大倉孝二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おおくら こうじ
大倉 孝二
生年月日 1974年7月18日(42歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
身長 187 cm
血液型 AB型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 1995年[1] -
活動内容 1995年:ナイロン100℃入団
配偶者 朱門みず穂[2]
事務所 CUBE
公式サイト OHKURA KOJI
主な作品

映画
ピンポン
『クリスマス・クリスマス』
ジョゼと虎と魚たち
きょうのできごと a day on the planet
舞妓haaaan!!!
テレビドラマ
ぼくの魔法使い
初恋.com』 『新撰組!
ラスト・プレゼント
西遊記』 『ダンドリ。』『となりの芝生
舞台
『ダブリンの鐘つきカビ人間』
『赤鬼』 『開放弦』
『橋を渡ったら泣け』

大倉 孝二(おおくら こうじ、1974年7月18日 - )は、日本俳優東京都出身。187cm、78kg。

劇団ナイロン100℃所属。所属事務所はCUBE

略歴[編集]

舞台をはじめ、各媒体で活躍。

優柔不断な青年・コミカルな役・ひねくれ者の役など、クセとインパクトのある役柄を演じることが多く、「キリン生烏龍」などのインパクトのあるCM出演がある。

2002年の『ピンポン』でのアクマ役で一躍その個性が広く知られるようになったが、『新選組!』やバラエティー番組にも出演している。

人物[編集]

  • 舞台芸術学院卒業後、芝居を作ってみたいと思って訪ねた劇団ナイロン100℃で、たまたま開かれていた役者オーディションに合格。役者の道に入る[2]
  • 高校時代はバドミントン部に所属。
  • 映画『ピンポン』では卓球でその腕前を披露している。
  • 好物はカレーライス。3食カレーが続いても大丈夫だという。
  • 俳優の八嶋智人と親しく、売れない頃に八嶋の家に居候し、八嶋から小遣いをもらったこともあるほど、実際に共演も多く、『新選組』では因果のある役柄でも共演した。
  • 「逃げ出したくなるときはありますか?」とインタビューで尋ねられ、舞台の直前はいつも逃げ出したい心境になることを吐露している。舞台以外でも逃げ出したくなったことはあるが、それを言うと親類縁者に「シャレにならない」と言われるのでそれについては語らない、とも言っている[3]
  • サッカー観戦好き。2002 FIFAワールドカップでは主役を務める芝居の千秋楽と日本戦が重複。千秋楽の感傷よりも日本代表の勝利に泣いたというエピソードがある。
  • 舞台『贋作・桜の森の満開の下』で共演した朱門みず穂と5年の交際期間を経て、2006年9月に結婚した[2]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • プロパガンダ・デイドリーム(鴻上尚史作・演出、2000年5 - 6月、東京グローブ座他) - 新聞記者・広瀬雅雄 役
  • 贋作・桜の森の満開の下(野田秀樹作・演出、2001年6月、新国立劇場) - エンマ 役
  • ノーアート・ノーライフ(ケラリーノ・サンドロヴィッチ作・演出、2001年11月、本多劇場) - メグリ 役
  • 彦馬がゆく三谷幸喜作・演出、2002年1 - 3月、パルコ劇場他) - 伊藤俊輔
  • ダブリンの鐘つきカビ人間(後藤ひろひと作・G2演出、2002年5 - 6月、パルコ劇場他) - カビ人間 役
  • 赤鬼 日本版(野田秀樹作・演出、2004年10月、Bunkamuraシアターコクーン) - 水銀(ミズカネ) 役
  • 消失(ケラリーノ・サンドロヴィッチ作・演出、2004年12月 - 2005年1月、新宿紀伊國屋ホール他) - チャズ・フォルティー 役
  • 開放弦(倉持裕作・G2演出、2006年7 - 8月、パルコ劇場) - 門田 役
  • 橋を渡ったら泣け(土田英生作・生瀬勝久演出、2007年3月、Bunamuraシアターコクーン) - 佐田山七郎 役
  • 犯さん哉(ケラリーノ・サンドロヴィッチ作・演出、2007年10 - 11月、パルコ劇場他) - 大学生の星さん 役、神様 役
  • NODA・MAP パイパー(野田秀樹作・演出、2009年1 - 2月、シアターコクーン) - キム 役
  • 神様とその他の変種(ケラリーノ・サンドロヴィッチ作・演出、2009年4 - 5月、本多劇場他) - 動物園の飼育係・ユウチャン 役

バラエティ番組[編集]

教育番組[編集]

  • ひとりでできるもん!NHK教育テレビ) - 料理怪人さしすせそ 役
    • りょうり怪人「さしすせそ」をやっつけろ!(2000年10月9日 - 12日)
    • りょうり怪人べんとうべんのわざあり! おべんとうスペシャル(2001年4月17日・19日)

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

Webアニメ[編集]

CM[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ Member 大倉孝二”. ナイロン100℃. 2015年8月1日閲覧。
  2. ^ a b c 大倉孝二 略歴”. KINENOTE. キネマ旬報. 2015年8月1日閲覧。
  3. ^ 『演劇cafe vol8』インタビューより。
  4. ^ バカリズム脚本のドラマ4夜連続、渋滞に巻き込まれる原田泰造の運命は”. お笑いナタリー (2016年2月25日). 2016年2月25日閲覧。
  5. ^ バカリズム脚本4夜連続ドラマに柏木由紀・市原隼人・山本耕史・川口春奈ら出演”. マイナビニュース (2016年2月25日). 2016年2月25日閲覧。
  6. ^ NEWS > 親子の入れ替わり劇、再び!?この春、『民王』が待望のカムバック!原案・池井戸潤もびっくり!「ホントにやるの?」大人気秘書・貝原の過去が明らかになるスピンオフも…!4月は2週連続で『民王』に会える!”. ドラマ『民王』公式ページ (2016年3月9日). 2016年3月9日閲覧。
  7. ^ 伊武雅刀・木南晴夏・佐藤隆太ら、新生土ドラ第1弾『火の粉』に出演決定”. エキサイトニュース (2016年3月2日). 2016年3月5日閲覧。
  8. ^ 竹野内豊が弁護士に!法務&ホームドラマに挑む”. Smartザテレビジョン (2016年2月29日). 2016年3月7日閲覧。
  9. ^ “NHKアニメワールド 「へうげもの」スタッフ・キャスト”. 「へうげもの」公式サイト. http://www9.nhk.or.jp/anime/hyouge/staff/index.html 2016年4月26日閲覧。 

外部リンク[編集]