汝鳥伶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

汝鳥 伶(なとり れい、4月20日[1] - )は、宝塚歌劇団専科に所属する男役[1][2]。元月組組長[3]

大阪府吹田市[2]府立吹田高等学校出身[1]。身長164cm[1]。愛称は「ユー」、「ユーコ」[1]

来歴[編集]

1969年、宝塚音楽学校入学。

1971年、宝塚歌劇団に57期生として入団[3][2]。入団時の成績は26番[4]花組公演「花は散る散る/ジョイ!」で初舞台[1][4][3]。入団当初の芸名は汝鳥であったが、後に現在の芸名へ変更する。

1972年、月組に配属[4]

1986年より月組副組長を務め、1990年7月1日付で月組組長に就任。

1993年8月1日付で専科へと異動。

1996年11月8日付で月組へ異動となり、再び月組組長に就任。

1997年12月16日付で再び専科へ異動となる[3]

現在は登場するだけで舞台が引き締まるベテラン男役として、各組に特別出演を続けている[3][2]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

月組時代[編集]

専科時代[編集]

  • 1993年8 - 9月、星組『FILM MAKING』(バウホール日本青年館) - オスカー・スポティスウッド
  • 1993年11月、月組『夢の10セント銀貨』(バウホール) - バート・グラン
  • 1994年1 - 2月、雪組二人だけの戦場』(バウホール・日本青年館) - シュトロゼック
  • 1994年2 - 3月、月組『夢の10セント銀貨』(日本青年館・愛知厚生年金会館) - バート・グラン
  • 1994年6 - 8月、月組『エールの残照』(宝塚大劇場) - ジョセフ
  • 1994年10月、雪組『二人だけの戦場』(愛知厚生年金会館) - シュトロゼック
  • 1994年11月、月組『エールの残照』(東京宝塚劇場) - ジョセフ
  • 1995年6 - 11月、花組エデンの東』 - アダム・トラスク[3]
  • 1996年2月、月組『ME AND MY GIRL』(中日劇場) - ジョン・トレメイン卿
  • 1996年3 - 7月、月組『CAN-CAN』 - アンリ・マルソー
  • 1996年9 - 10月、花組『エデンの東』(全国ツアー) - アダム・トラスク
  • 1996年10 - 11月、雪組『アナジ』(バウホール・日本青年館) - 松浦隆信

月組時代[編集]

専科時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 1980年2月、第17回宝塚ミラーボール『'80宝塚レコード音楽祭』
  • 1980年5月、『宝塚フェスティバル』
  • 1980年10月、第19回宝塚ミラーボール『'80愛読者大会』
  • 1980年11月、『スターカーニバル'80』
  • 1981年2月、第20回宝塚ミラーボール『'81宝塚レコード音楽祭』
  • 1981年9月、『'81宝塚歌劇大運動会』
  • 1986年10月、第二十八回『宝塚舞踊会』
  • 1987年10月、第二十九回『宝塚舞踊会』
  • 1989年11月、第8回バウ・コンサート『オータムナイト・ア・ゴー!ゴー!-今夜は青春-』
  • 1990年10月、第三十一回『宝塚舞踊会』
  • 1997年5月、'97TCAスペシャル『ザ・祭典-四組夢の競宴-』
  • 2002年8月、『専科エンカレッジ スペシャル
  • 2003年1月、『清く正しく美しく-逸翁に捧げる宝塚ナウ-』
  • 2005年12月、『花の道 夢の道 永遠の道』
  • 2007年1月、小林一三没後50年追悼スペシャル『清く正しく美しく』-この教え護り続けて-
  • 2014年4月、宝塚歌劇100周年 夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2020年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2020年、9頁。ISBN 978-4-86649-125-7
  2. ^ a b c d e f 専科 汝鳥伶:あなたの望むとおりに歌う鳥/The name of タカラジェンヌ産経新聞
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 専科 汝鳥伶インタビュー産経新聞
  4. ^ a b c 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』 阪急コミュニケーションズ 2014年4月1日 82-83頁。ISBN 9784484146010

外部リンク[編集]