小劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小劇場(しょうげきじょう)とは小さな劇場のことであるが、小劇場を拠点とした演劇集団(劇団)及びその活動(小劇場運動)を指すこともある。小劇場運動は日本で1960年代から現代演劇の中心であった新劇に対抗する形で始まり、アングラ演劇とも呼ばれた。1970年代以降、つかこうへい野田秀樹鴻上尚史三谷幸喜らが活躍した。

小劇場出身者もより大きな舞台やマスコミで活動するようになったため、現在ではその境は昔ほどはっきりとはしたものではなくなっている。

小劇場出身の劇団[編集]

小劇場の劇団で、有名なものには野田の夢の遊眠社や鴻上の第三舞台、三谷の東京サンシャインボーイズ成井豊演劇集団キャラメルボックスなどがある。

スタートが小劇場と呼ばれる劇場からなのであれば、その後商業劇団へと成長しようが、現在の公演形態、規模にかかわらず、その集団は「小劇場」・「小劇場演劇の劇団」と言われることとなる。

主な小劇場[編集]

日本の小劇場[編集]

北海道[編集]

青森県[編集]

東京都[編集]

神奈川県[編集]

静岡県[編集]

愛知県[編集]

京都府[編集]

大阪府[編集]

兵庫県[編集]

福岡県[編集]

沖縄県[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]