ミリオン・ドリームズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ミリオン・ドリームズ』は宝塚歌劇団によって制作された舞台作品。1993年の宝塚と1999年の全国ツアーは月組[1][2][3]、1994年のロンドンは全組から選抜による[4]公演。1993年の宝塚における本公演、1994年のロンドン公演、1999年の全国ツアーの形式名は「グランド・ショー[1][5][3]」。1993年の宝塚における本公演と1999年の全国ツアーは24場[1][3]。作・演出は三木章雄[1][5][3]。併演作品は1993年の宝塚・本公演[1]と1994年[6]が『花扇抄 -花姿恋錦絵-』と『扉のこちら』、1999年[3]が『うたかたの恋』。1993年の月組公演は天海祐希宝塚大劇場・トップお披露目公演演目の一つであった。

公演期間と公演場所[編集]

1999年・全国ツアーの日程[編集]

解説[編集]

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演[7]参考。

暗闇の中に無限のリズムが響く時、新しいビートが新しいスターを生み出す。百万のリズムが息づき、輝き始めるステージ。百万の夢が、ある時は美しく、またある時は激しく、ジャズ、ラテン、ロックのリズムに乗って躍動する。

スタッフ[編集]

※氏名の後ろに「宝塚[1]」「ロンドン[5]」「全国[8]」の文字がなければ全公演共通。

主な配役[編集]

1993年・宝塚[編集]

本公演[編集]

新人公演[編集]

  • 紳士S、レッドベレー、恋人、ピグマリオン、スターS - 姿月あさと[2]
  • 淑女S、キッズ女、恋人、スター女 - 風花舞[2]
  • 紳士、芸術家、プレイボーイ、ダンサー男 - 汐風幸[2]
  • キッズ男 - 卯城薫[2]
  • 司会者 - 木南あづさ[2]
  • 紳士、ダークドールA、ダンサー男 - 樹里咲穂[2]
  • 紳士、ピグマリオン(子供) - 彩輝直[2]
  • 紳士、シンガー - 成瀬こうき[2]

1994年・ロンドン[編集]

  • 踊る紳士S、トロピカル・ダンディ、パッショーネ男S、歌手男、ピグマリオン、ファイナルダンサーS、パレードの男 - 安寿ミラ[5]
  • 歌う紳士S、レッドベレーS、ダークドールA、ファイナルダンサー - 真琴つばさ[5]
  • 歌う紳士、ピアニスト、レッドベレー、パッショーネ男歌手、ファイナルダンサー - 香寿たつき[5]
  • 踊る淑女S、トロピカル・ガールA、歌手女 - 月影瞳[5]
  • 踊る淑女、音符の精A、キッズ女S、フランス人形S - 風花舞[5]
  • レッドベレー、パッショーネ男A、ピグマリオン・子供、ドリームダンサー歌手 - 和央ようか[5]

1999年・全国[編集]

  • 歌う紳士S、踊るスター・男、レッド・ベレーS、トリステーザ男、パッショーネ男S、歌手・男S、ピグマリオン、ドリーム・スター男S、パレードの男S - 真琴つばさ[9]
  • 踊るスター・女、トリステーザ女、歌手・女S、ドリーム・スター女S、パレードの女S - 檀れい[9]
  • 踊る紳士S、エクレール・プランS、ダークドールA、ドリーム・ダンサー男A、ドリーム・スター男A、パレードの男・歌手 - 大和悠河[9]
  • 踊る紳士A、シンガー男A、パッショーネ男A、ドリーム・ダンサー男S、パレードの歌手 - 汐美真帆[9]
  • 踊る淑女A、キッズ女S、パッショーネ歌手、ドリーム・シンガー、エトワール - 千紘れいか[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 80年史 1994, p. 361.
  2. ^ a b c d e f g h i j 80年史 1994, p. 364.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n 90年史 2004, p. 104.
  4. ^ a b 90年史 2004, p. 33.
  5. ^ a b c d e f g h i 90年史 2004, p. 34.
  6. ^ 90年史 2004, pp. 33-34.
  7. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 170.
  8. ^ 90年史 2004, pp. 104-105.
  9. ^ a b c d e 90年史 2004, p. 105.

参考文献[編集]