宝塚歌劇団10期生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

宝塚歌劇団10期生(たからづかかげきだん10きせい)は、1920年(大正9年)に宝塚歌劇団(当時の名称は宝塚音楽歌劇学校/宝塚少女歌劇団[注釈 1])に入団し、1921年(大正10年)もしくは1922年(大正11年)に初舞台を踏んだ20名を指す[2]

一覧[編集]

1921年初舞台[編集]

※同じ初舞台グループで分けている[2]

芸名[2] 読み仮名[2] 誕生日 出身地 出身校 芸名の由来 愛称 役柄 退団年[2] 備考
稻葉とし子 いなば としこ 北海道旭川市[3] 百人一首 1925年 在団中に逝去[4]
妹は山野松子[5]朱雀葉子[5]
沖津浪子 おきつ なみこ 兵庫県神戸市[6] 百人一首 かっちゃん 男役 1925年 白井鐵造夫人[7]
音羽瀧子 おとわ たきこ 和歌山県田辺市[8][9] 百人一首 娘役 1927年 堀正旗夫人[7]
妹は白濱小浪[10]
姪は音羽滝子
甥は宝塚歌劇団作曲家・高橋城
瀧野久子[5] たきの ひさこ 大阪府大阪市淀川区[11] 百人一首 1928年 実兄は作曲家の山内匡二[5]
千早多津子 ちはや たつこ 3月25日[12] 大阪府大阪市天王寺区[13] 百人一首 男役 1934年
芸名[2] 読み仮名[2] 誕生日 出身地 出身校 芸名の由来 愛称 役柄 退団年[2] 備考
芦野波江 あしの なみえ 大阪府大阪市東成区[11] 百人一首 1931年
嵐雪子 あらし ゆきこ 大阪府大阪市中央区[14] 百人一首 1924年
滋賀立子 しが りつこ 滋賀県大津市[15] 百人一首 娘役 1925年
白菊初子 しらぎく はつこ 兵庫県西宮市[16] 百人一首 1931年
住野加代子 すみの かよこ 百人一首 不明
富士野高子 ふじの たかこ 大阪府大阪市西区[15] 百人一首 1926年 娘は藤乃高子[17]
槙野のぼる まきの のぼる 大阪府大阪市北区[13] 百人一首 1924年 在団中に逝去[4]
若沼月香 わかぬま つきか 大阪府大阪市北区[18] 百人一首 1925年
芸名[2] 読み仮名[2] 誕生日 出身地 出身校 芸名の由来 愛称 役柄 退団年[2] 備考
白妙衣子 しろたえ きぬこ 京都府京都市下京区[18] 百人一首 娘役 1926年
原幹子 はら みきこ 大阪府大阪市淀川区[16] 百人一首 1925年 姉は篠原淺茅
夢路すみ子 ゆめじ すみこ 京都府京都市[19] 百人一首 娘役 1926年 妹は岸小枝子
芸名[2] 読み仮名[2] 誕生日 出身地 出身校 芸名の由来 愛称 役柄 退団年[2] 備考
岸小枝子 きし さえこ 京都府京都市[19] 百人一首 娘役 1931年 姉は夢路すみ子
岸浪子 きし なみこ 百人一首 不明

1922年初舞台[編集]

芸名[2] 読み仮名[2] 誕生日 出身地 出身校 芸名の由来 愛称 役柄 退団年[2] 備考
網代木渡 あじろぎ わたる 山形県鶴岡市[20] 百人一首 1930年 妹は直木眞弓[5]愛鶴千足[5]
渡瀬しも子 わたせ しもこ 岐阜県高山市[20] 百人一首 1924年

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1939年に分離されるまで学校と劇団は一体的に運営されており、入学イコール入団であった[1]

出典[編集]

  1. ^ 90年史 2004, p. 180.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 100年史(人物) 2014, p. 8.
  3. ^ 橋詰 1923.
  4. ^ a b 100年史(人物) 2014, p. 76.
  5. ^ a b c d e f 『エスエス』、東宝発行所、1938年3月号
  6. ^ 橋詰 1923, p. 65.
  7. ^ a b 宇佐見正「あゆみI (1914〜32)」 『おお宝塚60年―「ドンブラコ」から「ベルばら」まで』朝日新聞社、1976年11月30日、55頁。 
  8. ^ 河原蓬 『寳塚歌劇少女の生活』育文館書店、1922年11月25日。doi:10.11501/911938 
  9. ^ 橋詰 1923, p. 77.
  10. ^ 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1929年6月1日、111号、P69
  11. ^ a b 橋詰 1923, p. 80.
  12. ^ 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1933年1月、154号
  13. ^ a b 橋詰 1923, p. 79.
  14. ^ 橋詰 1923, p. 81.
  15. ^ a b 橋詰 1923, p. 83.
  16. ^ a b 橋詰 1923, p. 87.
  17. ^ 80年史 1994, p. 196.
  18. ^ a b 橋詰 1923, p. 84.
  19. ^ a b 橋詰 1923, p. 82.
  20. ^ a b 橋詰 1923, p. 85.

参考文献[編集]

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫 著、編集統括:北川方英 編 『夢を描いて華やかに―宝塚歌劇80年史―』宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5 
  • 執筆:國眼隆一 著、編集:森照実・春馬誉貴子・相井美由紀・山本久美子 編 『すみれ花歳月を重ねて―宝塚歌劇90年史―』宝塚歌劇団、2004年4月1日。ISBN 4-484-04601-6NCID BA66869802全国書誌番号:20613764 
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0 
  • 橋詰せみ郎 『寶塚の歌劇少女』新正堂書店、1923年12月5日。