羽山紀代美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

羽山 紀代美(はやま きよみ、1945年1月11日 - )は、宝塚歌劇団の元星組娘役で、現在は歌劇団振付家。大阪市出身。

略歴[編集]

振付作品[編集]

  • 1983年:『オルフェウスの窓-イザーク編-』
  • 1985年:『ヒート・ウェーブ』
  • 1986年:『メモアール・ド・パリ』、『スカイ・ハイ・スカイ』、『三つのワルツ』、『パリ、それは悲しみのソナタ』
  • 1987年:『ショー・アップ・ショー』、『ザ・レビュースコープ』
  • 1988年:『ビバ!シバ!』、『ダイナモ!』、『フォーエバー・タカラヅカ』
  • 1989年:『ザ・ゲーム!』
  • 1990年:『ベルサイユのばら』、『パラダイス・トロピカーナ』
  • 1991年:『ジャンクション24』、『紫禁城の落日
  • 1993年:『パパラギ』
  • 1994年:『ラ・カンタータ!』
  • 1995年:『国境のない地図』、『バロック千一夜』
  • 1996年:『パッション・ブルー』
  • 2001年:『夢は世界を翔けめぐる』、『Jazz Mania』
  • 2002年:『With a Song in my Heart』
  • 2003年:『薔薇の封印-バンパイア・レクイエム-』
  • 2004年:『タカラヅカ・グローリー』
  • 2005年:『ASIAN WINDS! -アジアの風-』
  • 2006年:『NEVER SAY GOODBYE -ある愛の軌跡-
  • 2007年:『シークレット・ハンター』
  • 2011年:『Le Paradis!!-聖なる時間(とき)-』、『ONE』、『ノバ・ボサ・ノバ』、『めぐり会いは再び』
  • 2012年:『カノン』、『CONGA!!』、『Streak of Light』

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ2014年4月1日、62-63頁。ISBN 9784484146010

外部リンク[編集]