東急シアターオーブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
渋谷ヒカリエ > 東急シアターオーブ
東急シアターオーブ
TOKYU THEATRE Orb
東急シアターオーブ 劇場エントランス(渋谷ヒカリエ11階)
情報
正式名称 東急シアターオーブ
完成 2012年4月
開館 2012年7月18日
開館公演 ウエスト・サイド・ストーリー
収容人員 1,972人
延床面積 144,176.98㎡[1]
用途 ミュージカル/演劇
運営 東急文化村
所在地 150-8510
東京都渋谷区渋谷二丁目21-1 (渋谷ヒカリエ11階)
位置 北緯35度39分32.2秒 東経139度42分12.3秒 / 北緯35.658944度 東経139.703417度 / 35.658944; 139.703417座標: 北緯35度39分32.2秒 東経139度42分12.3秒 / 北緯35.658944度 東経139.703417度 / 35.658944; 139.703417
アクセス 渋谷駅東口直結
公式サイト 東急シアターオーブ

東急シアターオーブ(とうきゅうシアターオーブ、英語TOKYU THEATRE Orb)は、東京都渋谷区渋谷ヒカリエ内にある大型のミュージカル専用劇場である。

概要[編集]

東急文化会館の跡地に作られた渋谷ヒカリエの11階から16階に位置し、渋谷ヒカリエの中核施設として2012年7月18日に開場した。客席は3階構成で座席数1,972席(1階席:1,186席、2階席:521席、3階席:265席)[2]である。ミュージカル公演を主な用途とする劇場であり、ブロードウェイからの来日公演を想定して[3]設計された。舞台面にはオーケストラピットや大迫り、組み床を備え、舞台上には照明バトンとして利用可能なバトンを60本配置、照明ブリッチも移動可能など、公演内容に柔軟に対応できる舞台設備機構を備えている[4]

公演内容[編集]

こけらおとし公演として、2012年7月18日より『ウエスト・サイド・ストーリー』がブロードウェイから48年ぶりに招聘上演された[5]。第2弾としてトニー賞受賞作であり初来日公演となる『ミリオン・ダラー・カルテット』が上演された[5]。ほか、フランスから初来日公演『ミュージカル ロミオ&ジュリエット』、劇団☆新感線ウィーン版ミュージカル『ミュージカル エリザベート』20周年記念コンサート、宝塚卒業生を中心とした『エリザベート スペシャル ガラ・コンサート』、『バーン・ザ・フロア』、ホセ・カレーラスのコンサートが発表、上演された[5]

主な来日公演[編集]

東急ミュージカルプログラム[編集]

東急シアターオーブでは、未来を担う10代の若者に本場ブロードウェイ・ミュージカルの魅力を体験してもらうという趣旨で、10代の学生とその同伴者を無料招待するミュージカル鑑賞会が2012年以降毎年開催されている[6]

  • 2012年 ミリオンダラー・カルテット
  • 2013年 ドリームガールズ
  • 2014年 ブリング・イット・オン
  • 2015年 天使にラブ・ソングを…( シスター・アクト )
  • 2016年 ヨセフと不思議なテクニカラー・ドリームコート
  • 2017年 ウエスト・サイド・ストーリー
  • 2018年 エビータ

脚注[編集]

  1. ^ 東急電鉄オフィスビル”. 2011年10月15日閲覧。
  2. ^ Shibuya Hikarie - 松村電機製作所”. 2018年8月7日閲覧。
  3. ^ 渋谷の「新たな物語」 建築を見て|日建設計”. 2018 -08-07閲覧。
  4. ^ ホール・劇場等施設のあり方”. 2018年8月7日閲覧。
  5. ^ a b c 渋谷の新劇場「東急シアターオーブ」のオープニングラインナップが発表”. 2011年10月15日閲覧。
  6. ^ 東急ミュージカルプログラム”. 2018年8月7日閲覧。

外部リンク[編集]