紫門ゆりや

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

紫門 ゆりや(しもん ゆりや、12月28日[1] - )は、宝塚歌劇団専科に所属する男役スター。

愛知県名古屋市[1]名東高等学校出身[1]。身長171㎝[1]。愛称は「ゆり」[1]

来歴[編集]

2003年、宝塚音楽学校入学。

2005年、宝塚歌劇団に91期生として次席入団[2][3]花組公演「マラケシュ・紅の墓標エンター・ザ・レビュー」で初舞台[1][2]。その後、月組に配属[2]

2011年の「アルジェの男」で新人公演初主演[2]。新人公演最終学年となる入団7年目での抜擢となった[2]

2021年8月16日付で専科へと異動[3][1]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

月組時代[編集]

専科時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2006年11月、『夢のメモランダム』
  • 2007年9月、TCAスペシャル2007『アロー!レビュー!』
  • 2008年3月、『ME AND MY GIRL』前夜祭
  • 2011年12月、タカラヅカスペシャル2011『明日に架ける夢』
  • 2012年4 - 5月、明日海りおディナーショー『Z-LIVE』
  • 2012年12月、タカラヅカスペシャル2012『ザ・スターズ!〜プレ・プレ・センテニアル〜』
  • 2014年12月、タカラヅカスペシャル2014『Thank you for 100 years』
  • 2015年8月、星条海斗ディナーショー『Flügel』
  • 2015年12月、タカラヅカスペシャル2015『New Century,Next Dream』
  • 2016年12月、タカラヅカスペシャル2016『Music Succession to Next』
  • 2017年12月、タカラヅカスペシャル2017『ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』
  • 2018年12月、タカラヅカスペシャル2018『Say! Hey! Show Up!!』

TV出演[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『宝塚おとめ 2021年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2021年、44頁。ISBN 978-4-86649-158-5
  2. ^ a b c d e f g h i j 「アルジェの男」の新人公演で骨太で男くさい一面を魅せる ウィズたからづか。
  3. ^ a b c 【宝塚歌劇】月組の紫門ゆりや、輝月ゆうまが8月に専科異動 スターぞろいの95期初の専科生に 中日スポーツ。

注釈[編集]

  1. ^ 1幕のみ。

参考文献[編集]

  • 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』 阪急コミュニケーションズ、2014年。ISBN 978-4-484-14600-3

外部リンク[編集]