久城あす

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

久城 あす(くじょう あす、6月27日[1] - )は、宝塚歌劇団雪組に所属する男役

兵庫県芦屋市[1]甲南女子高等学校[1]出身。公称身長168cm[1]。愛称は「あす」[1]

来歴[編集]

2006年4月、宝塚音楽学校入学、94期生。同期には珠城りょう仙名彩世早乙女わかば麻央侑希などがいる。

2008年3月、宝塚歌劇団に入団。入団時の成績は13番。月組公演『ME AND MY GIRL』で初舞台。その後雪組に配属。

2015年7月から、『TAKARAZUKA SKY STAGE』第3期スカイ・ナビゲーターズを務める。

2016年、『るろうに剣心』の大劇場新人公演で、怪我で休演となった汐聖風美の代役として、本役の久城が代役出演した。新人公演を卒業していたため、異例の出演となった[2]

人物[編集]

姉に元宙組娘役の藤咲えりがいる。

主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

  • 2008年3月、『ME AND MY GIRL』 (宝塚大劇場公演のみ出演)

雪組配属後[編集]

  • 2008年8月、『ソロモンの指輪』/『マリポーサの花』
  • 2009年3月、『風の錦絵』/『ZORRO 仮面のメサイア』新人公演:リトル・クロウ(本役:凛城きら
  • 2009年6月、『百年への道』※95周年と雑誌「歌劇」通巻1000号記念イベント
  • 2009年7月、『ロシアン・ブルー -魔女への鉄槌-』新人公演:ロジャー・ドリトル(本役:沙央くらま)/『RIO DE BRAVO!!』
  • 2009年11月、『情熱のバルセロナ』従卒/『RIO DE BRAVO!!』(全国ツアー)
  • 2010年2月、『ソルフェリーノの夜明け』新人公演:カルドナ(本役:沙央くらま)/『Carnavale 睡夢』
  • 2010年6月、『ロジェ』新人公演:組織の男(本役:大凪真生)/『ロック・オン!』
  • 2010年10月、『オネーギン Evgeny Onegin -あるダンディの肖像-』(日本青年館・バウホール)ルネ
  • 2011年1月、『ロミオとジュリエット』モンタギュー男、新人公演:愛(本役:大湖せしる
  • 2011年7月、『ハウ・トゥー・サクシード -努力しないで出世する方法-』(梅田芸術劇場)ビート
  • 2011年9月、『仮面の男』ボール係(宝塚大劇場)、侍従(東京宝塚劇場)、新人公演:アトス(本役:未涼亜希)/『ROYAL STRAIGHT FLUSH!!』
  • 2012年1月、『インフィニティ-限りなき世界-』(バウホール)
  • 2012年3月、『ドン・カルロス』エンリケ、新人公演:ティツィアーノ(本役:沙央くらま)/『Shining Rhythm!』
  • 2012年7月、『双曲線上のカルテ』(バウホール・日本青年館)ベルナンド
  • 2012年10月、『JIN-仁-』長七郎、新人公演:高岡玄斉(本役:彩風咲奈)/『GOLD SPARK! -この一瞬を永遠に-』
  • 2013年2月、『若き日の唄は忘れじ』(中日劇場)磯貝主計/『Shining Rhythm! -新たなる誕生-』ロケットボーイ
  • 2013年4月、『ベルサイユのばら -フェルゼン編-』ニコラス、フランソワ、新人公演:ジェローデル(本役:夢乃聖夏
  • 2013年8月、『春雷』(バウホール)グレゴール
  • 2013年9月、早霧せいなディナーショー『SS』(第一ホテル東京・宝塚ホテル)
  • 2013年10月、『第52回 宝塚舞踊会』新曲浦島
  • 2013年11月、『Shall we ダンス?』ダンサー、新人公演:ジャン(本役:鳳翔大)/『CONGRATULATIONS 宝塚!!』
  • 2014年3月、『心中・恋の大和路』(シアタードラマシティ・日本青年館)嶋屋
  • 2014年6月、『一夢庵風流記 前田慶次』願人坊主、新人公演:庄司又左衛門(本役:香綾しずる)/『My Dream TAKARAZUKA』
  • 2014年10月、『宝塚歌劇100周年記念 大運動会』(大阪城ホール)
  • 2014年10月、『パルムの僧院 -美しき愛の囚人-』(バウホール)ブルノ
  • 2015年1月、『ルパン三世 -王妃の首飾りを追え!-』ポール・パッサンジュ新人公演:銭形警部(本役:夢乃聖夏)/『ファンシー・ガイ!』
  • 2015年5月、『アル・カポネ - スカーフェイスに秘められた真実 -』(シアタードラマシティ・赤坂ACTシアターフランキー・イェールエドワード・オヘア(2役)
  • 2015年7月、『星逢一夜』天野照興/『La Esmeralda』
  • 2015年11月、『銀二貫』(バウ)梅吉
  • 2016年2月、『るろうに剣心』火男/新聞売り(2役)、新人公演・大劇場:火男(代役)[2]
  • 2016年6月、『ローマの休日』(中日劇場・赤坂ACTシアター・梅田芸術劇場)警官/クラブの歌手
  • 2016年10月、『私立探偵ケイレブ・ハント』マクシミリアンの部下/『Greatest HITS!』
  • 2017年2月、専科・沙央くらま ディナーショー『KURAMA』(宝塚ホテル・第一ホテル東京)
  • 2017年4月、『幕末太陽傳』岡っ引き平六/『Dramatic “S”!』
  • 2017年8月、『CAPTAIN NEMO-ネモ船長と神秘の島-』(日本青年館・シアタードラマシティ)レム【ポーランド人の航海士】
  • 2017年11月、『ひかりふる路〜革命家、マクシミリアン・ロベスピエール〜/SUPER VOYAGER!-希望の海へ-』ジョルジュ・クートン
  • 2018年3月、『義経妖狐夢幻桜』(バウ)エイサイ
  • 2018年6月、『凱旋門-エリッヒ・マリア・レマルクの小説による-/Gato Bonito!!~ガート・ボニート、美しい猫のような男~』ビンダー
  • 2018年11月、『ファントム』モーク・レール
  • 2019年3月、『20世紀号に乗って』(東急シアターオーブ)ドクター・ジョンソン
  • 2019年5月、『壬生義士伝/Music Revolution!』小川信太郎

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2019年度版』宝塚クリエイティブアーツ、2019年、76頁。ISBN 978-4-86649-089-2
  2. ^ a b 永久輝せあ 雪組新人公演2度目主演「落ち着いてできた」も反省”. スポニチアネックス (2016年2月23日). 2016年2月24日閲覧。

外部リンク[編集]