小柳日鶴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小柳 日鶴(こやなぎ ひづる)とは元宝塚歌劇団月組組長)。兵庫県川西市出身。園田高等女学校出身。芸名は父が命名。宝塚歌劇団時代の愛称はマエノちゃん。

来歴[編集]

1947年宝塚音楽学校に入学。翌1948年、宝塚歌劇団に35期生として入団し、『春のおどり (大津絵)[1]』で初舞台を踏む。宝塚入団時の成績は46人中20位[1]

1975年から1976年まで月組副組長を務める。

1989年3月3日[1]で宝塚歌劇団を退団。最終出演公演の演目は星組中日劇場公演『戦争と平和[1]』である。

人物[編集]

宝塚歌劇団時代の配属組[1]、星、、月、演劇専科の順である。

宙組副組長・貴柳みどりは小柳の姪にあたる。

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

  • 南の哀愁』酋長 役(1964年3月:宝塚大劇場
  • ローレライ』ルートリッヒ 役(1966年9月:宝塚大劇場)
  • オクラホマ!』エラム 役(1967年7月:宝塚大劇場)
  • 霧深きエルベのほとり』ロンバルト 役(1967年1月 - 2月:宝塚大劇場、4月:東京宝塚劇場
  • ウエストサイド物語』ドック 役(1968年8月 - 9月:宝塚大劇場)
  • 嵐が丘』リントン 役(1969年10月 - 11月:宝塚大劇場)
  • 『霧深きエルベのほとり』ロンバルト 役(1973年5月 - 6月:宝塚大劇場、8月:東京宝塚劇場)
  • ベルサイユのばらIIIヨーゼフ2世 役(1976年8月:東京宝塚劇場)
  • 風と共に去りぬ』ミード博士 役(1978年2月 - 3月:宝塚大劇場、4月 - 5月:福岡市民会館、5月:小倉市民会館、7月:東京宝塚劇場)
  • うたかたの恋』ロシェック 役(1983年5月 - 6月:宝塚大劇場、12月:東京宝塚劇場)
  • 我が愛は山の彼方に』李将軍 役(1984年6月 - 8月:宝塚大劇場、11月:東京宝塚劇場)
  • 愛あれば命は永遠に』ポンピニアン夫人 役(1985年3月 - 5月:宝塚大劇場、7月:東京宝塚劇場)
  • 二都物語』エヴレモンド侯爵 役(1985年5月 - 6月:宝塚大劇場、8月:東京宝塚劇場)
  • レビュー交響楽』セドリック・ジーグフェルド 役(1986年3月 - 5月:宝塚大劇場、7月:東京宝塚劇場)
  • 別離の肖像』ミセス・ロジャース 役(1987年6月 - 8月:宝塚大劇場、11月:東京宝塚劇場)
  • 『風と共に去りぬ』ミード博士 役(1988年1月 - 2月:宝塚大劇場、4月:東京宝塚劇場)
  • 戦争と平和』ボルコンスキー公爵/軍医ドルベッカーヤ 役(1988年8月 - 9月:宝塚大劇場、12月:東京宝塚劇場、1989年2月:中日劇場

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』、阪急コミュニケーションズ2014年4月1日、P44。ISBN 9784484146010