山西惇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やまにし あつし
山西 惇
本名 畑中 敦史[要出典]
生年月日 (1962-12-12) 1962年12月12日(54歳)
出生地 日本の旗 日本 京都府京都市[1]
身長 170 cm
血液型 B型[1]
職業 俳優声優
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
配偶者 既婚(離婚経験あり)
所属劇団 そとばこまち( - 2001年
事務所 リコモーション
主な作品
テレビドラマ
相棒
Dr.コトー診療所

山西 惇(やまにし あつし、1962年12月12日[1] - )は日本俳優声優。本名、畑中 敦史[2]

京都府京都市出身[1]リコモーション所属。身長170cm、体重67kg[1]。血液型はB型[1]

略歴[編集]

東大寺学園高校[3]を経て、京都大学工学部石油化学科卒業[1][3]。1回生の時より京大の学生劇団を母体とする劇団「そとばこまち」に所属[4][5]卒業論文の題目は、『アルファアニシルネオペンチル系化合物のソルボリシスに関する研究』[要出典]。なお、福井謙一ノーベル賞を受賞した年に入学した[3]劇団そとばこまち出身。

大学卒業後の1986年、教授の推薦により関西の石油化学メーカーに就職。研究職として勤務するかたわらで、2年目から「趣味の延長」として週末や終業後を利用して「そとばこまち」に再び参加、役者と演出を務める。4代目座長の生瀬勝久のもと初の東京進出となる1992年2月の舞台『冬の絵空』(本多劇場)で演出を手がけるが、上演期間と勤務先のハワイ研修の日程が重なったことで、「食うくらいなら、なんとかなるで」との生瀬の言葉にも背中を押されて退職を決意、芝居に専念することとなる。以降、2歳年上の生瀬とともに二人三脚で数々の舞台作品を作り上げ、2001年に揃って退団する[4][6][5]

以降、演技派俳優として舞台やテレビドラマ映画などで活躍し、テレビドラマ『相棒』(テレビ朝日系)では15年以上にわたりパンダのコーヒーカップを片手に水谷豊演じる特命係・杉下右京のもとを訪れて「ヒマか?」と声をかける課長・角田六郎役を演じ続けている[7]

2001年に、近藤芳正が中心に旗揚げした劇団ダンダンブエノの全公演に酒井敏也ともに出演しており、2006年の公演では演出も手がけた。

京都大学という経歴を買われ、ドラマだけでなく『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』などのバラエティのクイズ番組にも出演している[7]

私生活では2度の結婚を経験。初婚の相手は所属劇団のスタッフで1992年結婚も2002年に離婚。スタイリストをしていた現夫人と2008年に再婚[要出典]。一男三女の父[8]

人物[編集]

芸名の山西惇は、舞台に立つ際に本名「畑中」のままでは「恥ずかしい」からと、東大寺学園高校時代に周囲から顔が似ていると言われていた軽音楽部の2年先輩から「山西」姓を無断で拝借して名付けた[9][10]

趣味は料理。子供のためにもやし入りのお好み焼きを振舞う[11]

出演[編集]

舞台[編集]

  • 七人ぐらいの兵士(2000年)
  • 犯さん哉(2007年)
  • ワルシャワの鼻(2010年)
  • cube presents W 〜ダブル(2010年8月)
  • アンナ・カレーニナ(2010年 - 2011年)
  • 新国立劇場 「雨」(2011年)
  • cube presents 「奥様お尻をどうぞ」(2011年)
  • PRESS 〜プレス〜(2012年2月 - 3月)
  • NYLON100℃ 38th SESSION「百年の秘密」(2012年)
  • 劇団500歳の会旗揚げ公演「いつか見た男達〜ジェネシス〜」(2012年7月 - 8月)
  • 祈りと怪物〜ウィルヴィルの三姉妹〜【KERAバージョン】(2012年 - 2013年)
  • こまつ座ホリプロ公演「木の上の軍隊」(2013年)
  • 象(2013年)
  • こまつ座世田谷パブリックシアター公演 藪原検校(2015年)
  • スコット&ゼルダ(2015年10月‐11月)
  • イニシュマン島のビリー(2016年3月) - ジョニー・パティーンマイク 役[12]
  • cube presents「ヒトラー、最後の20000年〜ほとんど、何もない〜」(2016年)[13]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ[編集]

TBSテレビ[編集]

フジテレビジョン[編集]

テレビ朝日[編集]

テレビ東京[編集]

MBSテレビ[編集]

映画[編集]

配信ドラマ[編集]

ゲーム[編集]

CD[編集]

ラジオ[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

その他[編集]

  • 元気のヒミツ 愛娘とすごす休日 山西惇(2011年9月24日、朝日新聞be (朝日新聞) on Saturday」赤e5面、インタビュー)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g アーティスト 山西惇”. 株式会社キューブ オフィシャルサイト. キューブ. 2016年5月19日閲覧。
  2. ^ 山西 惇”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2016年11月18日閲覧。
  3. ^ a b c 京都大学大学案内2016”. pp. 4-5. 2016年7月4日閲覧。
  4. ^ a b “会社か芝居か 山西惇が“役者一本”決意した生瀬勝久の一言”. 日刊ゲンダイDIGITAL. (2016年11月14日). http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/193705 2016年11月18日閲覧。 
  5. ^ a b “京大卒の山西惇「『勉強する方法』を学んだ量子力学は芝居に通じる」”. dot.ドット (朝日新聞出版). (2015年3月18日). https://dot.asahi.com/wa/2015031700059.html 2016年11月18日閲覧。 
  6. ^ “会社か芝居か 山西惇が“役者一本”決意した生瀬勝久の一言”. 日刊ゲンダイDIGITAL: p. 2. (2016年11月14日). http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/193705/2 2016年11月18日閲覧。 
  7. ^ a b 長山清子 (2015年7月18日). “俳優 山西 惇さんの「人に教えたくない店」”. President Online. プレジデント社. 2016年11月25日閲覧。
  8. ^ 山西惇 @8024atc”. Twitter. 2016年5月19日閲覧。
  9. ^ 「ヒマかっ?」の角田課長こと山西惇、勝手に芸名を頂戴した“山西先輩”とVTRで再会”. テレビドガッチ (2016年10月12日). 2016年11月9日閲覧。
  10. ^ ““暇課長”山西惇が勝手に芸名を頂戴した相手とは?”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2016年10月11日). http://thetv.jp/news_detail/89226/ 2016年11月18日閲覧。 
  11. ^ 2011年9月24日朝日新聞「be on Saturday」赤e5「元気のヒミツ 愛娘とすごす休日 山西惇」より。
  12. ^ アニマルなキャスティングが実現!森新太郎演出「イニシュマン島のビリー」”. ステージナタリー (2016年2月21日). 2016年2月22日閲覧。
  13. ^ 山西惇 (2016年5月18日). 山西 惇が語るKERA×古田新太のナンセンス企画. インタビュアー:高橋晴代. チケットぴあ.. http://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=201605180002 2016年5月19日閲覧。 
  14. ^ 「真田丸」山西惇『名胡桃城は北条のもの!』”. Smartザテレビジョン (2016年6月5日). 2016年6月29日閲覧。
  15. ^ 過酷な道のりをたどり東ティモール の山深き村にいる日本人に出会った

外部リンク[編集]