アンタレスの星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アンタレスの星』(アンタレスのほし)は宝塚歌劇団ミュージカル作品。星組[1]公演。

宝塚の併演作品は『薔薇パニック[2]』、東京と名古屋は『薔薇ファンタジア<薔薇パニック・改題>[3]』。

解説[編集]

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演のページ[2]を参照

アレクサンドル・デュマ・ペールの小説『モンテ・クリスト伯』を題材にした作品。

脚色上、原作ではダンテスと同一人物であるモンテ・クリスト伯を、復讐の手助けをする友人として登場させたり、原作者のデュマと脚色者とのやりとりが劇中に挿入されるなど趣向が加えられた作品。

瀬戸内美八のトップスター・お披露目公演。

ストーリー[編集]

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演のページ[2]を参照

無実の罪で投獄された主人公・ダンテスの数奇な運命、そしてついには結ばれなかった愛するメルセデスとの恋愛を扱っている。

公演期間と公演場所[編集]

主な配役[編集]

※「()」の人物は新人公演

宝塚大劇場[編集]

新宿コマ劇場[編集]

  • エドモン・ダンテス - 瀬戸内美八(大浦みずき)[4]
  • メルセデス - 遥くらら(湖条れいか)[4]

宝塚大劇場公演のデータ[編集]

形式名は「宝塚ミュージカル・ロマン[2]」。15場[2]。副題は「"モンテ・クリスト伯"より[2]」。

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 148、216、267.
  2. ^ a b c d e f g h 100年史(舞台) 2014, p. 148.
  3. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 216、267.
  4. ^ a b c d e f 100年史(舞台) 2014, p. 296.
  5. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 216.
  6. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 267.
  7. ^ a b c d e 100年史(人物) 2014, p. 198.
  8. ^ a b c d e f 100年史(人物) 2014, p. 199.

参考文献[編集]