福島三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福島三郎
プロフィール
誕生日 (1969-01-13) 1969年1月13日(49歳)
出身地 日本の旗 日本 岡山県
血液型 A型

福島 三郎(ふくしま さぶろう、1969年1月13日 - )は、日本脚本家演出家である。妻は宮地雅子

人物[編集]

1995年まで東京サンシャインボーイズに所属、演出補をつとめる。東京サンシャインボーイズ解散後に、自己の脚本・演出による演劇ユニット泪目銀座(なみだめぎんざ)を旗揚げ、これまでに全12作品を上演。[1]。 2000年より脚本・演出家として株式会社ケイファクトリーに所属した後、現在はフリーで活動中。 2012年より、新たな脚本演出ユニットとして、丸福ボンバーズを旗揚げし、劇団の主宰を務める。[2]

舞台[編集]

テレビ[編集]

  • 1995年4月 フジテレビ/「JOHN COMIC SHOW」脚本
  • 1995年6月 東海テレビ/「レトロテレビ・フレッシュ75」構成
  • 1996年9月 フジテレビ/TOKYO23区の女「江東区の女」(出演:中嶋朋子 他)脚本
  • 1996年10月 フジテレビ/TOKYO23区の女「国立市の女」脚本
  • 1998年3月 フジテレビ/STAFF ONLY「馬主席の男」脚本
  • 1998年7月〜12月 CS/フジテレビ721「JOHO JAWS」脚本
  • 1998年8月 日本テレビ/Shin-D「恋は桃色」(出演:河相我聞 大路恵 坂下千里子 他)脚本
  • 1998年10月 関西テレビ/「幸せワイン」脚本
  • 1999年6月 毎日放送/ドラマ30 ああ嫁姑「おかしな二人」(出演:左時枝 羽野亜紀 村田雄浩 他)脚本
  • 1999年7月〜9月 フジテレビ/「小市民ケーン」(出演:木梨憲武 榎本加奈子 他)脚本
  • 2000年5 フジテレビ/「ショムニ2」第8・11話(出演:江角マキコ 京野ことみ 他)脚本
  • 2000年10月 フジテレビ/「世にも奇妙な物語・よう、鈴木!」(出演:陣内孝則 他)脚本
  • 2001年12月 フジテレビ/「バカ③兄弟」(出演:阿部寛 沢村一樹 伊藤英明 戸田菜穂 他)脚本・演出
  • 2002年9月 フジテレビ/「ショムニFINAL」第10話(出演:江角マキコ 京野ことみ 他)脚本
  • 2003年7月 NHK芸術劇場/「蕎麦屋の噺」(出演:岡田義徳 渡辺哲 木野花 他)脚本
  • 2004年10月〜12月 CS/衛星劇場「世界で一番短い喜劇」(出演:渡辺いっけい 他)脚本・監督
  • 2005年4月 ABC/男と女と物語「秘密のお遊び」(出演:宮本信子 吹越満)脚本
  • 2005年6月 ABC/男と女と物語Part III「ぷろぽーず」(出演:左とん平 永作博美)脚本

映画[編集]

その他[編集]

  • 1996年2月 「立川志の輔の胸の痛み」落語台本
  • 2000年4月 NHK/FMシアター「スタジアムにて」(出演:阿部サダヲ 小野武彦 梶原善 他)脚本
  • 2001年10月〜2008年3月 TOKYO FM/「ENEOS on the way comedy〜道草〜」(出演:西村雅彦 他)演出

脚注[編集]

  1. ^ 涙目銀座”. ケイファクトリー. 2014年8月6日閲覧。
  2. ^ 丸福ボンバーズについて”. 丸福ボンバーズ. 2014年8月6日閲覧。

外部リンク[編集]