水美舞斗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

水美 舞斗(みなみ まいと、6月28日[1][2] - )は、宝塚歌劇団花組に所属する男役。花組2番手スター[3][2]

大阪府寝屋川市[1][2]大阪国際大和田中学校出身[1][4]。身長170cm[1][2]。愛称は「みなみ」、「マイティー」[1][2]

来歴[編集]

2007年、宝塚音楽学校入学。

2009年、宝塚歌劇団に95期生として入団[5][2]。入団時の成績は3番[5]宙組公演「薔薇に降る雨/Amour それは…」で初舞台[5]。その後、花組に配属[5]

キレのあるダンスで注目を集め[6]、2014年、明日海りお蘭乃はなトップコンビ大劇場お披露目となる「エリザベート」新人公演で、大役ルキーニに抜擢[7]

2015年、明日海りお・花乃まりあトップコンビ大劇場お披露目となる「カリスタの海に抱かれて」で、新人公演初主演[7][8]。新人公演最終学年となる入団7年目での抜擢となった[9][2]

2018年の「セニョール クルゼイロ!」でバウホール公演初主演[9][8]

2019年の「Dream On!」(バウホール公演)に前期日程のみ特別出演し、綺城ひか理飛龍つかさとメインキャストを務める[10]

2021年の「銀ちゃんの恋」(KAAT神奈川芸術劇場・ドラマシティ公演)で、東上公演初主演[8][2]

2022年の「巡礼の年/Fashionable Empire」より花組新2番手に昇格[3][2]

2023年4月28日付で専科へ異動となることが発表された[2]

人物[編集]

3歳からバレエを始め、踊ることが大好きだった[4][7]

祖母の影響で小さい頃から宝塚の舞台を観劇しており、「歌と芝居で人が人をこんなにも感動させられるんだ。ここで踊りたい」と進路を決め受験し、一発合格を果たした[4]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

花組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2011年11月、第51回『宝塚舞踊会』
  • 2013年6 - 7月、『宝塚巴里祭2013-La Chanson de Paris 99-』[11]
  • 2016年4月、『ME AND MY GIRL』前夜祭
  • 2016年12月、タカラヅカスペシャル2016『Music Succession to Next』
  • 2017年12月、タカラヅカスペシャル2017『ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』
  • 2018年12月、タカラヅカスペシャル2018『Say!Hey!Show Up!!』
  • 2019年12月、タカラヅカスペシャル2019『Beautiful Harmony』
  • 2021年1 - 2月、水美舞斗スペシャルライブ『Aqua Bella!!』 主演[6][12]
  • 2023年4月、水美舞斗ディナーショー『One and Only』 主演[2]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2022年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2022年、20頁。ISBN 978-4-86649-189-9
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 宝塚歌劇花組2番手スター・水美舞斗が来年4月28日付で専科生に スポーツ報知。
  3. ^ a b c 宝塚花組開幕 “ピアノの魔術師”役にトップ・柚香光「同じく芸に携わる者としてズシンと共感」 スポーツ報知。
  4. ^ a b c d <華宝塚>芸の道にゴールはない 水美舞斗(花組)”. 東京新聞. 2019年12月24日閲覧。
  5. ^ a b c d 100年史(人物) 2014, p. 121.
  6. ^ a b c <華宝塚>舞台人として誠実に 水美舞斗(花組) 東京新聞。
  7. ^ a b c d e f 男役10年、悲願バウ初主演 パワー爆発/水美舞斗”. 日刊スポーツ. 2018年5月10日閲覧。
  8. ^ a b c d e f 宝塚花組「銀ちゃんの恋」で水美舞斗が地元・大阪で凱旋主演「チーム一丸で」 スポーツ報知。
  9. ^ a b c d 水美舞斗、10年目初のバウ主演で踊って踊って爆発の予感”. スポーツ報知. 2018年5月10日閲覧。
  10. ^ a b c d 水美舞斗のルキーニ再び!宝塚花組「Dream On!」開幕”. スポーツ報知. 2019年5月22日閲覧。
  11. ^ 宝塚巴里祭2013-La Chanson de Paris 99-('13年・宝塚ホテル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  12. ^ 水美舞斗スペシャルライブ「Aqua Bella!!」('21年・宝塚ホテル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  13. ^ 『2017年宝塚 Stage Album』 宝塚クリエイティブアーツ、2018年、87頁。ISBN 978-4-86649-050-2
  14. ^ 『宝塚GRAPH 2022年8月号/宝塚通信』 宝塚クリエイティブアーツ、2022年、94頁。

注釈[編集]

  1. ^ 芹香斗亜と役替わり。
  2. ^ 鳳月杏と役替わり。
  3. ^ 5/20〜27のみ。

参考文献[編集]

  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3 
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0 

外部リンク[編集]