木村信司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

木村 信司(きむら しんじ、1962年 - )[1]は、宝塚歌劇団所属の演出家千葉県出身[1]

略歴[編集]

1988年、早稲田大学第二文学部卒業後、宝塚歌劇団に入団[1]

1993年、月組公演『扉のこちら』で演出家デビューした[1]

宝塚歌劇団での舞台作品[編集]

脚本・演出[編集]

大劇場作品(宝塚大劇場東京宝塚劇場[編集]

その他の劇場の作品[編集]

演出のみ[編集]

イベントの構成・演出[編集]

  • ’99TCAスペシャル『ハロー!ワンダフル・タイム』(1999年 宝塚大劇場)*共同演出
  • TCAスペシャル2001『タカラヅカ夢世紀』(2001年 宝塚大劇場)*演出のみ、共同演出
  • TCAスペシャル2004『タカラヅカ90-100年への道-』(2004年 宝塚大劇場)*演出のみ、共同演出
  • 『タカラヅカスペシャル2009 ~WAY TO GLORY~』(2009年 梅田芸術劇場メインホール)*共同演出
  • 宝塚歌劇100周年 夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』(2014年 宝塚大劇場)*共同演出

新人公演担当(1990年以降)[編集]

サヨナラショーの演出[編集]

演出助手(1994年以降)[編集]

(2001年『プロヴァンスの碧い空』以降は演出補として)

宝塚歌劇団以外での舞台作品[編集]

脚本・演出[編集]

モーニング娘。の楽曲「わたしがついてる」に歌詞を提供している。)

受賞歴[編集]

参考文献[編集]

  • 宝塚歌劇団『宝塚歌劇90年史 すみれ花歳月を重ねて』ISBN 4484046016

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 宝塚の演出家・木村信司が、若手ジャニーズとつくる音楽劇『コインロッカー・ベイビーズ』にかける思い (1) 宝塚とジャニーズの共通点” (日本語). マイナビニュース (2016年5月18日). 2020年11月7日閲覧。
  2. ^ 1994年にロンドン公演で再演(主演:安寿ミラ
  3. ^ 2003年に博多座で再演
  4. ^ 2005年に中日劇場で再演
  5. ^ 2016年に博多座で再演
  6. ^ 酒井澄夫との共同演出
  7. ^ 脚本は柴田侑宏
  8. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2021年5月22日閲覧。
  9. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2021年5月22日閲覧。
  10. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2021年5月22日閲覧。
  11. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2021年5月22日閲覧。
  12. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2021年5月22日閲覧。
  13. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2021年6月19日閲覧。
  14. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2021年5月22日閲覧。
  15. ^ A.B.C-Z橋本&河合、村上龍「コインロッカー・ベイビーズ」舞台化で主演!”. シネマトゥデイ (2015年10月5日). 2015年10月6日閲覧。

外部リンク[編集]