石田昌也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石田 昌也(いしだ まさや、1956年 - )[1]は、宝塚歌劇団に所属する演出家で同劇団の理事[2]兵庫県宝塚市出身[1]

来歴・人物[編集]

1979年玉川大学文学部卒業後に宝塚歌劇団に演出助手として入団[1]1986年に雪組バウホール公演『恋のチェッカー・フラッグ』で演出家デビュー[3]1991年に月組『ブレイク・ザ・ボーダー』で初の大劇場公演を担当する[1]

1993年には雪組で当時のトップスター、一路真輝のお披露目公演となる『TAKE OFF!』の演出を担当。その後も『ザッツ・レビュー!』など、着実に上演作品を重ね、芝居とレビューの両方の演目を演出を手掛けられる存在として活動している。

宝塚歌劇団での舞台作品[編集]

大劇場(ショー・レビュー)[編集]

大劇場(芝居)[編集]

その他劇場[編集]

  • 『恋のチェッカー・フラッグ』(雪組:宝塚バウホール・1986年)*演出家デビュー作
  • 『青春の旋風』-リトル・ヒーロー三四郎-(月組:宝塚バウホール・1987年)
  • 『硬派・坂本竜馬!』(花組:宝塚バウホール・1989年、花組:シアタードラマシティ・1996年)*再演時のタイトルは『RYOMA』
  • 『太陽に背を向けて』(星組:宝塚バウホール・1990年)
  • 『カウントダウン!』(月組:宝塚バウホール、日本青年館愛知文化講堂・1991年 - 1992年)
  • 『恋人たちの神話』(雪組:宝塚バウホール・1992年)
  • 『ライト、シャドウ』(星組・雪組:シアタードラマシティ・1993 - 1994年)
  • 『ライド・オン』(花組・雪組:宝塚バウホール・1994年)
  • 殉情』(星組:宝塚バウホール、日本青年館・1995年、雪組:シアタードラマシティ、赤坂ACTシアター・2002年、宙組:宝塚バウホール・2008年)
  • 銀ちゃんの恋』(月組:宝塚バウホール・1996年、花組:シアタードラマシティ、日本青年館・2008年、宙組:全国ツアー・2010年)
  • 『再会』(雪組:全国ツアー・2002年、星組:全国ツアー・2009年)
  • 『大坂侍』(月組:宝塚バウホール、日本青年館・ 2007年)
  • 『フィフティ・フィフティ』(花組:宝塚バウホール・2009年)
  • 相棒』(花組:シアタードラマシティ、日本青年館・2009年)
  • おかしな二人』(専科・星組:宝塚バウホール・2011年、専科・花組:日本青年館・2012年)
  • 『長い春の果てに』(花組:全国ツアー・2012年)
  • 『双曲線上のカルテ』(雪組:宝塚バウホール、日本青年館・2012年)
  • 『第二章』(専科:宝塚バウホール・2013年、日本青年館・2014年)
  • 『ヴァンパイア・サクセション』(宙組:シアタードラマシティ、KAAT神奈川芸術劇場・2016年)
  • アーサー王伝説 (ミュージカル)フランス語版』(月組:文京シビックホール、シアタードラマシティ・2016年)*潤色・演出
  • 『誠の群像』(雪組:全国ツアー・2018年)
  • 『ハッスルメイツ!!』(宙組:宝塚バウホール・2018年)
  • 『パパ・アイ・ラブ・ユー』(専科:宝塚バウホール・2019年)*大野拓史との共同演出
  • ロックオペラ モーツァルト』(星組:梅田芸術劇場、東京建物 Brillia HALL・2019年)*潤色・演出
  • 『幽霊刑事(デカ)~サヨナラする、その前に~』(月組:宝塚バウホール・2021年)

コンサート[編集]

  • 真矢みきスーパーリサイタル・イン・日本武道館『MIKI in BUDOKAN』(花組:日本武道館・1998年)
  • 絵麻緒ゆうライブコンサート『YU EMAO LIVE IN BLITZ』(雪組:赤坂BLITZ・2002年)
  • 柚希礼音スーパーリサイタル『REON in BUDOKAN 〜LEGEND〜』[9](星組:日本武道館・2014年)*トータルプロデュースはSAMTRF

ディナーショー[編集]

  • 大浦みずきディナーショー『Heart to Heart』(1991年)[10]
  • 一路真輝ディナーショー『セプテンバー・ナイト』(1993年)
  • 高嶺ふぶきディナーショー『バレンタイン・キッス』(1994年)
  • 一路真輝ディナーショー『Love Songs』(1995年 - 1996年・ホテル阪急インターナショナルパレスホテル
  • 真矢みきディナーショー『nice GUY!』(1996年・ホテル阪急インターナショナル、ホテルナゴヤキャッスル、パレスホテル)
  • 真琴つばさディナーショー『加夢音〜Come on〜』(1997年・ホテル阪急インターナショナル、パレスホテル)
  • 麻路さきディナーショー『ワールド・タイム』(1998年・宝塚ホテル、パレスホテル、ホテルナゴヤキャッスル)
  • 『99宝塚パリ祭』(1999年・花組:ホテル阪急インターナショナル 出演:匠ひびき 他)
  • 香寿たつきディナーショー『Montage』(2000年・ホテル阪急インターナショナル、パレスホテル)
  • 『宝塚巴里祭2001』(2001年 星組 ホテル阪急インターナショナル 出演:安蘭けい 他)
  • 汐風幸ディナーショー『One-derful』(2002年・宝塚ホテル、ホテルグランドパレス
  • 大空祐飛ディナーショー『Spark !!』(2003年・宝塚ホテル、第一ホテル東京
  • 霧矢大夢ディナーショー『Sweet and Chic』(2004年・宝塚ホテル、第一ホテル東京)
  • 檀れいミュージック・サロン『DAN-ke schon! -ダンケ・シェーン-』(2005年・宝塚ホテル、パレスホテル)
  • 大空祐飛ディナーショー『Spark II』(2005年・宝塚ホテル、第一ホテル東京)
  • 貴城けいディナーショー『NEXT DOOR』(2006年・パレスホテル、宝塚ホテル)
  • 『宝塚巴里祭2007』(2007年・星組:ホテル阪急インターナショナル 出演:柚希礼音 他)
  • 『宝塚巴里祭2016』(2016年・星組:パレスホテル東京、ホテル阪急インターナショナル 出演:紅ゆずる 他)
  • 『宝塚巴里祭2017』(2017年・宙組:ホテル阪急インターナショナル、パレスホテル東京 出演:真風涼帆 他)

宝塚歌劇団以外の主な作品[編集]

舞台[編集]

  • 52デイズ 〜愚陀佛庵、二人の文豪〜(2017年、坊っちゃん劇場) 脚本・演出 [2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d ENAK SUMiRE STYLE | 演出家、石田昌也:すみれの国を創る人たち”. www.sankei.co.jp. 2020年12月25日閲覧。
  2. ^ a b “「漱石と子規の52日間」舞台化 脚本は宝塚歌劇団理事 愛媛”. 産経ニュース. (2016年8月20日). http://www.sankei.com/region/news/160820/rgn1608200019-n1.html 2016年8月23日閲覧。 
  3. ^ 浅田次郎氏×石田昌也 対談”. 2020年12月25日閲覧。
  4. ^ 2001年に中日劇場で続演
  5. ^ 2005年に全国ツアーで続演
  6. ^ 1998年に中日劇場で続演
  7. ^ 2003年に中日劇場で続演
  8. ^ 2014年に博多座で続演
  9. ^ 柚希礼音、日本武道館でリサイタル 真矢以来16年ぶり(スポーツ報知、2014年5月30日)
  10. ^ 監修は小原弘稔が担当

外部リンク[編集]