紫門ゆりや

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

紫門 ゆりや(しもん ゆりや、12月28日[1] - )は、宝塚歌劇団月組に所属する男役。

愛知県名古屋市[1]名東高等学校出身[1]。身長171㎝[1]。愛称は「ゆり」[1]

来歴[編集]

2003年4月、宝塚音楽学校入学。同期には元宙組トップ娘役野々すみ花、元雪組トップ娘役愛加あゆ鳳真由、現役に音波みのり澄輝さやと天寿光希らがいる。

2005年3月、宝塚歌劇団に91期生として入団。入団時の成績は2番。花組公演「マラケシュ・紅の墓標エンター・ザ・レビュー」で初舞台。その後、月組に配属。

2008年7月から1年間、TAKARAZUKA SKY STAGEの第7期スカイ・フェアリーズを蘭乃はなと務める。

2011年、「アルジェの男」で、新人公演初主演。

2013年、「ベルサイユのばら」では、フェルゼンを演じる。同年7月より2年間、TAKARAZUKA SKY STAGEの第2期スカイ・ナビゲーターズを白雪さち花と務める。

主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

  • 2005年3月~5月、花組『マラケシュ・紅の墓標/エンター・ザ・レビュー』(宝塚大劇場のみ)

月組配属後[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2017年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年、49頁。ISBN 978-4-86649-004-5

外部リンク[編集]