12人の優しい日本人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
12人の優しい日本人
作者 三谷幸喜
日本の旗 日本
言語 日本語
ジャンル 戯曲
幕数 1幕1場
初出 『しんげき』1991年7月号(No.461)、白水社
初演 1990年 シアターサンモール
Portal.svg ウィキポータル 文学
Portal.svg ウィキポータル 舞台芸術
テンプレートを表示

12人の優しい日本人』(じゅうににんのやさしいにほんじん)は、三谷幸喜戯曲。自ら主宰する劇団・東京サンシャインボーイズのために書き下ろし、1990年7月30日東京シアターサンモールで初演、『しんげき』(白水社1991年7月号(No.461)に掲載された。映画『十二人の怒れる男』へのオマージュとして、「もし日本にも陪審制があったら?」という架空の設定で描かれる法廷劇・密室劇[1]。『十二人の怒れる男』での展開や設定を基にしたパロディが各シーンでみられる。

東京サンシャインボーイズにより1991年1992年に、またパルコプロデュースにより2005年にも上演された。

1991年三谷幸喜東京サンシャインボーイズの脚本、中原俊の監督で映画化され、同年12月14日に公開された。

ストーリー[編集]

夜の国道でトラックにはねられ死亡した男性をめぐり、男性を路上に突き飛ばしたとして殺人の容疑をかけられた男性の別れた妻の陪審審理のため、素性も考えも裁判への意気込みも全く異なる、12人の一般市民が陪審員として会議室に集められた。

評決は全会一致が原則である中、最初の決で12人全員が「無罪」に挙手。呆気なく審議終了・解散となりかけたところ、陪審員2号が「話し合いがしたいんです」と言って意見を「有罪」へと翻す。いざ話し合いが始まってみると、理由があやふやな人、参加意欲の乏しい人、付和雷同な人、意固地すぎる人などさまざまな人がいて、議論するたび、有罪無罪の決をとるたびに各自の考えは二転三転する。

こんな状況で、良くも悪くも日本人らしい12人が男性の死をめぐって事件か事故か、有罪か無罪かで激論を交わす。

登場人物[編集]

上演データ[編集]

東京サンシャインボーイズ公演として、1990年シアターサンモールで初演。このときは三谷幸喜も『一橋壮太朗』の芸名で陪審員6号を演じた。1991年の再演、1992年の三演を経て、パルコ・プロデュース公演として2005年12月から2006年1月にかけて上演され[2]WOWOWで公演の生放送も行なわれた。

ストーリーの大筋は各公演および映画版とも共通だが、脚本は他の三谷作品と同様に、演じる役者に合わせて台本を書き直す「当て書き」が行なわれており、各公演時にも都度改訂されている。事件のトリック[注 1]に関しても、その理由が公演のたびに改訂されている。また時代を反映した会話なども盛り込まれ、各々で違いがみられる。

2020年5月6日には、近藤芳正を発起人とする「12人の優しい日本人を読む会」により、出演者全員が自宅でWEB会議アプリ「Zoom」を用いて読み合わせ、YouTube Liveによってオンラインで無料生配信された。キャストは東京サンシャインボーイズによる1992年公演のオリジナルキャストを中心に吉田羊妻鹿ありかPrayers Studio)、渡部朋彦(Prayers Studio)が新たに加わり、三谷も前説およびピザ店の店員役でサプライズ出演して、冨坂友アガリスクエンターテイメント)が演出を務めた。配信側・視聴側の環境を考慮して一幕一場の作品を前後編に2分割して配信し[3]、前後編あわせて28,000視聴を記録するなど、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に伴う公演自粛の流れの中でリモート創作の可能性を探る「Zoom演劇」の新たな試みの1つとしても注目を集めた[4][5][6][7]

上演日程[編集]

東京サンシャインボーイズ公演
パルコ・プロデュース公演
12人の優しい日本人を読む会 オンライン生配信
  • 2020年5月6日 14:00 - 15:00(前編)、18:00 - 19:00(後編)

キャスト(舞台)[編集]

役名 初演
(1990年)
再演
(1991年)
三演
(1992年)
パルコ公演
(2005年)
オンライン版
(2020年)
陪審員1号 小原雅人 甲本雅裕 浅野和之 甲本雅裕
陪審員2号 相島一之 生瀬勝久 相島一之
陪審員3号 阿南健治 小林隆 伊藤正之 小林隆
陪審員4号 小林隆 阿南健治 筒井道隆 阿南健治
陪審員5号 かんみほこ 岡崎淑子 横田由和 石田ゆり子 吉田羊
陪審員6号 一橋壮太朗 近藤芳正 堀部圭亮 近藤芳正
陪審員7号 梶原善 温水洋一 梶原善
陪審員8号 斉藤清子 鈴木砂羽 妻鹿ありか
陪審員9号 西村雅彦 小日向文世 西村まさ彦
陪審員10号 宮地雅子 堀内敬子 宮地雅子
陪審員11号 野中功 江口洋介 野仲イサオ
陪審員12号 伊藤俊人 山寺宏一 渡部朋彦
守衛 福島三郎 小原雅人 不登場 小原雅人
青年 甲本雅裕 不登場
裁判長(声のみ) 山本亘 不登場 小原雅人
ピザ屋の配達員 不登場 一橋壮太朗[5]

スタッフ(舞台)[編集]

東京サンシャインボーイズ公演
パルコ・プロデュース公演
  • 作・演出 - 三谷幸喜
  • 音楽 - 本間勇輔
  • 美術 - 堀尾幸男
  • 照明 - 服部基
  • 衣裳 - 黒須はな子
  • 音響 - 井上正弘
  • ヘアメイク - 河村陽子
  • 舞台監督 - 松坂哲生
  • プロデューサー - 佐藤玄
  • 制作 - 毛利美咲

受賞歴[編集]

関連商品[編集]

CD
  • 12人の優しい日本人 サウンド・トラック(2005年12月1日、PARCO STAGE、PLS0175)
DVD

書誌情報[編集]

  • 『しんげき』No.461 1991年7月号(白水社)掲載

映画[編集]

12人の優しい日本人
監督 中原俊
脚本 三谷幸喜
東京サンシャインボーイズ
製作 岡田裕
音楽 エリザベータ・ステファンスカ(モーツァルト ピアノ・ソナタ 15番ハ長調 K545)
撮影 高間賢治
編集 冨田功
冨田伸子
製作会社 ニュー・センチュリー・プロデューサーズ
サントリー
日本テレビ放送網
配給 アルゴプロジェクト
公開 日本の旗 1991年12月14日
上映時間 116分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

三谷幸喜東京サンシャインボーイズの脚本、中原俊の監督で映画化され、1991年12月14日に公開された。

キャスト(映画)[編集]

陪審員1号:塩見三省
40歳の女子高体育教師。陪審員長。4年前にも陪審員を経験している。
陪審員2号:相島一之
28歳の精密機械製造会社従業員。「話し合いがしたい」と言って被告の有罪を主張し始める。妻と別居している。
陪審員3号:上田耕一
49歳の喫茶店店主。議論や会議が苦手な、甘党でアル中の男。
陪審員4号:二瓶鮫一
61歳の元信用金庫職員。被告は無罪という意見を終始変えなかった2人のうちの1人。
陪審員5号:中村まり子
37歳の商社庶務係。 公判の内容も全てメモしているという几帳面なメモ魔。
陪審員6号:大河内浩
34歳の医薬品会社セールスマン。早く仕事に戻りたいらしく、審議もやる気がない。
陪審員7号:梶原善
32歳の職人。 べらんめえ口調で気性が激しく、被害者の男性を非難する。独身。中盤以降意見を発しなかったため、最後まで意見を変えなかった2人のうちの1人。
陪審員8号:山下容莉枝
29歳の主婦。 来月5歳になる息子がおり、陪審員の中では被告に近い境遇。付和雷同しやすい。
陪審員9号:村松克己
51歳の開業歯科医。議論好きな自信家で、議論のために有罪説を展開する。
陪審員10号:林美智子
50歳のクリーニング店経営者。純真だが気弱で、意見を言うよう迫られ鼻血を出して卒倒してしまう。
陪審員11号:豊川悦司
年齢不詳の役者。 最初は議論に全く参加しなかったが、中盤で「自分は弁護士」と称して有罪説を論駁しはじめる。
陪審員12号:加藤善博
30歳の大手スーパー課長補佐。 仕切りたがり。
守衛:久保晶
ピザ屋の配達員:近藤芳正

スタッフ(映画)[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 被告が逃走する際、なぜ自宅への直行ルートを取らずに迂回したのか
  2. ^ a b 自転車キンクリートSTORE公演『ブラウニング・バージョン』における アンドルウ・クロッカーハリス役、パルコプロデュース公演『12人の優しい日本人』における 陪審員1号役 の演技。

出典[編集]

  1. ^ “【不朽の名作】三谷幸喜脚本の陪審員コメディー「12人の優しい日本人」”. リアルライブ. (2016年4月9日). https://npn.co.jp/article/detail/96056549/ 2019年5月25日閲覧。 
  2. ^ “三谷幸喜作・演出『12人の優しい日本人』製作発表”. シアターガイド(モーニングデスク). (2005年10月12日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2005/10/12_03.php 2018年11月24日閲覧。 
  3. ^ “三谷幸喜『12人の優しい日本人』オンライン読み会を生配信、近藤芳正を発起人に、初参加の吉田羊ら12人がリモートで読み合わせ”. SPICE (イープラス). (2020年4月29日). https://spice.eplus.jp/articles/268703?_ga=2.249077573.357097807.1588730118-1082786374.1588730118 2020年5月6日閲覧。 
  4. ^ “三谷幸喜氏の代表作「生上演」配信、前編で1万5千視聴突破。“武道館超え”の人気”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年5月6日). https://hochi.news/articles/20200506-OHT1T50085.html 2020年5月7日閲覧。 
  5. ^ a b “三谷幸喜氏の代表作「12人の優しい日本人」をリモートで読む会が無料生配信”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年5月7日). https://hochi.news/articles/20200506-OHT1T50244.html 2020年5月7日閲覧。 
  6. ^ “「12人の優しい日本人」生配信が反響 東京03・飯塚ら芸能界から絶賛の声”. デイリースポーツ online. (2020年5月7日). https://www.daily.co.jp/gossip/2020/05/07/0013324677.shtml 2020年5月7日閲覧。 
  7. ^ 徳力基彦 (2020年5月4日). “コロナに負けずに新しい文化を創る、Zoom演劇に学ぶリモート創作の可能性”. Yahoo!ニュース (Yahoo! JAPAN). https://news.yahoo.co.jp/byline/tokurikimotohiko/20200504-00176740/ 2020年5月7日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]