淡路通子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

淡路 通子(あわじ みちこ、本名非公開、1924年 - 2007年平成19年)[1])は宝塚歌劇団で演技講師を務めた人物。元宝塚歌劇団花組星組組長兵庫県宝塚市出身。宝塚歌劇団時代の愛称はおふくちゃん、おふくろさん[2]

芸名は小倉百人一首の第78番:源兼昌

淡路ふ千鳥の 鳴聲に 幾夜寢覺めぬ 須磨の關守(あはぢしま かよふちどりの なくこゑに いくよねざめぬ すまのせきもり)

から命名された。

略歴[編集]

1936年26期生として、宝塚歌劇団に入団。

1965年に花組組長就任。

1975年に花組組長を退任し、星組組長就任。

1979年、星組組長を退任。

1984年に宝塚歌劇団を退団。

退団後は宝塚歌劇団演技講師に転身した。

2007年逝去。

2014年、創設された「宝塚歌劇の殿堂」最初の100人のひとりとして殿堂入り[3][4]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

映画出演[編集]

  • 娘十八お転婆時代(1952年、東宝)*特別出演

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 宝塚歌劇の殿堂 第一会場『殿堂ゾーン』の淡路通子の展示パネルから。
  2. ^ 『別冊1億人の昭和史 タカラヅカ 華麗な舞台とスターを育てた70年』、毎日新聞社、1981年、P96
  3. ^ 村上久美子 (2014年1月11日). “宝塚が八千草薫ら殿堂100人を発表”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140111-1242409.html 2022年6月26日閲覧。 
  4. ^ 『宝塚歌劇 華麗なる100年』朝日新聞出版、2014年3月30日、134頁。ISBN 978-4-02-331289-0 

外部リンク[編集]