君たちがいて僕がいる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

君たちがいて僕がいる』(きみたちがいて、ぼくがいる)は、フジテレビジョン系列の「金曜ドラマシアター」にて放映されたテレビドラマ。全2作が放映された。

キャスト[編集]

腕利きの実演販売人。巧みな商品説明で通行人の足を止めさせ、「君たちがいて僕がいる」の決めゼリフで客の堅い財布の紐を緩めさせる。競艇狂いが玉に瑕。バツイチ。第1作では、最初の数日でも売上は伸びず、強面を民人に指摘され、それを緩和するためにディズニー作品ダンボわんわん物語)のビデオを勧められ、鑑賞。以降本来の実演販売のウデを徐々に見せ始める。
前橋市の小さな商店街で家業の理髪店を経営している。かつて東京で千十郎の実演販売に出逢って不必要なものを買わされてしまったが、千十郎の実演販売の腕に惚れ込んでしまう。第1作ラストで、千十郎に弟子入りを志願し勝手に行動を共にしてしまう。
民人の妻。第2作では民人の留守の理髪店を守っている。
千十郎の実演販売の商品の問屋の主人。

放映リスト[編集]

第1弾:1992年4月17日放映
舞台は前橋市のはずれの小さな商店街。商店街は、近くにできた大きなデパートに客足をとられ窮地に立たされていた。商店街の理髪店の主人・民人は、かつて東京で出逢った実演販売人の千十郎を呼び寄せて、連日商店街入口で実演販売をして客足の流れを変えようと考えた。民人は東京に向かい、千十郎を探し当てた。民人の執念に負け、千十郎は商店街に力を貸すこととなったが・・・
第2弾:1992年12月4日放映
千十郎と、勝手に押しかけ弟子となった民人は、仙台ターミナルビルで実演販売に勤しんでいた。ところが、ビル側の販売促進部長が交代となり、新任の部長が、駅ビルの新イメージのため実演販売の全面終了を申し渡した。実演販売人の仲間たちを助けるべく、千十郎が立ち上がる。

オールスタッフ[編集]