ファーストサマーウイカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ファーストサマーウイカ
別名義 初夏(旧芸名)
生年月日 (1990-06-04) 1990年6月4日(30歳)
出身地 日本の旗 日本 大阪府大阪市
身長 161 cm
血液型 B型
職業 女優歌手タレント
ジャンル 舞台映画テレビドラマ
活動期間 2009年 -
配偶者 一般人男性(2015年 - )
著名な家族 石津謙介(大おじ[注 1][1][2]
上柳昌彦(遠戚)[1][2]
所属劇団 劇団レトルト内閣2009年 - )
事務所 キューブ
公式サイト https://firstsummeruika.com/
主な作品
テレビドラマ
凪のお暇
おカネの切れ目が恋のはじまり
おちょやん
備考
アイドルグループBiSメンバー(2013年5月加入 - 2014年7月解散)
女性音楽グループBILLIE IDLE®メンバー(2015年1月結成 - 2019年12月解散)
テンプレートを表示

ファーストサマーウイカFirst Summer Uika1990年平成2年〉6月4日 - )は、日本のタレント歌手[3]である。以前は芸名に初夏(ういか)を用いた。

大阪府大阪市出身[4]で、劇団レトルト内閣[5]の一員であり、芸能事務所キューブがマネジメントする。かつてはBILLIE IDLE®BiSの一員として活動した。「ウイぽん」や「ファッサマ」などと愛称される。

略歴[編集]

生い立ち〜劇団員[編集]

大阪京橋に生まれ[6]、中学時代に吹奏楽部で打楽器を担当したことをきっかけにドラムスを始め、高校時代はロックバンドを組んで活動した[7]。高校卒業後の進路選択時、小学校の卒業文集で記した声優の夢を思い出して専門学校へ通うが1年で退学[8]する。バンド以外の活動を模索し、ドラムスはライブステージの前へ出ていけないことから「自由に動き回れる役者さんっていいな」と演劇を志す[5][7][9][10]

「大阪+劇団」と検索して上位に表示された劇団のオーディションなどに応募を重ね[9][10]2009年に「RETORUTO AUDITION 2009」を経て劇団レトルト内閣に入団[11]して10月2日に『哀願ソワレ 〜ハーフビューティな彼女に愛の薔薇一票〜』で女優となり、以後は本名の「初夏(ういか)」[6]で5年間活動する。

派遣OLアルバイトで生活費を稼ぎつつ勤務を定時で終えて稽古場へ向かい、関西を中心に東京へ遠征するなど小劇場の舞台で経験を積む。2012年秋に上演された音楽劇『ファンファーレ』へ出演し、公演先の東京で友人ができたことをきっかけに「いろんなところでやってみたい」「役者をやるなら一度くらいは東京へ出てみたい」と考え、仕事も所属先もないまま2013年5月に上京する[5][7][9][10]。上京後も劇団の一員として公演の「アフタートークイベント」やグッズ販売に参加している[5]

上京前の2012年から2013年に撮影された映画『月震のかずみ』で主演し、2014年8月17日の完成披露試写会[12]で「初夏」[13]と名乗った。監督した金子陽介は「『すごい子がいる。将来大きくなるからぜひ』と共通の知人を介しての紹介だった」と語る[14]

音楽活動[編集]

上京直後に音楽劇『ファンファーレ』で共演した村田シゲ□□□)のUstream番組を視聴し、興味を持っていた女性アイドルグループBiSのオーディション開催をTwitterで見て応募して合格し[7]2013年5月26日にBiSへ加入して「ファーストサマーウイカ」を芸名とする。「アイドルに憧れも興味もなかった」が「破天荒なアイドルだったので、逆に性に合っていた」[9]2014年7月8日にBiSが解散して女優を志すが「もう一回グループでやってみないか」とプロデューサーのNIGOから誘われ[15]、元BiSのヒラノノゾミ、オーディションで合格したモモセモモとヤスイユウヒ、らと音楽グループBILLIE IDLE®を2015年1月に結成して2019年12月28日の解散[16]まで活動した[5]

以後は音楽活動に並行して2016年から女優「ファーストサマーウイカ」として舞台や映像作品で活動し、2017年4月から芸能事務所キューブに所属[17]する。

2021年2月22日、配信シングル『カメレオン』でソロデビュー。作詞・作曲を阿部真央が手掛けた。

ブレイク[編集]

2019年1月放送の日本テレビ『女が女に怒る夜』に、初めて挑んだバラエティ番組のオーディションを経て出演[18]し、以後「3つのキーワードでウイカをイメージさせたら勝ち」とセルフプロデュースした「宝塚ヘア」「コテコテ関西弁」「毒舌」のミスマッチキャラクターがバラエティ番組で一気に人気を博し[19]、「2019年下半期・急上昇テレビ番組出演ランキング<フレッシュ平成世代>」で1位[20]となるなど「次世代バラエティークイーン」として脚光を浴び、7月期放送の連続ドラマ『凪のお暇』(TBS)に初めてレギュラー出演[21][22]し、9月にファミリーマート「お母さん食堂」のCM香取慎吾と共演[23]し、11月に『オールナイトニッポン0(ZERO)』(ニッポン放送)で念願の単独パーソナリティを務め[24]、12月に映画『ジュマンジ/ネクスト・レベル』でミン・フリートフットの吹替えを担当して小学生時分に夢見た声優[25][26]を務める。

前年の特番の反響を受け、2020年4月期から月曜日に「ファーストサマーウイカのオールナイトニッポン0(ZERO)」が始まり[27][28]、3月31日(30日深夜)に初回が放送された[29]。9月期放送の連続ドラマ、『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS)に鴨志田芽衣子役でレギュラー出演し、10月からは劇団ひとり、DJ松永(Creepy Nuts)と共にMCを務める『「任意同行」願えますか?』(YTV)が10回限定でレギュラー放送された。大晦日には、ももいろ歌合戦BS日テレニッポン放送AbemaTV)へ初出場。

2021年1月18日より、連続テレビ小説『おちょやん』(NHK)にミカ本田役で出演。

私生活[編集]

2015年に一般男性と入籍していたことを「今後どこからか自分発信ではない形で、私ごとが公になることがあるかもしれない。それならば、応援してくださる皆様に自分の言葉でしっかりお伝えしておきたい」として、2020年1月1日に自身のTwitterとInstagramで発表した[30][31][32]

人物[編集]

  • 血液型はB型[3]で、バストカップD65であるとInstagramで公表した。
  • 「初夏」の英語は「アーリーサマー」だが、BiS加入時に「初夏の英語はなんだろう」「この世にまだ存在していない造語がいい」と「ファーストサマー」とした。「ウイカ」の表記にこだわり、SNSなどで「ウィカ」と誤記されると修正を返信している[7]
  • 先述の通り吹奏楽部に所属していた中学2年の時、『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』(日本テレビ)2004年8月4日放送分の同番組の企画「吹奏楽の旅」で、所属していた吹奏楽部が取り上げられた際、眼鏡をかけドラムを担当する姿がVTRの“映り込み”で登場したのがテレビ初出演[33]。当時から10年ほど嗜んだドラムス[3]を特技とし、BiSで「太鼓持ち担当」[7]となる。
  • 飲み歩き、体験レッスン、買い物、一人喫茶店[3]などに加え、アダルトビデオ鑑賞[4] を趣味としてFANZAを好んで定期的に視聴し[4]吉沢明歩のファンを自称する。
  • 野性爆弾くっきー!による肉糞亭一門の門下生で、肉糞亭恥骨子と命名されている。
  • 大阪京橋の出身[34]と自ら語り、アクが強い関西弁も用いる。レギュラーでパーソナリティを務めるTOKYO FMの「DIG GIG TOKYO!」では少し高めの声で標準語を用いる。
  • 水代わりに飲むコーラの摂取量が多く、テレビ番組内で医師が「シュガー ジャンキー」と称した。
  • 2019年12月6日放送の『ものまね王座決定戦』にオーディションを経て初出場した予選で2位となり、決勝戦で芸の上手さと歌唱力の高さが話題となる。
  • ファッションデザイナー石津謙介は大おじ[注 1]フリーアナウンサー上柳昌彦は遠戚に当たる[1][2]

作品[編集]

出演[編集]

舞台[編集]

初夏名義

  • 劇団レトルト内閣公演
    • 哀願ソワレ 〜ハーフビューティな彼女に愛の薔薇一票〜(2009年)
    • 絶叫ソング 〜あなたと私と言い訳人生〜(2010年7月30日 - 8月1日) - 関原 役
    • さらばアイドル、君の放つ光線ゆえに(2011年2月18日 - 20日)
    • 猿とドレス〜誰カガワタシヲ盗作スル〜(2011年9月16日 - 18日)
    • 金色夜叉オルタナティブ(2012年6月15日 - 17日) - お宮 役
    • エレガンスROCK 倦怠アヴァンチュール(2013年2月1日 - 3日)
  • 外部公演
    • 油小路の八人(2010年1月、演劇集団よろずや
    • 青眉のひと(2010年10月、演劇集団よろずや)
    • 夏嵐〜げらん〜(2011年11月11日 - 13日、激富/GEKITONG)
    • SANTA×CROSS(2011年12月2日 - 4日、劇団SE・TSU・NA) - クローチェ 役
    • 洗礼者の接吻(2012年4月、バンタムクラスステージ
    • 音楽劇『ファンファーレ』(2012年9月28日 - 10月14日、東京/10月20日・21日、三重/10月26日・27日、高知/11月3日・4日、水戸) - ファーレ2号 役

ファーストサマーウイカ名義

  • 家がわらってる(2016年5月3日 - 8日) - カキウチミサト 役
  • オタッカーズ・ハイ(2016年6月7日 - 19日) - 伊藤杏奈 役
  • ESORA(2016年9月8日 - 15日) - キャスリン・ノーラン 役
  • 月刊根本宗子第14号『スーパーストライク』(2017年10月12日 - 25日)
  • 劇団鹿殺し『パレード旅団』(2017年12月14日・15日) - 日替わりゲスト
  • KERA CROSS『カメレオンズ・リップ』(2021年4月4日・5日、4月14日 - 26日ほか) - ガラ・トメート 役

映画[編集]

  • 月震のかずみ(2014年公開) - 主演[注 2][12][14]
  • 約束の時間(2019年公開) - キョウコ 役

劇場アニメ[編集]

吹き替え[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 沈黙法廷 第1話(2017年9月24日、WOWOW
  • 凪のお暇(2019年7月19日 - 9月20日、TBS) ※1話ごとに異なる役柄でレギュラー出演[22][36]
    • 第1話:ヤオアニの店員・ともみ
    • 第2話:開運商法の女・真田さん
    • 第3話:婚活パーティーの司会を務めるフリーアナウンサー・海老原ひろ美
    • 第4話:クラブのギャル・reina
    • 第5話:ドリームランナーズのOL・中岡さつき
    • 第6話:KONARYのOL・舞度照子
    • 第7話:シゲタデンキの担当者・真多照代
    • 第8話:宅配業者・高井希美
    • 第9話:慎二の親戚・はるか
    • 第10話:社員・荻野奈まとい
  • おカネの切れ目が恋のはじまり(2020年9月15日 - 10月6日、TBS) - 鴨志田芽衣子 役[37]
  • 連続テレビ小説おちょやん」(2021年、NHK) - ミカ本田 役[38][39]

バラエティ番組[編集]

ラジオドラマ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

  • ミツカン「〆野さん」
    • 「鶏だし生姜鍋つゆ」『〆野さん ちゃっかり〆チェン篇』(2018年10月12日)
    • 「ごま豆乳鍋つゆ」『〆野さん スイーツ風〆チェン篇』(2018年11月2日)[41]
  • ファミリーマート お母さん食堂 『慎吾母のお母さん食堂 涙の味篇』(2019年9月24日より公開)[23]
  • ワコール 「エアリーソフトブラ」(2020年8月4日 - )※イメージモデル[42]
  • 金鳥「ゴンゴン」『ダニが言ってた篇』(2020年9月 - )[43]
  • ニベア花王「ニベアフェイスウォッシュ」『ニベア 肌ととのえ洗顔』(2020年10月 - ) ※イメージキャラクター[44]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b 各種報道媒体記載の本人のコメント及び、記事の見出し・記事内の表記には「大おじ」または「大叔父」とあるが、本人のコメント通りだとすれば「私のおばあちゃん(祖母)のおじ(祖母の父母(曽祖父母)の兄弟、または祖母の父母(曽祖父母)の姉妹の配偶者)が石津謙介さん」との事なので、「大おじ(伯祖父/叔祖父)」(大叔父(叔祖父)は祖父母の兄弟の弟にあたる人物の事)にはあたらず、「曽祖伯父/曽祖叔父」となる(5親等の傍系の親族)。この世代の親族に「大おじ」などの明確な呼称は用いない。詳細は続柄続柄#曽祖父母以上と同世代続柄#義理の関係を参照。
  2. ^ 初夏(元BiS/ファーストサマーウイカ)名義。

出典[編集]

  1. ^ a b c ウイカ、大叔父が超有名ファッションデザイナーと告白 劇団ひとり「凄いじゃん!」”. SponichiAnnex (2020年10月9日). 2020年10月10日閲覧。
  2. ^ a b c “ファーストサマーウイカ、大叔父きっかけで新たな縁「ニッポン放送の絆が深まって…」”. ORICON NEWS (オリコン). (2020年10月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2174775/full/ 2020年10月25日閲覧。 
  3. ^ a b c d ファーストサマーウイカ”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2020年3月14日閲覧。
  4. ^ a b c d ごぶごぶ 第408回(MBS動画イズム)(MBS 2020年1月28日放送)
  5. ^ a b c d e ファーストサマーウイカ「自分が誇れるものを…」激動の人生「BiS」「BILLIE IDLE®」時代を振り返る”. TOKYO FM+. エフエム東京 (2020年2月27日). 2020年3月20日閲覧。
  6. ^ a b ファーストサマーウイカ 「サマー姉さん」発言で夏井先生が大激怒!?”. MBSコラム. もう一度楽しむプレバト. 毎日放送 (2019年10月26日). 2020年4月19日閲覧。
  7. ^ a b c d e f ファーストサマーウイカ (2013年6月12日). INTERVIEW : ファーストサマーウイカ. (インタビュー). OTOTOY.. http://ototoy.jp/feature/2013061200/4 2016年5月12日閲覧。 
  8. ^ ファーストサマーウイカ (2019年12月6日). ファーストサマーウイカさん「誤解されるの、嫌じゃありません」. インタビュアー:田中春香. 朝日新聞社. telling... https://telling.asahi.com/article/12937130 2020年3月18日閲覧。 
  9. ^ a b c d ファーストサマーウイカ (2019年8月5日). ファーストサマーウイカ、関西弁毒舌でバラエティ界に新旋風も「すべては計算済み!?」. インタビュアー:北村ヂン. サイゾー. 日刊サイゾー.. https://www.cyzo.com/2019/08/post_210801_entry.html 2020年3月18日閲覧。 
  10. ^ a b c ファーストサマーウイカ (2019年8月23日). 関西弁キャラでブレイク中、ファーストサマーウイカ「流れ着くところで、風の吹くままにやってきた」<インタビュー>. インタビュアー:田中隆信. KADOKAWA. p. 3. ザテレビジョン.. https://thetv.jp/news/detail/200537/p3/ 2020年3月18日閲覧。 
  11. ^ 放送内容(2020年7月11日 #167)ごちそう様 ファーストサマーウイカさん”. 人生最高レストラン. TBSテレビ. 2020年7月12日閲覧。
  12. ^ a b 初夏 (2014年8月19日). 初夏(ウイぽん/元BiS)主演映画試写会に沢尻登場!?「別に」. インタビュアー:平賀哲雄. 阪神コンテンツリンク. Billboard JAPAN.. http://www.billboard-japan.com/d%20news/detail/21930/2 2020年3月18日閲覧。 
  13. ^ “初夏(ウイぽん/元BiS)主演映画試写会に沢尻登場!?「別に」”. dot. (朝日新聞出版). (2014年8月19日). http://dot.asahi.com/billboardnews/2014081900043.html 2016年5月12日閲覧。 
  14. ^ a b “元BiSウイカ2年前に撮った主演映画公開に「整形バレる」!?”. 女性自身 (光文社). (2014年10月23日). https://jisin.jp/column/1603140/ 2020年3月18日閲覧。 
  15. ^ ファーストサマーウイカ (2019年8月5日). ファーストサマーウイカ、関西弁毒舌でバラエティ界に新旋風も「すべては計算済み!?」. インタビュアー:北村ヂン. サイゾー. p. 2. 日刊サイゾー.. https://www.cyzo.com/2019/08/post_210801_entry_2.html 2020年3月18日閲覧。 
  16. ^ “BILLIE IDLE、ラストライブ駆け抜け笑顔で解散「幸せでした!」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年12月28日). https://natalie.mu/music/news/361535 2020年3月14日閲覧。 
  17. ^ ファーストサマーウイカ”. キューブ. アーティスト. 2017年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月20日閲覧。
  18. ^ ファーストサマーウイカ (2019年8月5日). ファーストサマーウイカ、関西弁毒舌でバラエティ界に新旋風も「すべては計算済み!?」. インタビュアー:北村ヂン. サイゾー. p. 3. 日刊サイゾー.. https://www.cyzo.com/2019/08/post_210801_entry_3.html 2020年3月18日閲覧。 
  19. ^ “ファーストサマーウイカの次なるビジョンは?準備も万端「月2~3万スってるんです」”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年2月28日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/02/28/kiji/20200228s00041000429000c.html 2020年3月18日閲覧。 
  20. ^ 株式会社エム・データ、2019年下半期・急上昇テレビ番組出演ランキング<フレッシュ平成世代>を発表”. 株式会社エム・データ (2019年12月26日). 2020年1月2日閲覧。
  21. ^ ファーストサマーウイカ (2019年8月23日). 関西弁キャラでブレイク中、ファーストサマーウイカ「流れ着くところで、風の吹くままにやってきた」<インタビュー>. インタビュアー:田中隆信. KADOKAWA. ザテレビジョン.. https://thetv.jp/news/detail/200537/ 2020年3月18日閲覧。 
  22. ^ a b “ファーストサマーウイカ「凪のお暇」で連ドラ初レギュラー「あの物語の一部になれる」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年7月4日). https://natalie.mu/music/news/338289 2020年3月18日閲覧。 
  23. ^ a b “香取慎吾:“慎吾母”CM初登場 頑張る社会人に「おっつー」 ファーストサマーウイカを慰める”. MANTANWEB (MANTAN). (2019年9月24日). https://mantan-web.jp/article/20190923dog00m200019000c.html 2020年3月18日閲覧。 
  24. ^ a b “ファーストサマーウイカ念願の「オールナイトニッポン0」に「放送コードギリギリで」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年11月9日). https://natalie.mu/music/news/354779 2020年3月18日閲覧。 
  25. ^ a b “ファーストサマーウイカが「ジュマンジ」続編の吹替声優に、前作キャストも続投”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年10月24日). https://natalie.mu/eiga/news/352643 2019年10月24日閲覧。 
  26. ^ a b “ファーストサマーウイカ:声優初挑戦でドッキリ疑う 初アフレコは「新品のパンツ」で気合”. MANTANWEB (MANTAN). (2019年11月23日). https://mantan-web.jp/article/20191123dog00m200031000c.html 2020年3月18日閲覧。 
  27. ^ a b “ウイカ、「オールナイトニッポン0」月曜担当の大役に「来年あたり死ぬんちゃうかな」”. デイリースポーツ online. (2020年3月10日). https://www.daily.co.jp/gossip/2020/03/10/0013180762.shtml 2020年3月18日閲覧。 
  28. ^ a b ファーストサマーウイカ (2020年3月16日). ファーストサマーウイカ、『ANN0』は「放送できるギリギリを攻めたい」. インタビュアー:佐野裕亮. マイナビ. マイナビニュース.. https://news.mynavi.jp/article/20200316-uika/ 2020年3月18日閲覧。 
  29. ^ a b ファーストサマーウイカ「“ラジオの女”と呼ばれたい」気合十分の初回放送”. ニッポン放送 NEWS ONLINE (2020年4月3日). 2020年4月19日閲覧。
  30. ^ ファーストサマーウイカ [@FirstSummerUika] (1 January 2020). "【ご報告】 新年のご挨拶と共に、皆様にお知らせしたい事があり、直筆でコメントを書かせて頂きました。 どうぞ宜しくお願いいたします。" (ツイート). Twitterより2020年4月19日閲覧
  31. ^ ファーストサマーウイカ on Instagram” (2020年1月1日). 2020年1月1日閲覧。
  32. ^ ファーストサマーウイカ、一般男性と数年前に入籍していたことを発表”. 音楽ナタリー (2020年1月1日). 2020年1月1日閲覧。
  33. ^ “ウイカ「笑ってコラえて!」16年ぶり出演で当時の写真披露 ファン「人生何があるか分からないですね」”. スポニチ (スポーツニッポン新聞社). (2020年12月3日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/12/02/kiji/20201203s00041000137000c.html 2021年3月6日閲覧。 
  34. ^ ごぶごぶ 第408回(MBS動画イズム)(MBS 2020年1月28日放送)
  35. ^ “「100日間生きたワニ」映像初公開 山田裕貴&ファーストサマーウイカ&清水くるみも参戦”. 映画.com. (2021年3月20日). https://eiga.com/news/20210320/12/ 2021年3月20日閲覧。 
  36. ^ 『凪のお暇』ファーストサマーウイカが連ドラ初レギュラー!1話ごとに違う役柄で登場”. TBSホット情報 (2019年7月4日). 2019年7月19日閲覧。
  37. ^ “松岡茉優と三浦春馬のドラマ「カネ恋」新キャスト11名、主題歌はミスチル”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年8月18日). https://natalie.mu/eiga/news/392427 2020年8月18日閲覧。 
  38. ^ “【おちょやん】ファーストサマーウイカ、ハリウッド帰りの女優役で朝ドラ初出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年12月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2180522/full/ 2020年12月28日閲覧。 
  39. ^ “ファーストサマーウイカ、朝ドラ初出演に「感無量」 華大も絶賛「様になっていた」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年1月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2182038/full/ 2021年1月18日閲覧。 
  40. ^ テレ東&TBSが新感覚バラエティー ウイカ、ハナコ岡部、DJ松永がテレ東・佐久間Pとタッグ【コメントあり】”. ORICON NEWS (2020年9月7日). 2020年9月7日閲覧。
  41. ^ “高橋一生が鍋の〆に真剣すぎる『〆野さん』を熱演!鍋の〆でキッシュ?プリン!?〆野さんの意外すぎるレシピを紹介!ショートWEBドラマ『〆野さん』が10月12日より公開” (プレスリリース), 株式会社Mizkan, (2018年10月12日), https://gourmetpress.net/60559/ 2018年10月12日閲覧。 
  42. ^ 着けていることを忘れるくらい “軽やかなブラの魅力” を表現 ファーストサマーウイカさん 美しく大胆なバックショットを披露 ~ ウイング『エアリーソフトブラ』のイメージモデルに就任 ~”. ワコール (2020年8月3日). 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月28日閲覧。
  43. ^ 大日本除虫菊 ゴンゴン「ダニが言ってた」篇 ファーストサマーウイカ”. CM Watch (2020年9月6日). 2020年12月28日閲覧。
  44. ^ “ニベア「肌ととのえ洗顔」 ファーストサマーウイカさん起用の対話型キャンペーンで秋冬の肌のキメを「ととのえる」洗顔を提案” (プレスリリース), ニベア花王株式会社, (2020年10月15日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000059.000006944.html 2020年12月28日閲覧。 

外部リンク[編集]