東急シアターオーブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
渋谷ヒカリエ > 東急シアターオーブ
東急シアターオーブ
TOKYU THEATRE Orb
東急シアターオーブ 劇場エントランス(渋谷ヒカリエ11階)
情報
正式名称 東急シアターオーブ
完成 2012年4月
開館 2012年7月18日
開館公演 ウエスト・サイド・ストーリー
収容人員 1,972人
延床面積 144,176.98㎡[1]
用途 ミュージカル/演劇
運営 東急文化村
所在地 東京都渋谷区渋谷二丁目21番地外
アクセス 渋谷駅東口直結
公式サイト 東急シアターオーブ

東急シアターオーブ(とうきゅうシアターオーブ、英語TOKYU THEATRE Orb)は、東京都渋谷区渋谷ヒカリエ内にある劇場である。

概要[編集]

東急文化会館の跡地に作られた渋谷ヒカリエの11階から16階に位置し、渋谷ヒカリエの中核施設として2012年7月18日に開場した。客席は3階構成で座席数1,972席である。

こけらおとし公演として、2012年7月18日より『ウエスト・サイド・ストーリー』をブロードウェイから48年ぶりに招聘上演された[2]。第2弾としてトニー賞受賞作であり初来日公演となる『ミリオン・ダラー・カルテット』が上演された[2]。ほか、フランスから初来日公演『ミュージカル ロミオ&ジュリエット』、劇団☆新感線ウィーンから来日予定の『ミュージカル エリザベート』20周年記念ガラコンサート、宝塚卒業生を中心とした『エリザベート スペシャル ガラ・コンサート』、『バーン・ザ・フロア』、ホセ・カレーラスのコンサートが発表、上演が予定されている[2]

脚注[編集]

  1. ^ 東急電鉄オフィスビル”. 2011年10月15日閲覧。
  2. ^ a b c 渋谷の新劇場「東急シアターオーブ」のオープニングラインナップが発表”. 2011年10月15日閲覧。

外部リンク[編集]