CAN-CAN (宝塚歌劇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

CAN-CAN』(カン・カン)は宝塚歌劇団ミュージカル作品。月組[1][2]公演。形式名は「ブロードウェイ・ミュージカル[1][2]」。16場[1][2]。原作は同名の作品。脚色・演出は谷正純[1][2]。併演作品は『マンハッタン不夜城[1][2]』。久世星佳風花舞宝塚大劇場におけるトップコンビお披露目公演[3]82期生の初舞台公演である。

公演期間と公演場所[編集]

解説[編集]

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演[3]参考。

19世紀末のパリ、ピスタッシュが経営がするダンスホールは、法律で禁止されているフレンチカンカンを上演、繁盛していた。新人判事のフォレスティエは早速手入れに乗り出すが、ピスタッシュに強く惹かれてしまう。1953年に初演されて以来、ブロードウェイで892回のロングランを数えたミュージカルを宝塚版にリメイクした。

スタッフ[編集]

※氏名の後ろに「宝塚」「東京[2]」の文字がなければ両劇場共通。

特別出演[編集]

主な配役[編集]

下記のデータは宝塚・東京共通

本公演[編集]

新人公演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 90年史 2004, p. 52.
  2. ^ a b c d e f g h 90年史 2004, p. 55.
  3. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 174.
  4. ^ a b c d 90年史 2004, p. 53.
  5. ^ 90年史 2004, p. 52-53.
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 90年史 2004, p. 53、55.

参考文献[編集]

  • 編集:森照実春馬誉貴子相井美由紀山本久美子、執筆:國眼隆一『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』宝塚歌劇団、2004年4月20日。ISBN 4-484-04601-6
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3