芹香斗亜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

芹香 斗亜(せりか とあ、1月20日[1] - )は、宝塚歌劇団宙組に所属する男役。宙組2番手スター[2][3][4]

兵庫県神戸市[1]神戸海星女子学院中学校出身[1]。身長173cm[1]。血液型B型[5]。愛称は「キキ」[1]

来歴[編集]

2005年、宝塚音楽学校入学。

2007年、宝塚歌劇団に93期生として入団[6][7][2]。入団時の成績は28番[8]星組公演「さくら/シークレット・ハンター」で初舞台[9][7]。その後、星組に配属[7][2]

2010年の「愛と青春の旅だち」で新人公演初主演[10][11][9]。入団4年目での抜擢となった[9][11]

2012年4月2日付で花組へと組替え[12][13][2]。同年の「サン=テグジュペリ」で2度目の新人公演主演[14][12]。その後も3作連続で新人公演主演を務める。

2013年の「フォーエバー・ガーシュイン」でバウホール公演初主演[15][6][7]

2015年、明日海りお花乃まりあトップコンビ大劇場お披露目となる「カリスタの海に抱かれて/宝塚幻想曲」より、新生花組の2番手に昇格[16][17][2]

2017年の「MY HERO」(TBS赤坂ACTシアター・ドラマシティ公演)で、東上公演初主演[18][13]。同年10月30日付で宙組へと組替え[13][2][3]

2019年の「群盗」(ドラマシティ・日本青年館公演)で、宙組2番手として2度目の東上公演主演[19][20][2][21][4]

2021年の「プロミセス、プロミセス」(ドラマシティ・東京建物 Brillia HALL公演)で、3度目となる東上公演主演[21][4]

人物[編集]

父は元プロ野球選手の山沖之彦、母は元タカラジェンヌの白川亜樹[16][9]

母親の影響で物心つく前から宝塚の舞台を観ていたが、周囲の人に「あなたも宝塚を受けるんでしょ」と言われることが嫌になり、小学校入学後は観劇しなくなっていた[9][11]

中学3年生の時に、歴史好きの友人に誘われて数年ぶりに観た月組公演「飛鳥夕映えタカラヅカ絢爛II」で、華やかで歴史も学べる宝塚の面白さに目覚め、再び劇場に通うようになった[9]。仲の良い友人が海外留学を決意したことに刺激され、中学3年生の誕生日に音楽学校を受験することを決心した[5][9]。その後、2ヶ月間の準備期間を経て、初めての受験で合格した[9]

芸名は家族で考え、「芹香」は「天空の」という意味を持つ自動車の名前セリカから、「斗亜」は母の芸名から1字貰い、赤ちゃんの名付け辞典から決めた[5]

愛称の「キキ」は、サンリオのキャラクター「リトルツインスターズ」のキキララに似ていると、安蘭けいが命名したことによる[2]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

星組時代[編集]

花組時代[編集]

宙組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2011年7月、轟悠ディナーショー『Rendez-Vous〜今宵きみと〜』
  • 2011年12月、タカラヅカスペシャル2011『明日に架ける夢』
  • 2012年12月、タカラヅカスペシャル2012『ザ・スターズ!〜プレ・プレ・センテニアル〜』
  • 2014年7月、『宝塚巴里祭2014』
  • 2014年12月、タカラヅカスペシャル2014『Thank you for 100 years』
  • 2015年9月、第53回『宝塚舞踊会』
  • 2016年4月、『ME AND MY GIRL』前夜祭
  • 2016年12月、タカラヅカスペシャル2016『Music Succession to Next』
  • 2017年12月、タカラヅカスペシャル2017『ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』[3]
  • 2018年2月、『宙組誕生20周年記念イベント』
  • 2018年7月、『宝塚巴里祭2018』 主演[22]
  • 2019年10月、第55回『宝塚舞踊会〜祝舞御代煌(いわいまうみよのきらめき)〜』
  • 2019年12月、タカラヅカスペシャル2019『Beautiful Harmony』

TV出演[編集]

広告・CM出演[編集]

受賞歴[編集]

  • 2013年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2012年度新人賞
  • 2017年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2016年度努力賞
  • 2020年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2019年度努力賞[24]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2022年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2022年、130頁。ISBN 978-4-86649-189-9
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 芹香斗亜、異動後初センター「群盗」26日から東京公演スタート!”. スポーツ報知. 2019年2月3日閲覧。
  3. ^ a b c タカラヅカの祭典で宙組新トップコンビ初お目見え!芹香斗亜も宙組デビュー スポーツ報知。
  4. ^ a b c d e 宝塚宙組・芹香斗亜が「プロミセス、プロミセス」で持ち前のコメディーセンス発揮 スポーツ報知。
  5. ^ a b c 『RISING STAR GUIDE 2013』 阪急コミュニケーションズ、2013年、74-75頁。ISBN 978-4-484-13507-6
  6. ^ a b c d e 名取千里 (2013年9月1日). “新人公演で主演し、ショーでは初の女役で トップとデュエットダンスを。”. ウィズたからづか. http://www.with-takarazuka.com/fairy/2013/09/ 2019年10月23日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f g 阪急交通社 新イメージキャラクターに宝塚歌劇団花組 芹香斗亜(せりか とあ)を起用”. 阪急交通社プレスリリース (2015年4月20日). 2015年4月20日閲覧。
  8. ^ 100年史(人物) 2014, p. 119.
  9. ^ a b c d e f g h i プレシャス宝塚「大型新人は度胸満点/芹香斗亜」”. nikkansports.com. 2013年12月9日閲覧。
  10. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 318.
  11. ^ a b c d e f フェアリーインタビュー 星組 芹香斗亜”. ウィズたからづか. 2013年12月9日閲覧。
  12. ^ a b c d e プレシャス宝塚「度胸満点!!飛躍します!!/芹香斗亜」”. nikkansports.com. 2013年12月9日閲覧。
  13. ^ a b c d e “花組2番手スター芹香斗亜が10・30付で宙組へ”. 日刊スポーツ. (2017年7月7日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1851619.html 2019年10月10日閲覧。 
  14. ^ a b c d 100年史(舞台) 2014, p. 320.
  15. ^ a b c 100年史(舞台) 2014, p. 244.
  16. ^ a b c 元阪急・山沖氏の愛娘が宝塚花組二番手 デイリースポーツ。
  17. ^ a b フレッシュさ満点、花組新時代の幕開けを感じる スターファイル。
  18. ^ a b 橘涼香 (2017年3月19日). “宝塚歌劇が特撮ヒーローものに挑んだ芹香斗亜東京初主演作品!宝塚花組公演『MY HERO』”. 宝塚ジャーナル. http://takarazuka-j.blog.jp/archives/1878329.html 2019年10月23日閲覧。 
  19. ^ a b 芹香斗亜率いる若手の力量を感じさせる宝塚宙組公演『群盗-Die Räuber-』”. 宝塚ジャーナル. 2019年10月8日閲覧。
  20. ^ a b 宝塚・芹香斗亜、宙組組替後初主演「絆を大切に」 デイリースポーツ。
  21. ^ a b c d 宙組芹香斗亜2年9カ月ぶり主演、男役15年の包容力で「宝塚の二枚目像」 日刊スポーツ。
  22. ^ 宝塚巴里祭2018('18年・ホテル阪急インターナショナル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  23. ^ タカラジェンヌ7名がCMに一挙出演! 美しい“歩き”を颯爽と披露 ORICON STYLE。
  24. ^ 『2020年宝塚 Stage Album』 宝塚クリエイティブアーツ、2021年、55頁。ISBN 978-4-86649-159-2

注釈[編集]

  1. ^ a b 柚香光と役替わり。
  2. ^ a b 鳳月杏と役替わり。
  3. ^ 瀬戸かずやと役替わり。
  4. ^ 水美舞斗と役替わり。

参考文献[編集]

  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3 
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0 

外部リンク[編集]