11月30日[17]

王朝千一夜『扇源氏』 10場[編集]

  • 新人公演:11月14日[18]

スタッフ[19]

主な出演・本公演[17]

主な出演・新人公演[18]

グランド・ショー『アポローン』 24場[編集]

星組[編集]

  • 12月2日 - 12月20日[18]

ミュージカル・ドラマ『ジプシー伯爵』 12場[編集]

スタッフ[20]

  • 作・演出:阿古健
  • 作曲:高井良純
  • 編曲:十時一夫、吉崎憲治
  • 合唱指導、音楽指導:十時一夫
  • 振付:喜多弘
  • 装置:黒田利邦
  • 衣装:任田幾英
  • 照明:今井直次
  • 小道具:上田特市
  • 効果:坂上勲
  • 音楽監督:松永浩志
  • 演出助手:太田哲則
  • 制作:大谷真一

主な出演[18]

グランド・ショー『恋人たち』 18場[編集]

スタッフ[20]

  • 作・演出:大関弘政
  • 作曲・編曲:河崎恒夫、中井光晴、寺田瀧雄、中井昌
  • 合唱指導、音楽指揮:野村陽児
  • 歌唱指導:水島早苗
  • 振付:岡正躬、喜多弘、山田卓、司このみ
  • 装置:黒田利邦
  • 衣装:静間潮太郎
  • 照明:今井直次
  • 小道具:万波一重
  • 効果:扇野信夫
  • 音響監督:松永浩志
  • 演出補:岡田敬二
  • 制作:大谷真一

主な出演[21]

東京公演[編集]

()内は、作者または演出者名。

雪組[編集]

特別出演[1]

星組[編集]

花組[編集]

東京宝塚劇場[22]

4月4日 - 4月16日[編集]

    • 『禁じられた初恋』(大関弘政)[22]
    • 『永遠のカトレア』(内海重典)[22]

特別出演[5]

  • 沖ゆき子
  • 南悠子
  • 大滝子
  • 麻生薫

4月17日 - 4月27日[編集]

    • 『桜双紙』(菅沼潤)[22]
    • 『永遠のカトレア』(内海重典)[22]

特別出演[5]

  • 沖ゆき子
  • 南悠子
  • 大滝子
  • 麻生薫

月組[編集]

  • 6月3日 - 6月30日[22] 東京宝塚劇場[22]
    • 『纏おけさ』(柴田侑宏)[22]
    • 『ハロー!タカラヅカ』(鴨川清作)[22]

特別出演[7]

雪組[編集]

  • 8月1日 - 8月31日[22] 東京宝塚劇場[22]
    • 『四季の踊り絵巻』(歌劇団演出部 改作、菅沼潤・横澤秀雄 構成・演出)[22]
    • 『ハロー!タカラヅカ』(鴨川清作)[22]


特別出演[11]

花組[編集]

  • 9月4日 - 9月28日[22] 東京宝塚劇場[22]

特別出演[13]

  • 司このみ

星組[編集]

  • 9月30日 - 10月28日[22] 新宿コマ劇場[23]
    • 『僕は君』(白井鐵造)[22]
    • 『ザ・ビッグ・ワン』(横澤秀雄)[22]

特別出演[14]

  • 上月晃

月組[編集]

  • 11月2日 - 11月26日[22] 東京宝塚劇場[22]
    • 『鴎よ波涛を越えて』(植田紳爾、尾上松緑 演出)[22]
    • 『青春のプレリュード』(岡田敬二)[22]

特別出演[19]

  • 春日野八千代
  • 神代錦
  • 天城月江
  • 南悠子

宝塚大劇場・東京以外の公演[編集]

()内は、作者または演出者名。

花組[編集]

雪組[編集]

  • 11月11日 - 11月27日[24] 佐賀、諫早、久留米、大田、松江、米子、富山、秋田、山形、新潟(以上、公演場所の出典は90年史[24]
    • 『春ふたたび』(植田紳爾)[24]
    • 『ハロー!タカラヅカ』(鴨川清作)[24]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 60年史別冊 1974, p. 87.
  2. ^ 60年史別冊 1974, p. 88.
  3. ^ a b c d e f g h 60年史別冊 1974, p. 89.
  4. ^ 60年史別冊 1974, p. 88-89.
  5. ^ a b c 60年史別冊 1974, p. 91.
  6. ^ a b c 60年史別冊 1974, p. 92.
  7. ^ a b c d 60年史別冊 1974, p. 93.
  8. ^ a b c d 60年史別冊 1974, p. 94.
  9. ^ 60年史別冊 1974, p. 94-95.
  10. ^ a b 60年史別冊 1974, p. 95.
  11. ^ a b c d 60年史別冊 1974, p. 96.
  12. ^ 60年史別冊 1974, p. 95-96.
  13. ^ a b c d 60年史別冊 1974, p. 97.
  14. ^ a b c d e f g 60年史別冊 1974, p. 98.
  15. ^ 60年史別冊 1974, p. 97-98.
  16. ^ 60年史別冊 1974, p. 98-99.
  17. ^ a b c d e 60年史別冊 1974, p. 99.
  18. ^ a b c d 60年史別冊 1974, p. 100.
  19. ^ a b 60年史別冊 1974, p. 99-100.
  20. ^ a b 60年史別冊 1974, p. 101.
  21. ^ 60年史別冊 1974, p. 100-101.
  22. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af 90年史 2004, p. 280.
  23. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 215.
  24. ^ a b c d e f g h 90年史 2004, p. 297.

参考文献[編集]

  • 編集発行人:橋本雅夫『宝塚歌劇の60年別冊・年譜 最近の10年』宝塚歌劇団、1974年。
  • 編集:森照実春馬誉貴子相井美由紀山本久美子『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』宝塚歌劇団、2004年。ISBN 4-484-04601-6