壮一帆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
そう かずほ
壮 一帆
生年月日 (1975-08-07) 1975年8月7日(47歳)
出身地 日本の旗 日本 兵庫県川西市
身長 170cm
血液型 AB型
職業 女優
ジャンル 舞台ドラマ
活動期間 1996年 -
活動内容 1996年:宝塚歌劇団入団、花組配属
2001年:雪組へ異動
2006年:花組へ異動
2012年:雪組へ異動、雪組トップスター就任
2014年:宝塚歌劇団退団、芸能活動再開
事務所 キューブ
公式サイト 壮一帆オフィシャルファンクラブ
主な作品
宝塚歌劇
ベルサイユのばら
Shall we ダンス?
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

壮 一帆(そう かずほ、1975年[1]8月7日[2] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団雪組トップスター[1]

兵庫県川西市[1]雲雀丘学園高等学校出身。身長170cm[1]。血液型AB型[1]。愛称は「So」[2]

所属事務所はキューブ[2]

来歴[編集]

1994年、宝塚音楽学校入学[3]

1996年、宝塚歌劇団に82期生として入団[4][3]。入団時の成績は12番[4]月組公演「CAN-CANマンハッタン不夜城」で初舞台[4]。その後、花組に配属[4][3]

2001年8月14日付で雪組へと組替え[5]。同年、月影瞳退団公演となる「愛 燃える」で新人公演初主演[6][3]

2002年、絵麻緒ゆう紺野まひるトップコンビ大劇場お披露目であり退団公演でもある「追憶のバルセロナ」で、2度目の新人公演主演[7]。続く「ホップ スコッチ」(バウホール日本青年館公演)で、立樹遥音月桂とバウホール・東上公演トリプル主演[8][3]

2004年の「送られなかった手紙」(バウホール・日本青年館公演)で、バウホール・東上公演単独初主演[9][10]

2006年12月25日付で、古巣の花組へと組替え[11]

真飛聖の花組トップ時代後半には花組2番手に昇格[12]。真飛の退団後は同期の蘭寿とむが花組へと戻り、新トップに就任[12]。引き続き2番手として同期を支える時期が続く[12]

2012年12月25日付で再び雪組へ組替えとなり、雪組トップスターに就任[10][3]。入団17年目でのトップ就任は極めて遅咲きとなった[13]。相手役に愛加あゆを迎え、翌年の「ベルサイユのばら」でトップコンビ大劇場お披露目[10][3]

2014年8月31日、「一夢庵風流記 前田慶次/My Dream TAKARAZUKA」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[13][3]。大劇場主演3作、トップ就任後1年余りでの早期退団となった[13]

退団後はキューブ所属となり、舞台を中心に活動を続けている[1]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

花組時代[編集]

雪組時代[編集]

  • 2001年10 - 11月、『愛 燃える』 - 劉生、新人公演:夫差(本役:轟悠)『Rose Garden』(宝塚大劇場) 新人公演初主演[6][10][3]
  • 2001年11月、『Over The Moon-月影瞳 クロニクル-』(バウホール) - ポール
  • 2002年1 - 2月、『愛 燃える』 - 劉生、新人公演:夫差(本役:轟悠)『Rose Garden』(東京宝塚劇場
  • 2002年4月、専科雪組風と共に去りぬ』(日生劇場) - ルネ
  • 2002年5 - 9月、『追憶のバルセロナ』 - フェルナンド、新人公演:フランシスコ・アウストリア(本役:絵麻緒ゆう)『ON THE 5th新人公演主演[7][10]
  • 2002年10 - 11月、『ホップ スコッチ』(バウホール・日本青年館) - クリストファー・レン トリプル主演[8][10][3]
  • 2003年1 - 2月、『春麗の淡き光に』 - 源頼信Joyful!!』(宝塚大劇場)
  • 2003年3月、『春ふたたび』(バウホール) - 藤原道忠 バウWS主演[9]
  • 2003年3 - 5月、『春麗の淡き光に』 - 源頼信『Joyful!!』(東京宝塚劇場)
  • 2003年6 - 7月、『アメリカン・パイ』(バウホール・日本青年館) - ジャクスン
  • 2003年8 - 12月、『Romance de Paris』 - ディディエ『レ・コラージュ
  • 2004年1 - 2月、『送られなかった手紙』(バウホール・日本青年館) - ボリス・アレクサンドロヴィッチ・ドミトリー 東上主演[9][10]
  • 2004年4 - 7月、『スサノオ』 - 月読『タカラヅカ・グローリー!』
  • 2004年8 - 9月、『あの日みた夢に』(日本青年館・ドラマシティ) - スティーブ
  • 2004年11 - 2005年2月、『青い鳥を捜して』 - ミルボン『タカラヅカ・ドリーム・キングダム』
  • 2005年4月、『さすらいの果てに』(バウホール) - ジェフリー少尉 バウW主演[15]
  • 2005年6 - 10月、『霧のミラノ』 - エルコレ・バローネ『ワンダーランド』
  • 2005年11 - 12月、『DAYTIME HUSTLER』(バウホール・日本青年館) - ヘイワード
  • 2006年2 - 5月、『ベルサイユのばら-オスカル編-』 - メルキオール[注釈 3]/ジェローデル少佐[注釈 4]
  • 2006年7月、『ベルサイユのばら-オスカル編-』(全国ツアー) - アンドレ・グランディエ[3]
  • 2006年9 - 12月、『堕天使の涙』 - エドモン・ド・レニエ『タランテラ!』

花組時代[編集]

雪組トップスター時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 1997年4月、匠ひびきディナーショー『Pearl Eyes』
  • 1997年7月、第三回『アキコ・カンダレッスン発表会』
  • 1997年12月、『アデュー東京宝塚劇場
  • 1999年10月、第40回公演記念『宝塚舞踊会』
  • 1999年10月、『茂山忠三郎レッスン発表会』
  • 2000年9月、TCAスペシャル2000『KING OF REVUE』
  • 2000年10月、第41回『宝塚舞踊会』
  • 2001年1月、『花組エンカレッジ・コンサート
  • 2001年6月、TCAスペシャル2001『タカラヅカ夢世紀』
  • 2002年7月、『宝塚巴里祭2002』[20]
  • 2003年6月、TCAスペシャル2003『ディア・グランド・シアター』
  • 2003年10月、第44回『宝塚舞踊会』
  • 2004年4月、『宝塚歌劇90周年記念式典』
  • 2004年7月、TCAスペシャル2004『タカラヅカ90』
  • 2005年4月、TCAスペシャル2005『Beautiful Melody Beautiful Romance』
  • 2005年12月、『花の道 夢の道 永遠の道』
  • 2006年9月、TCAスペシャル2006『ワンダフル・ドリーマーズ』
  • 2006年11月、舞風りらミュージック・サロン『A Little Flower』[21]
  • 2007年8月、壮一帆ディナーショー『So!-Fantastic Radio Station-』 主演[22][3]
  • 2007年9月、TCAスペシャル2007『アロー!レビュー!』
  • 2007年10月、第48回『宝塚舞踊会』
  • 2008年12月、タカラヅカスペシャル2008『La Festa!』
  • 2009年6月、『百年への道』
  • 2010年12月、タカラヅカスペシャル2010『FOREVER TAKARAZUKA』
  • 2011年5月、壮一帆ディナーショー『Bright-ブライト-』 主演[23]
  • 2011年11月、第51回『宝塚舞踊会』
  • 2011年12月、タカラヅカスペシャル2011『明日に架ける夢』
  • 2012年11月、壮一帆ディナーショー『So in Love』 主演[24]
  • 2012年12月、タカラヅカスペシャル2012『ザ・スターズ!〜プレ・プレ・センテニアル〜』
  • 2013年10月、第52回『宝塚舞踊会』
  • 2014年4月、宝塚歌劇100周年 夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

ドラマ[編集]

ラジオ[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 壮一帆 株式会社キューブ オフィシャルサイト。
  2. ^ a b c Profile 壮一帆オフィシャルファンクラブ。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 宝塚トップスターたちの「美の流儀」 幻冬舎plus。
  4. ^ a b c d 100年史(人物) 2014, p. 108.
  5. ^ 『2001年宝塚 Stage Album』 阪急コーポレーション、2002年、77頁。ISBN 4-89485-081-8
  6. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 312.
  7. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 313.
  8. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 237.
  9. ^ a b c 100年史(舞台) 2014, p. 238.
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m 雪組新トップコンビプロフィール 宝塚歌劇団。
  11. ^ 『2006年 宝塚Stage Album』 阪急コミュニケーションズ、2007年、76頁。ISBN 978-4-484-07506-8
  12. ^ a b c 100年史(人物) 2014, p. 156.
  13. ^ a b c d 壮一帆“型破り退団”トップ就任1年余 デイリースポーツ。
  14. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 335.
  15. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 239.
  16. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 242.
  17. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 249.
  18. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 268.
  19. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 203.
  20. ^ 宝塚巴里祭2002('02年・ホテル阪急インターナショナル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  21. ^ 舞風りらミュージック・サロン「A Little Flower」('06年・宝塚ホテル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  22. ^ 壮一帆ディナーショー「So!-Fantastic Radio Station-」('07年・宝塚ホテル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  23. ^ 壮一帆ディナーショー「Bright」('11年・宝塚ホテル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  24. ^ 壮一帆ディナーショー「So in Love」('12年・ホテル阪急インターナショナル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  25. ^ “ダークヒーロー信長描いた「Honganji」再演決定、新たに壮一帆迎え”. ステージナタリー. (2016年5月30日). http://natalie.mu/stage/news/189000 2016年5月31日閲覧。 
  26. ^ “アラン・エイクボーンのコメディ「扉の向こう側」に壮一帆、紺野まひる、岸祐二”. ステージナタリー. (2016年5月12日). http://natalie.mu/stage/news/186842 2016年5月13日閲覧。 
  27. ^ “「扉の向こう側」開幕、SMクイーン役の壮一帆「体当たりでぶつかれたら」”. ステージナタリー. (2016年11月11日). http://natalie.mu/stage/news/209029 2016年11月14日閲覧。 
  28. ^ “「細雪」1500回上演へ、賀来千香子×水野真紀×紫吹淳×壮一帆が4人姉妹”. ステージナタリー. (2016年8月2日). http://natalie.mu/stage/news/196680 2016年8月2日閲覧。 
  29. ^ “「マリーゴールド」キービジュアル&壮一帆・田村芽実らのソロビジュアル公開”. ステージナタリー. (2018年6月17日). https://natalie.mu/stage/news/287092 2018年6月17日閲覧。 
  30. ^ “「ロード・エルメロイII世の事件簿」納谷健、伊崎龍次郎ら全キャスト明らかに”. ステージナタリー (ナターシャ). (2019年6月27日). https://natalie.mu/stage/news/337410 2019年7月7日閲覧。 
  31. ^ 勇者ヨシヒコと導かれし七人「スペシャルキャラクター図鑑」
  32. ^ FMフジ番組表
  33. ^ a b 100年史(人物) 2014, p. 53.
  34. ^ a b 100年史(人物) 2014, p. 57.
  35. ^ 『2014年 宝塚Stage Album』 宝塚クリエイティブアーツ、2015年、81頁。ISBN 978-4-908135-34-7

注釈[編集]

  1. ^ 5/9〜15はベルリン公演出演のため休演。
  2. ^ 7/1〜17はベルリン公演出演のため休演。
  3. ^ 麻愛めぐると役替わり。
  4. ^ 貴城けいと役替わり。
  5. ^ 愛音羽麗と役替わり。
  6. ^ 朝夏まなとと役替わり。
  7. ^ 1/11〜13のみ特別出演。
  8. ^ 3/29〜4/1のみ愛加あゆと特別出演。

参考文献[編集]

  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3 
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0 

外部リンク[編集]