月影瞳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
つきかげ ひとみ
月影 瞳
生年月日 5月30日
出身地 日本の旗 日本 長野県上田市
身長 160cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 舞台ドラマ映画
活動期間 1990年 -
活動内容 1990年:宝塚歌劇団入団
1991年:花組配属
1994年:星組へ異動
1997年:星組トップ娘役就任、雪組へ異動、雪組トップ娘役就任
2002年:宝塚歌劇団退団、芸能活動再開
配偶者 既婚
事務所 キョードーファクトリー
ACT JP エンターテイメント(業務提携)
公式サイト 月影瞳 公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
殉情
風と共に去りぬ
ノバ・ボサ・ノバ
凱旋門
舞台
ラ・マンチャの男
るろうに剣心
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

月影 瞳(つきかげ ひとみ、5月30日[1] - )は、日本女優[1]。元宝塚歌劇団雪組星組トップ娘役[1][2]

長野県上田市[1]県立上田東高等学校出身[3]。身長160cm[3]。血液型A型[4]。愛称は「グン」[3]

所属事務所はキョードーファクトリー[4]。ACT JP エンターテイメントと業務提携[1]

来歴[編集]

1988年、宝塚音楽学校入学[5]

1990年、宝塚歌劇団に76期生として入団[6]。入団時の成績は11番[6]花組公演「ベルサイユのばら」で初舞台[6]

1991年、組まわりを経て花組に配属[6]

美しい容姿と歌声で早くから注目を集め[5]、1992年、安寿ミラ森奈みはるトップコンビ大劇場お披露目となる「スパルタカス」で新人公演初ヒロイン[7]。その後も7度に渡って新人公演ヒロインを務める[2]

1993年より池田銀行の7代目イメージキャラクターに抜擢[2]

1994年11月8日付で星組へと組替え[2]

1997年4月1日付で星組トップ娘役に就任[1]麻路さきの2人目の相手役として、「誠の群像魅惑II」でトップコンビ大劇場お披露目[1][2]。同年10月1日付で雪組へ組替えとなり、雪組トップ娘役に就任[8][2]轟悠の2人目の相手役として、「春櫻賦LET'S JAZZ」で新トップコンビ大劇場お披露目[9][2]

2002年2月11日、「愛 燃えるRose Garden」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[6][1][2]

退団後は舞台を中心に幅広く活動している[5]

2009年に6歳年下のサラリーマンと結婚したことを報告[5]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

組まわり[編集]

花組時代[編集]

  • 1991年4月、『春の風を君に…』 - 新人公演:玉鳳(本役:華陽子)『ザ・フラッシュ!』(東京宝塚劇場のみ)[10]
  • 1991年6 - 8月、『ヴェネチアの紋章』 - 新人公演:ラウドミア(本役:華陽子)『ジャンクション24』(宝塚大劇場)
  • 1991年9月、『ベルサイユのばら-フェルゼン編-』(全国ツアー)
  • 1991年11月、『ヴェネチアの紋章』 - 新人公演:ラウドミア(本役:華陽子)『ジャンクション24』(東京宝塚劇場)
  • 1992年1月、『ドニエプルの赤い罌粟』(バウホール) - ヨアンナ バウ・東上初ヒロイン[11]
  • 1992年2 - 3月、『白扇花集』『スパルタカス』 - ユーリシャス、新人公演:ルシア(本役:森奈みはる)(宝塚大劇場) 新人公演初ヒロイン[7]
  • 1992年4 - 5月、『けれど夢の中で めざめたときに』(バウホール) - ヒトミ/イツカ バウヒロイン[12]
  • 1992年6月、『白扇花集』『スパルタカス』 - ユーリシャス、新人公演:ルシア(本役:森奈みはる)(東京宝塚劇場)[7]
  • 1992年8 - 10月、『心の旅路』 - ブリジェット、新人公演:ポーラ/マーガレット(本役:森奈みはる)『ファンシー・タッチ』(宝塚大劇場) 新人公演ヒロイン[7]
  • 1992年10月、『ドニエプルの赤い罌粟』(日本青年館) - ヨアンナ[11]
  • 1992年12月、『心の旅路』 - ブリジェット、新人公演:ポーラ/マーガレット(本役:森奈みはる)『ファンシー・タッチ』(東京宝塚劇場)[7]
  • 1993年2 - 3月、『メランコリック・ジゴロ』 - アネット、新人公演:フェリシア(本役:森奈みはる)『ラ・ノーバ!』(宝塚大劇場) 新人公演ヒロイン[13]
  • 1993年4 - 5月、『心の旅路』 - キティ『ファンシー・タッチ』(全国ツアー)[14]
  • 1993年6月、『メランコリック・ジゴロ』 - アネット、新人公演:フェリシア(本役:森奈みはる)『ラ・ノーバ!』(東京宝塚劇場)
  • 1993年8 - 9月、『ベイ・シティ・ブルース』 - パティ、新人公演:オリヴィア(本役:森奈みはる)『イッツ・ア・ラブ・ストーリー』(宝塚大劇場) 新人公演ヒロイン、初エトワール[13]
  • 1993年10 - 11月、『アップル・ツリー』(バウホール・日本青年館・愛知厚生年金会館) - イヴ
  • 1993年12月、『ベイ・シティ・ブルース』 - パティ、新人公演:オリヴィア(本役:森奈みはる)『イッツ・ア・ラブ・ストーリー』(東京宝塚劇場)
  • 1994年2月、『ベイ・シティ・ブルース』『イッツ・ア・ラブ・ストーリー』(中日劇場
  • 1994年3 - 5月、『ブラック・ジャック 危険な賭け』 - ローラ、新人公演:アイリス/如月恵(本役:森奈みはる)『火の鳥』(宝塚大劇場のみ) 新人公演ヒロイン、エトワール[13][15]
  • 1994年7月、ロンドン公演『花扇抄(美しき日本)』『扉のこちら』『ミリオン・ドリームズ』(コロシアム劇場)[16]
  • 1994年9 - 11月、『冬の嵐、ペテルブルグに死す』 - ポリィナ『ハイパー・ステージ!』(宝塚大劇場のみ)

星組時代[編集]

  • 1994年12月、『カサノヴァ・夢のかたみ』 - マリー王妃、新人公演:ジャンヌ(本役:白城あやか)『ラ・カンタータ!』(東京宝塚劇場のみ) 新人公演ヒロイン[17]
  • 1995年3 - 5月、『国境のない地図』(宝塚大劇場) - ソフィ エトワール
  • 1995年5 - 6月、『殉情(じゅんじょう)』(バウホール) - 春琴 東上ヒロイン[18]
  • 1995年7月、『国境のない地図』(東京宝塚劇場) - ソフィ
  • 1995年9 - 11月、『剣と恋と虹と』 - コンスタン『ジュビレーション!』(宝塚大劇場)
  • 1995年12月、『Action!』(ドラマシティ)
  • 1996年1 - 2月、『殉情(じゅんじょう)』(日本青年館) - 春琴[18]
  • 1996年3月、『剣と恋と虹と』 - コンスタン『ジュビレーション!』(東京宝塚劇場)
  • 1996年5 - 6月、『二人だけが悪』 - ジョアン『パッション・ブルー』(宝塚大劇場)
  • 1996年6 - 7月、『剣と恋と虹と』 - コンスタン『ジュビレーション!』(全国ツアー)
  • 1996年8月、『二人だけが悪』 - ジョアン『パッション・ブルー』(東京宝塚劇場)
  • 1996年9月、『ドリアン・グレイの肖像』(バウホール) - シビル/ヘティ 東上ヒロイン
  • 1996年11 - 12月、『エリザベート』(宝塚大劇場) - ルドルフ(少年)、新人公演:エリザベート(本役:白城あやか) 新人公演ヒロイン、エトワール[19]
  • 1997年1月、『ドリアン・グレイの肖像』(日本青年館) - シビル/ヘティ
  • 1997年3月、『エリザベート』(東京宝塚劇場) - ルドルフ(少年)、新人公演:エリザベート(本役:白城あやか)

星組トップ娘役時代[編集]

雪組トップ娘役時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 1990年5月、'90TMP音楽祭『サウンド・イン・ビッグ・シティ』
  • 1992年5月、'92TMP音楽祭『SONGS IN YOUR HEART』
  • 1993年5月、'93TMP音楽祭『青春フォーエバー!』
  • 1993年7月、真矢みきディナーショー『MIKI in PERSON』[21]
  • 1994年1月、安寿ミラディナーショー『Miracles of Loving』[22]
  • 1994年5月、TMPスペシャル『夢まつり宝塚'94』
  • 1995年9月、'95TCAスペシャル『マニフィーク・タカラヅカ』
  • 1995年10月、第36回『宝塚舞踊会』
  • 1996年5月、'96TCAスペシャル『メロディーズ・アンド・メモリーズ』
  • 1996年10月、第37回『宝塚舞踊会』
  • 1997年5月、'97TCAスペシャル『ザ・祭典』
  • 1997年9月、『タカラヅカ・フォーエバー』
  • 1997年9月、ガラ・コンサート『エリザベート
  • 1997年10月、第38回『宝塚舞踊会』
  • 1997年12月、『アデュー東京宝塚劇場
  • 1998年5月、'98TCAスペシャル『タカラジェンヌ!』
  • 1999年3月、『ノバ・ボサ・ノバ』前夜祭
  • 1999年5月、'99TCAスペシャル『ハロー!ワンダフル・タイム』
  • 1999年9 - 10月、轟悠ディナーショー『Les Jours d'Amour』
  • 1999年11月、『華麗なる千拍子'99』前夜祭
  • 1999年12月、『レビュー・スペシャル'99』
  • 2000年3月、『寺田瀧雄 作曲生活40周年記念コンサート』
  • 2000年9月、TCAスペシャル2000『KING OF REVUE』
  • 2000年12月、『アデューTAKARAZUKA1000days劇場サヨナライベント』

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

ドラマ[編集]

広告・CM出演[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 月影瞳 公式プロフィール ACT JP エンターテイメント株式会社。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 月影瞳 退団に思う TAKARAZUKA[ES]。
  3. ^ a b c 『宝塚おとめ 2001年度版』 阪急コーポレーション、2001年、78頁。ISBN 4-89485-053-2
  4. ^ a b 月影瞳 公式プロフィール キョードーファクトリー。
  5. ^ a b c d 元宝塚月影瞳6歳年下サラリーマンと結婚 日刊スポーツ。
  6. ^ a b c d e f 100年史(人物) 2014, p. 102.
  7. ^ a b c d e 100年史(舞台) 2014, p. 306.
  8. ^ 『1997年宝塚 Stage Album』 宝塚歌劇団、1998年、61頁。
  9. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 177.
  10. ^ 80年史 1994, p. 350.
  11. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 230.
  12. ^ 80年史 1994, p. 355.
  13. ^ a b c 100年史(舞台) 2014, p. 307.
  14. ^ 80年史 1994, p. 365.
  15. ^ 80年史 1994, p. 367.
  16. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 334.
  17. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 308.
  18. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 233.
  19. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 309.
  20. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 237.
  21. ^ 80年史 1994, p. 289.
  22. ^ 80年史 1994, p. 290.
  23. ^ 100年史(人物) 2014, p. 56.
  24. ^ a b c d 100年史(人物) 2014, p. 52.
  25. ^ 100年史(人物) 2014, p. 57.

参考文献[編集]

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫 著、編集統括:北川方英 編 『夢を描いて華やかに―宝塚歌劇80年史―』宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5 
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3 
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0 

外部リンク[編集]