コンテンツにスキップ

宝塚歌劇団3期生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

宝塚歌劇団3期生(たからづかかげきだん3きせい)は、1915年に宝塚音楽歌劇学校に入学し、同年〜1916年に宝塚少女歌劇団の初舞台を踏んだ4名を指す[注釈 1][1]

主な生徒

[編集]

OG

[編集]

一覧

[編集]

[注釈 2]

芸名[3] 読み仮名[3] 誕生日 出身地 出身校 身長 愛称 役柄 配属[3] 退団年[3] 備考
宇治朝子 うじ あさこ ―― 1918年死去[4]
芸名[3] 読み仮名[3] 誕生日 出身地 出身校 身長 愛称 役柄 配属[注釈 3][3] 退団年[3] 備考
高砂松子 たかさご まつこ 花組 1925年 妹は神代錦[5]
芸名[3] 読み仮名[3] 誕生日 出身地 出身校 身長 愛称 役柄 配属[3] 退団年[3] 備考
小川夏子 おがわ なつこ ―― 1919年
高濱喜久子 たかはま きくこ ―― 1921年

脚注

[編集]

注釈

[編集]
  1. ^ 当時の音楽学校と歌劇団は一体であり、入学イコール入団であった。
  2. ^ 同じ初舞台グループで分けている。
  3. ^ 組分け後。

出典

[編集]

参考文献

[編集]
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0