ザ・スイング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ショー[1][2]ザ・スイング』は宝塚歌劇団によって制作された舞台作品。月組[1][2]公演。20場[1][2]。作・演出は村上信夫[1][2]。併演作は『ときめきの花の伝説[1][2]』。剣幸こだま愛の宝塚大劇場トップお披露目公演であった。

公演期間と公演場所[編集]

解説[編集]

※宝塚100年史・宝塚公演のもの[3]

ハリウッドの映画スタジオ、魔女や妖精たちがいるおもちゃ箱、そして"黒いオルフェ"の世界などを舞台に明るく軽快に展開するスイング・ジャズのショー作品。

スタッフ[編集]

※氏名の後ろに「宝塚」、「東京」の文字がなければ両劇場共通。

主な配役[編集]

※下記のデータは宝塚・東京[2]共通。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai 80年史 1994, p. 312.
  2. ^ a b c d e f g h i 80年史 1994, p. 318.
  3. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 158.

参考文献[編集]

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫、編集統括:北川方英『夢を描いて華やかに -宝塚歌劇80年史-』宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3