蘭寿とむ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
らんじゅ とむ
蘭寿 とむ
生年月日 (1975-08-12) 1975年8月12日(46歳)
出身地 日本の旗 日本 兵庫県西宮市
身長 170cm
血液型 O型
職業 女優歌手
ジャンル 舞台ドラマ
活動期間 1996年 -
活動内容 1996年:宝塚歌劇団入団、花組配属
2006年:宙組へ異動
2011年:花組へ異動、花組トップスター就任
2014年:宝塚歌劇団退団、芸能活動再開
配偶者 既婚
事務所 ジーアールプロモーション
公式サイト 蘭寿とむ 公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
雨に唄えば
逆転裁判
ファントム
オーシャンズ11
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

蘭寿 とむ(らんじゅ とむ、1975年[1]8月12日[2] - )は、日本女優歌手。元宝塚歌劇団花組トップスター[3][4][2]

兵庫県西宮市[2]武庫川学院出身[2]。身長170cm[1]。血液型O型[1]。愛称は「とむ」[2][5]

所属事務所はジーアールプロモーション[1]

来歴[編集]

1994年、宝塚音楽学校に首席入学[4][2]

1996年、宝塚歌劇団に82期生として首席入団[4][2]月組公演「CAN-CANマンハッタン不夜城」で初舞台[4][2]。その後、花組に配属[4][2][5]

2001年、愛華みれ退団公演となる「ミケランジェロ」で新人公演初主演[6][5][7][2]。その後も3作連続で新人公演主演を務める[8]

2002年の「月の燈影」(バウホール日本青年館公演)で、彩吹真央とバウホール・東上公演ダブル主演[9][5][7][10]

2006年の「スカウト」でバウホール公演単独初主演[10][5]。同年4月25日付で宙組へと組替え[2][10]

2007年の「NEVER SLEEP」(バウホール・日本青年館公演)で、東上公演単独初主演[5]。その後も3度に渡って東上公演単独主演を務める。

2011年4月25日付で花組へ組替えとなり、花組トップスターに就任[11][4][2][5]。相手役には前任より引き続き蘭乃はなを迎え、「ファントム」でトップコンビ大劇場お披露目[2][5]

2014年5月11日、「ラスト・タイクーン/TAKARAZUKA ∞ 夢眩」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[4][2][5]

退団後はジーアールプロモーション所属となり、芸能活動を再開[1]

2016年に松岡修造のいとこにあたる一般男性と結婚[3]

2022年には46歳で第一子を出産したことを報告した[3]

人物[編集]

音楽学校へは、過去最高倍率となる48.25倍の難関を突破して首席で入学し、首席で卒業した[4][2]

首席で歌劇団に入団した以降も、3回あった試験をすべてトップの成績で通過した経歴をもつ[4][2]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

花組時代[編集]

宙組時代[編集]

  • 2006年8月、『コパカバーナ』(博多座) - サム・シルヴァー[10]
  • 2006年11 - 2007年2月、『維新回天・竜馬伝!』 - 徳川慶喜『ザ・クラシック』
  • 2007年4月、『NEVER SLEEP』(バウホール・日本青年館) - サミュエル・ハート 東上主演[5]
  • 2007年6 - 9月、『バレンシアの熱い花』 - ラモン・カルドス/ロドリーゴ・グラナドス[注釈 3]『宙 FANTASISTA!』
  • 2007年10 - 11月、『バレンシアの熱い花』 - ラモン・カルドス『宙 FANTASISTA!!』(全国ツアー)
  • 2008年2 - 5月、『黎明(れいめい)の風』 - 辰美英次『Passion 愛の旅』
  • 2008年7月、『雨に唄えば』(梅田芸術劇場) - コズモ・ブラウン
  • 2008年9 - 12月、『Paradise Prince(パラダイス プリンス)』 - アンソニー・ブラック『ダンシング・フォー・ユー』
  • 2009年2 - 3月、『逆転裁判 -蘇る真実-』(バウホール・日本青年館) - フェニックス・ライト(ニック) 東上主演[2][5]
  • 2009年4 - 7月、『薔薇に降る雨』 - ヴィクトール・オーランジュ『Amour それは…
  • 2009年8 - 9月、『逆転裁判2 -蘇る真実、再び…-』(バウホール・赤坂ACTシアター) - フェニックス・ライト(ニック) 東上主演[2][5]
  • 2009年11 - 2010年2月、『カサブランカ』 - ヴィクター・ラズロ
  • 2010年3 - 4月、『シャングリラ-水之城-』(ドラマシティ・日本青年館) - 嵐
  • 2010年5 - 8月、『TRAFALGAR(トラファルガー)』 - ナポレオン・ボナパルト『ファンキー・サンシャイン』
  • 2010年9月、蘭寿とむコンサート『“R”ising!!』(バウホール・昭和女子大学人見記念講堂主演[5]
  • 2010年11 - 2011年1月、『誰がために鐘は鳴る』 - アグスティン

花組トップスター時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 1997年7月、第三回『アキコ・カンダレッスン発表会』
  • 1997年12月、『アデュー東京宝塚劇場
  • 1998年7月、真矢みきスーパーリサイタル『MIKI in BUDOKAN』[7]
  • 1999年3月、愛華みれディナーショー『LA GARE』
  • 1999年5月、'99TCAスペシャル『ハロー!ワンダフル・タイム』
  • 1999年10月、第40回公演記念『宝塚舞踊会』
  • 1999年10月、『茂山忠三郎レッスン発表会』
  • 2000年9月、TCAスペシャル2000『KING OF REVUE』
  • 2000年9月、伊織直加ディナーショー『LOVE BEAT』
  • 2000年10月、第41回『宝塚舞踊会』
  • 2001年1月、瀬奈じゅんディナーショー『VIRTUAL GUY!』
  • 2001年6月、TCAスペシャル2001『タカラヅカ夢世紀』
  • 2001年8 - 9月、愛華みれディナーショー『Felicita Arcobaleno』
  • 2002年1月、『大滝愛子バレエ・レッスン発表会』
  • 2002年12月、『吉崎憲治オリジナルコンサート』
  • 2003年6月、TCAスペシャル2003『ディア・グランド・シアター』
  • 2003年7月、『宝塚巴里祭2003』
  • 2004年7月、TCAスペシャル2004『タカラヅカ90』
  • 2004年11月、『ベルサイユのばら30
  • 2005年4月、TCAスペシャル2005『Beautiful Melody Beautiful Romance』
  • 2005年7月、『R・Hatter』(外部出演)
  • 2005年10月、第46回『宝塚舞踊会』
  • 2005年12月、『花の道 夢の道 永遠の道』
  • 2006年4月、蘭寿とむディナーショー『Sensation!』 主演[14]
  • 2006年9月、TCAスペシャル2006『ワンダフル・ドリーマーズ』
  • 2007年9月、TCAスペシャル2007『アロー!レビュー!』
  • 2007年9月、『TAKARAZUKA SKY STAGE5th Anniversary Special』
  • 2007年10月、第48回『宝塚舞踊会』
  • 2008年10月、第49回『宝塚舞踊会』
  • 2009年11月、第50回記念『宝塚舞踊会』
  • 2009年12月、タカラヅカスペシャル2009『WAY TO GLORY』
  • 2010年12月、タカラヅカスペシャル2010『FOREVER TAKARAZUKA』
  • 2011年3月、蘭寿とむディナーショー『MUGEN!』 主演[15]
  • 2011年11月、第51回『宝塚舞踊会』
  • 2011年12月、タカラヅカスペシャル2011『明日に架ける夢』
  • 2012年12月、タカラヅカスペシャル2012『ザ・スターズ!〜プレ・プレ・センテニアル〜』
  • 2013年12月、蘭寿とむディナーショー『T-ROAD』 主演[16]
  • 2014年4月、宝塚歌劇100周年 夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

ドラマ[編集]

webドラマ[編集]

アルバム[編集]

受賞歴[編集]

  • 2003年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2002年度新人賞
  • 2006年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2005年度努力賞
  • 2009年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2008年度努力賞
  • 2011年、『阪急すみれ会パンジー賞』 - 男役賞
  • 2012年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2011年度優秀賞[22]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 蘭寿とむ 公式プロフィール GR PROMOTION。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w スターファイル/花組・蘭寿とむインタビュー 朝日新聞社。
  3. ^ a b c 46歳蘭寿とむが第1子出産「愛おしい命の誕生に胸がいっぱい」 夫は松岡修造のいとこ デイリースポーツ。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l 蘭寿とむ「悔いなし」5月退団へ会見 日刊スポーツ。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 蘭寿とむ メモリアル 宝塚歌劇公式HP。
  6. ^ a b c 100年史(舞台) 2014, p. 312.
  7. ^ a b c d e f g h i フェアリー・インタビュー ウィズたからづか。
  8. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 312-313.
  9. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 237.
  10. ^ a b c d e f g h i フェアリー・インタビュー ウィズたからづか。
  11. ^ 『2010年宝塚 Stage Album』 阪急コミュニケーションズ、2011年、81頁。ISBN 978-4-484-11502-3
  12. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 335.
  13. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 313.
  14. ^ 蘭寿とむディナーショー「Sensation!」(’06年・宝塚ホテル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  15. ^ 蘭寿とむディナーショー「MUGEN!」(’11年・宝塚ホテル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  16. ^ 蘭寿とむディナーショー「T-ROAD」('13年・宝塚ホテル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  17. ^ 元宝塚・蘭寿とむ、民放連ドラ初レギュラー決定「1つ1つを大切に…」”. ORICON STYLE (2016年2月4日). 2016年2月4日閲覧。
  18. ^ 元宝塚スター・蘭寿とむ、中谷美紀主演ドラマで民放連ドラに初レギュラー出演!”. cinemacafe.net (2016年2月4日). 2016年3月16日閲覧。
  19. ^ 【蘭寿とむ】ドラマ「アンダーウェア」出演情報|トピックス”. GR PROMOTION公式サイト (2015年8月30日). 2015年9月4日閲覧。
  20. ^ 蘭寿とむ、宝塚卒業後ドラマ初出演!先輩・大地真央と夢の共演”. スポニチアネックス (2015年11月11日). 2015年11月11日閲覧。
  21. ^ 元宝塚トップスター蘭寿とむ、CDデビュー”. CD Journal (2015年8月24日). 2015年8月25日閲覧。
  22. ^ 『2012年宝塚 Stage Album』 阪急コミュニケーションズ、2013年、81頁。ISBN 978-4-484-13505-2

注釈[編集]

  1. ^ 5/9〜15はベルリン公演出演のため休演。
  2. ^ 7/1〜17はベルリン公演出演のため休演。
  3. ^ 北翔海莉と役替わり。
  4. ^ 1/7〜10のみ特別出演。
  5. ^ 3/24〜28のみ蘭乃はなと特別出演。
  6. ^ 森公美子とWキャスト。

参考文献[編集]

  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3 

外部リンク[編集]