Cocktail -カクテル-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Cocktail』-カクテル-は宝塚歌劇団舞台作品。花組[1][2][3][4]公演。形式名は「レビュー・アラモード[1][2][5][4]」、宝塚・東京・博多座は24場[1][2][5]

作・演出は藤井大介[1][2][5][4]。宝塚・東京・全国ツアー公演の併演作品は『琥珀色の雨にぬれて[1][2][4]』、博多座は『あかねさす紫の花[5]』。

博多座[5]では春野寿美礼に合わせて内容を一部変更している。全国ツアー[4]の変更点は第3章を「テキーラ〜ドリーミング・ウエーブ〜」に変更。

解説[編集]

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演[6]参考。

振付にANJU(元宝塚歌劇団花組トップスターの安寿ミラ)を起用した大階段の黒燕尾姿やダンスや、情熱的に踊り歌うラテンメドレーなど、男役の美学を凝縮された、華やかでノリのいいお洒落な作品。

宝塚・東京は花組トップスター・匠ひびきの退団公演。

公演期間と公演場所[編集]

全国ツアーの日程[編集]

スタッフ[編集]

※氏名の後ろに「宝塚[1]」、「東京[2]」、「博多座[5]」、「全国ツアー[4]」の文字がなければ全公演共通。

主な配役[編集]

宝塚・東京[編集]

宝塚
  • バッカス、カクテル・キング、コニャックS、グラッド・アイ、ジャマイカ・ジョー、ブラック・トルネード、マイタイ、チャーリー、カクテル・キング、スペシャル・カクテル - 匠ひびき[1]
  • カクテル・クイーン、アルマニャックS、オーロラ、シルビア、クラウディア、ウォッカS、カクテル・クイーン、カクテル・ドールS - 大鳥れい[1]
  • ロイヤル・カルテット、ブレイブ・ブル、ミリオネア、ロブ・ロイ、キール、カクテル・ガイA - 春野寿美礼[1]
  • ロイヤル・カルテット、プリメーラ、グリーン・アイズ、ハンター男、カクテル・ガイ - 瀬奈じゅん[1]
  • ロイヤル・カルテット、シャルトリューズ、クリスタル・ブルー、ミント・ジュレップ、カクテル・ガイA - 彩吹真央[1]
  • ビルド、エバ・グリーン、パッション女A、ハンター女、カクテル・ドールA - 遠野あすか[1]
東京の変更点(匠ひびき・長期休演による)
  • バッカス、カクテル・キング、ジャマイカ・ジョー、ブラック・トルネード、マイタイ、チャーリー、ミッドナイト・サン、カクテル・キング、スペシャル・カクテル - 春野寿美礼[2]
  • ロイヤル・カルテット、グラッド・アイA、ウォッカA - 楓沙樹[2]
  • ロイヤル・カルテット、ミリオネア - 瀬奈じゅん[2]
  • クリスタル・ブルー - 貴月あゆむ[2]
  • グリーン・アイズ - 彩吹真央[2]
  • ロブ・ロイ - 眉月凰[2]

博多座[編集]

  • バッカス、カクテル・キング、グラッド・アイ、ジャマイカ・ジョー、ブラック・トルネード、マイタイ、スピリッツ、カクテル・キング、スペシャル・カクテル - 春野寿美礼[3]
  • ロイヤル・デュエット、カクテル・クイーン - 大鳥れい[3]
  • ロイヤル・デュエット、カンパリA、ミリオネア、ハンター男、ウォッカA、カクテル・ガイA - 瀬奈じゅん[3]
  • カンパリA、ブレイブ・ブル、クリスタル・ブルー、ロブ・ロイ、カクテル・ガイA - 眉月凰[3]
  • エバ・グリーン、ハンター女、カクテル・エトワール - 舞風りら[3]

全国ツアー[編集]

  • カクテル・キング、クラブの男1、グラッド・アイ、ブラック・トルネード、マイタイ、スピリッツ、カクテル・キング、スペシャル・カクテル - 春野寿美礼[4]
  • カクテル・クイーン、クラブの女S、シルビア、クラウディア、ウォッカS、カクテル・クイーン、カクテル・ドールS - ふづき美世[4]
  • カンパリA、クラブの男、ジャマイカジョー、ハンター男、キール、カクテル・ガイS - 蘭寿とむ[4]
  • カンパリA、クラブの男A、プリメーラ、ミリオネア、ハンター男、ウォッカA、キール、カクテル・ガイA - 愛音羽麗[4]
  • クリスタル・ブルー、ロブ・ロイ - 眉月凰[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af 90年史 2004, p. 144.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 90年史 2004, p. 148.
  3. ^ a b c d e f g 90年史 2004, p. 151.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 90年史 2004, p. 172.
  5. ^ a b c d e f g h 90年史 2004, p. 152.
  6. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 184.

参考文献[編集]

  • 編集:森照実春馬誉貴子相井美由紀山本久美子、執筆:國眼隆一『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』宝塚歌劇団、2004年4月20日。ISBN 4-484-04601-6
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3

外部リンク[編集]