沖ゆき子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

沖 ゆき子(おき ゆきこ、1921年10月10日 - 1997年1月18日[1])は、元宝塚歌劇団男役(元月組組長)の書道家である。東京都出身。 中村高等女学校出身[1]。宝塚歌劇団時代の愛称はオッちゃん、チョンロ。

来歴・人物[編集]

1935年25期生として、宝塚歌劇団に入団。初舞台公演演目は『ゴンドリア』である。宝塚入団時の成績は104人中37位[2]

1953年に月組組長に就任し、 1962年に退任。その後専科に異動。

1981年に宝塚歌劇団を退団。 退団後は書道家に転身した[1]

1997年1月18日に死去。

2014年、古巣・宝塚歌劇団が100周年記念として創設された「宝塚歌劇の殿堂」最初の100人のひとりとして殿堂入りを果たした[3][4]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

参考資料[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 沖 ゆき子とは - コトバンク”. コトバンク. DIGITALIO. 2022年6月26日閲覧。 “出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)”
  2. ^ 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、26頁。ISBN 978-4-484-14601-0 
  3. ^ 村上久美子 (2014年1月11日). “宝塚が八千草薫ら殿堂100人を発表”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140111-1242409.html 2022年6月26日閲覧。 
  4. ^ 『宝塚歌劇 華麗なる100年』朝日新聞出版、2014年3月30日、134頁。ISBN 978-4-02-331289-0 
  5. ^ 歌劇』1981年8月号、宝塚歌劇団、1981年8月1日、124-125頁。 

関連項目[編集]