藤里美保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:本人の顔写真や本人の顔がはっきりとわかる舞台写真の画像提供をお願いします。2019年5月

藤里 美保(ふじさと みほ、2月5日生)は、元宝塚歌劇団月組主演男役スターである。兵庫県神戸市出身、本名:松永 園子(まつなが そのこ)。宝塚歌劇団時代の公称身長は163cm。宝塚歌劇団時代の愛称はオソノ[1](本名の園子より)。宝塚歌劇団40期生

略歴[編集]

1953年、宝塚歌劇団に入団し、『春のおどり-花の宝塚-』で初舞台。宝塚入団時の成績は64人中36位[2]

新進男役時代に星組[2]から月組[2]へ組替えとなり、のちに月組男役トップスターとなる。

当時、那智わたる内重のぼるとともに宝塚歌劇で人気を博し、「マル(那智)・サチ(内重)・オソノ(藤里)時代」と称えられたほどである。

1964年2月29日[2]をもって、宝塚歌劇団退団。

2014年、古巣・宝塚歌劇団創立100周年記念で創立された『宝塚歌劇の殿堂』最初の100人のひとりとして殿堂入り[3]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

  • 『うつぼ舟』(星組)(1956年9月1日 - 9月30日、宝塚大劇場
  • 『高校三年生』(月組)(1957年10月1日 - 10月30日、宝塚大劇場)
  • 『ハイ・ティーン』(星組)(1958年6月1日 - 6月30日、宝塚大劇場)
  • 『秋の踊り(日本の旋律)』『青い珊瑚礁』(月組)(1958年10月1日 - 10月30日、宝塚大劇場)
  • 『ミュージック・アルバム』(月組)(1959年2月1日 - 2月26日、宝塚大劇場)
  • 『微笑の国』(月組)(1960年7月1日 - 7月31日、宝塚大劇場)
  • 『ショウ・イズ・オン』(月組)(1960年10月1日 - 10月30日、宝塚大劇場)
  • 『清姫』『三銃士』(月組)(1961年9月2日 - 9月29日、宝塚大劇場)
  • 『宝塚百花譜(ハナクラベ)』『華麗なる千拍子』(全組合同)(1961年12月1日 - 12月25日、梅田コマスタジアム
  • 『踊珠曼茶羅』『レ・ガールス-魅せられし女性論-』(月組)(1962年3月1日 - 3月22日、宝塚大劇場)
  • 『僕は君』(月組)(1962年5月1日 - 5月31日、宝塚大劇場)
  • 『花のみちのく』『皇太子の勲章』(月組)(1962年11月1日 - 11月28日、宝塚大劇場)
  • 『トランペット・オルフェ』『不死鳥のつばさ燃ゆとも』(月組)(1963年3月1日 - 3月24日、宝塚大劇場)
  • 『潮の鈴』『霧深きエルベのほとり』(月組)(1963年5月1日 - 6月2日、宝塚大劇場)
  • 『九月の宵の幻想曲(ファンタジア)』『一人ぼっちのハネムーン』(月組)(1963年9月3日 - 9月29日、宝塚大劇場)
  • 『レビューへの招待』(月・星組)(1964年1月1日 - 1月29日、宝塚大劇場)

ドラマ[編集]

  • 夫婦百景(第270回)一塁ベースを踏め (1963年7月8日、NTV
  • レビューへの招待 (1964年2月2日、YTV

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 90年史, p. 64.
  2. ^ a b c d 100年史(人物), pp. 50–51.
  3. ^ 宝塚歌劇の殿堂 - ウェイバックマシン(2014年1月15日アーカイブ分)

参考文献[編集]

  • 執筆:國眼隆一 著、編集:森照実・春馬誉貴子・相井美由紀・山本久美子 編 『すみれ花歳月を重ねて―宝塚歌劇90年史―』宝塚歌劇団、2004年4月1日。ISBN 4-484-04601-6NCID BA66869802全国書誌番号:20613764 
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0 

関連項目[編集]