壮一帆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
そう かずほ
壮 一帆
生年月日 (1975-08-07) 1975年8月7日(42歳)
出生地 兵庫県川西市[1]
身長 170cm[1]
血液型 AB型[1]
職業 俳優
ジャンル 舞台、宝塚歌劇
活動期間 1996年 -
活動内容 1996年:宝塚歌劇団入団、花組配属
2001年雪組に異動
2006年:花組に異動
2012年:雪組に異動、同組トップスターに就任
2014年:宝塚歌劇団退団
事務所 キューブ
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
ベルサイユのばら
Shall we ダンス?

壮 一帆(そう かずほ、1975年8月7日[1] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団雪組トップスター。所属事務所はキューブ[2]

兵庫県川西市出身[1][3]雲雀丘学園高等学校卒業[3]。身長170cm[1][3]血液型AB型[1][4]。愛称は「So」[3]

略歴[編集]

幼少期にはピアノマリンバを習い、中学からは剣道部に所属していた[5]。高校卒業時に宝塚音楽学校を受験、一発合格した[5]

1994年、宝塚音楽学校入学。82期生

1996年、宝塚歌劇団入団。入団時の成績は12番[6]。『CAN-CAN』で初舞台[5]。その後、花組に配属される。同期には蘭寿とむ(元花組トップスター)、紺野まひる(元雪組トップ娘役)、涼紫央遼河はるひらがいる。

2000年、『源氏物語 あさきゆめみし』新人公演で初の大役である頭中将を演じ[5]、同年のドイツ・ベルリン公演では5組選抜メンバーに選ばれる[5]

2001年雪組に組替え[7]。『愛燃える』で新人公演初主演を果たす[7]

2002年、『ホップ・スコッチ』でバウホール公演初主演[7]2004年、『送られなかった手紙』ではバウホール公演単独初主演を果たした[8]

2006年、全国ツアー『ベルサイユのばら-オスカル編-』でアンドレを演じる。同年、古巣の花組に組替え[7]

2007年、自身初のディナーショー『So! -Fantastic Radio Station-』を開催。

2008年、全国ツアー『外伝ベルサイユのばら-アラン編-』で二度目となるアンドレを演じる。この年に演じた3役は、いずれも真飛聖扮する主人公の友人役だった。

2009年、『太王四神記』で悪役である大長老プルキルを演じ、同年の梅田芸術劇場公演『ME AND MY GIRL』では役替わりでジョン卿とジャッキーの2役を演じる。その後、2番手スターであった大空祐飛宙組に異動したため、花組2番手スターに昇格[7]

2010年は、同名人気ドラマ『相棒』の神戸尊、『虞美人』の 劉邦 、『麗しのサブリナ』のデイヴィッド・ララビーを演じる。

2011年、二度目となるディナーショー『Bright』を開催。真飛の後任、蘭寿とむが花組トップスターに就任後も引き続き2番手スターとして活動。

2012年12月25日付けで雪組に組替え、音月桂の後任として雪組トップスターに就任。相手役には愛加あゆを迎える。お披露目公演は、中日劇場公演『若き日の唄は忘れじ/Shining Rhythm!』[9]宝塚大劇場お披露目公演は『ベルサイユのばら-フェルゼン編-[10]

2014年、『一夢庵風流記 前田慶次/My Dream TAKARAZUKA』の東京宝塚劇場公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[11]

2015年宝塚歌劇団OGによるカバーアルバム『麗人REJIN -Showa Era-』に参加。水原弘の「黒い花びら」をカバーした[12]。同年6月1日からキューブ所属となる[2]。同年8月、退団後初となるコンサート『Feel SO Good』を東京と大阪にて開催[2]

人物・エピソード[編集]

芸名には「大海原に1つの大きな帆を張って突き進んで行こう」という意味を込め[13]、知人と考えて恩師に選んでもらった[3]。なお芸名の「壮」は生まれ月である8月の別名「壮月」から取ったという[13]

主な出演[編集]

舞台[編集]

宝塚歌劇団所属時代[編集]

第1次花組時代

1996年

1997年

  • 2月 - 6月『失われた楽園/サザンクロス・レビュー』
  • 8月 - 12月『ザッツ・レビュー』
  • 10月 - 翌年3月 バウホール・日本青年館公演『白い朝』

1998年

  • 5月 - 10月『SPEAKEASY/スナイパー』新人公演:エドウィン(本役:水夏希)、オブライエン(本役:真丘奈央
  • 10月 - 11月 全国ツアー『春ふたたび/サザンクロス・レビュー』
  • 1月 - 5月 『夜明けの序曲』新人公演:駒井梅二郎(本役:麻園みき)

1999年

  • 1月 - 2月 バウホール・日本青年館公演『冬物語』
  • 8月 - 12月 『タンゴ・アルゼンチーノ/ザ・レビュー'99』新人公演:マイク(本役:春野寿美礼

2000年

  • 4月 - 8月 『源氏物語 あさきゆめみし/ザ・ビューティーズ!』新人公演:頭中将(本役:匠ひびき
  • 6月 ベルリン公演『宝塚 雪・月・花/サンライズ・タカラヅカ』
  • 9月 バウホール・日本青年館公演『トム・ジョーンズの華麗なる冒険』
  • 11月 - 翌年3月『ルートヴィヒII世/ASIAN SUNRISE』新人公演:ディルクハイム伯爵(本役:伊織直加

2001年

  • 1月 『花組 エンカレッジ・コンサート
  • 4月 バウホール・日本青年館公演『マノン』 ミゲル
  • 7月 - 8月 『ミケランジェロ/VIVA!』新人公演:ジョバンニ枢機卿(本役:夏美よう)※大劇場公演のみ
雪組時代
  • 10月 - 翌年2月 『愛燃える/Rose Garden』新人公演:呉王夫差(本役:轟悠)※新公初主演
  • 11月 バウホール公演『Over The Moon』

2002年

2003年

  • 1月 - 5月 『春麗の淡き光に/Joyful!!』 源頼信
  • 3月 バウホール公演『春ふたたび』 藤原道忠 ※主演
  • 6月 バウホール・日本青年館公演『アメリカン・パイ』 ジャクスン
  • 8月 - 12月 『Romance de Paris/レ・コラージュ』 ディディエ

2004年

  • 1月 バウホール・日本青年館公演『送られなかった手紙』 ドミトリー ※バウ単独初主演
  • 4月 - 7月 『スサノオ/タカラヅカ・グローリー!』 月読
  • 8月 - 9月 日本青年館・ドラマシティ公演『あの日見た夢に』 スティーブ
  • 11月 - 翌年2月 『青い鳥を捜して/タカラヅカ・ドリーム・キングダム』 ミルボン

2005年

  • 4月 バウホール公演『さすらいの果てに』 ジェフリー少尉 ※主演
  • 6月 - 10月 『霧のミラノ/ワンダーランド』 エルコレ・バローネ
  • 11 - 12月 バウホール・日本青年館公演『DAYTIME HUSTLER』 ヘイワード

2006年

  • 2月 - 5月 『ベルサイユのばら-オスカル編-』 メルキオール、ジェローデル(役替り)
  • 6月 全国ツアー『ベルサイユのばら-オスカル編-』 アンドレ
  • 9月 - 12月 『堕天使の涙/タランテラ!』 エドモン・ド・レニエ
  • 11月 舞風りらミュージック・サロン『A Little Flower』
第2次花組時代

2007年

2008年

2009年

2010年

  • 3月 - 5月 『虞美人劉邦
  • 7月 - 10月 『麗しのサブリナ/EXCITER!!』 デイヴィッド・ララビー
  • 11月 - 12月 全国ツアー『メランコリック・ジゴロ/ラブ・シンフォニー』 スタン

2011年

  • 2月 - 4月 『愛のプレリュード/Le Paradis!!』 ジョセフ・バークレー
  • 5月 壮一帆ディナーショー『Bright』
  • 6月 - 8月 『ファントム』 ジェラルド・キャリエール
  • 10月 - 11月 ドラマシティ・日本青年館公演『カナリア』 ヴィム ※主演

2012年

雪組トップ時代

2013年

2014年

宝塚歌劇団退団後[編集]

2015年

  • 4月 壮一帆ディナーショー『So Wonderful!!』
  • 8月 壮一帆firstコンサート『Feel So Good』
2016年
2017年

テレビドラマ[編集]

参加作品[編集]

  • 「麗人 REIJIN SHOWA ERA」(2015年7月1日 ビクターエンタテインメント)
  • 越路吹雪トリビュートアルバム『越路吹雪に捧ぐ』(2016年12月21日)
    • 「イカルスの星」「恋ごころ」をカバー[20]

受賞歴[編集]

  • 2002年 宝塚歌劇団年度賞「新人賞」
  • 2004年 阪急すみれ会パンジー賞「新人賞」
  • 2009年 宝塚歌劇団年度賞「努力賞」
  • 2013年 川西市民文化賞
  • 2013年 阪急すみれ会パンジー賞「男役賞」
  • 2014年 宝塚歌劇団年度賞「優秀賞」

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g アーティスト > 壮 一帆”. キューブ. 2015年6月11日閲覧。
  2. ^ a b c “元宝塚雪組トップスター・壮一帆が、退団後初コンサートを開催!”. エンタステージ (WOWOW). (2015年6月1日). http://enterstage.jp/news/2015/06/002681.html 2015年6月11日閲覧。 
  3. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2012年度版』 阪急コミュニケーションズ、2012年、16頁。
  4. ^ 『ザ・タカラヅカV 花組特集』 阪急コミュニケーションズ、2012年、119頁。
  5. ^ a b c d e 平松澄子 (2007年6月29日). “タカラジェンヌ 夢の軌跡 花組 壮一帆 (1)組替え直後に新人公演で初主演”. ENAK (産経新聞社). http://www.sankei.co.jp/enak/sumirestyle/2007/feb/kiji/so01.html 2013年2月14日閲覧。 
  6. ^ 小林公一・監修『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、108頁。
  7. ^ a b c d e “壮一帆が作る新伝説 宝塚花組・壮一帆”. asahi.com (朝日新聞社). (2010年12月6日). http://www.asahi.com/showbiz/stage/spotlight/OSK201012060085.html 2013年2月14日閲覧。 
  8. ^ 平松澄子 (2007年6月29日). “タカラジェンヌ 夢の軌跡 花組 壮一帆 (2)しごかれ叩かれ成長するタイプ”. ENAK (産経新聞社). http://www.sankei.co.jp/enak/sumirestyle/2007/feb/kiji/so02.html 2013年2月14日閲覧。 
  9. ^ “壮一帆&愛加あゆが宝塚歌劇団雪組の次期トップコンビに決定 お披露目公演は藤沢周平「蝉しぐれ」のミュージカル版”. シアターガイド (モーニングデスク). (2012年8月1日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2012/08/01.php 2013年2月14日閲覧。 
  10. ^ “壮一帆と愛加あゆ ベルばらお披露目公演”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2013年3月4日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20130304-1093225.html 2014年2月18日閲覧。 
  11. ^ “壮一帆「宝塚を誇りに」退団公演千秋楽”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2014年9月1日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140901-1359961.html 2014年9月1日閲覧。 
  12. ^ 元宝塚・男役トップがカバー第2弾”. 朝日新聞 (2015年4月23日). 2015年4月23日閲覧。
  13. ^ a b “The name of タカラジェンヌ 雪組 壮一帆;生まれ月、8月=壮月から”. ENAK SUMiRE STYLE (産経新聞社). (2002年1月11日). http://www.sankei.co.jp/enak/sumirestylevintage/sumirestyle03/jan/0113so.html 2013年2月14日閲覧。 
  14. ^ “ダークヒーロー信長描いた「Honganji」再演決定、新たに壮一帆迎え”. ステージナタリー. (2016年5月30日). http://natalie.mu/stage/news/189000 2016年5月31日閲覧。 
  15. ^ “アラン・エイクボーンのコメディ「扉の向こう側」に壮一帆、紺野まひる、岸祐二”. ステージナタリー. (2016年5月12日). http://natalie.mu/stage/news/186842 2016年5月13日閲覧。 
  16. ^ “「扉の向こう側」開幕、SMクイーン役の壮一帆「体当たりでぶつかれたら」”. ステージナタリー. (2016年11月11日). http://natalie.mu/stage/news/209029 2016年11月14日閲覧。 
  17. ^ “「細雪」1500回上演へ、賀来千香子×水野真紀×紫吹淳×壮一帆が4人姉妹”. ステージナタリー. (2016年8月2日). http://natalie.mu/stage/news/196680 2016年8月2日閲覧。 
  18. ^ 勇者ヨシヒコと導かれし七人「スペシャルキャラクター図鑑
  19. ^ 宝塚OGによるカバーアルバム第2弾発売決定 昭和の歌謡名曲が男役歴代トップスター達によって蘇る”. Billboard Japan. 2015年4月23日閲覧。
  20. ^ “越路吹雪37回忌、トリビュートアルバム&メモリアルコンサートに宝塚OGら”. ステージナタリー. (2016年10月26日). http://natalie.mu/stage/news/206881 2016年10月26日閲覧。 

外部リンク[編集]