女ねずみ小僧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

女ねずみ小僧』(おんなねずみこぞう)は、1989年フジテレビ系で放送[1]された時代劇シリーズ。1990年に2度、1995年に1度、単発スペシャル版も放送された。

概要[編集]

フジテレビ水曜夜8時枠時代劇の第一弾となる作品。同時間帯枠では、1984年4月4日に終了した『銭形平次』以来の連続時代劇となった。

1970年代に同じくフジテレビ系で放送された、小川真由美主演の「女ねずみ小僧シリーズ」(『浮世絵 女ねずみ小僧』・『ご存知!女ねずみ小僧』)のリメイク [注 1]

主人公は、伊賀の赤目党の残党[2][3]である、お凛(普段は常磐津の師匠)。義賊・女ねずみ小僧に変身し、6人の小ねずみ(弟子)と男ねずみ小僧(幼なじみで大工の留吉)と協力して、夜の江戸で活躍する。

女ねずみ小僧[編集]

1989年4月12日 - 7月5日(全12話)

放映リスト[編集]

サブタイトル 脚本 監督
[#1]  4/12  闇夜の屋根から愛のおひねり・
女ねずみ軍団12年ぶり江戸襲撃
佐藤繁子 高井牧人[4]
[#2] 4/19 月がとっても青いから 馬場當 中山三雄[5]
[#3] 4/26 お七の恋はスリリング 福田善之 中山三雄[6]
[#4] 5/03 花吹雪、謎の美人画 伊勢間照 山本邦彦[7]
[#5] 5/10 ねずみ危うし!鈴の音チリン 山本邦彦
伊勢間照
山本邦彦[8]
[#6] 5/17 眠れぬ江戸の美女 佐藤五月 帯盛迪彦[9]
[#7] 5/24 千両富は殺しの番号 伊勢間照 帯盛迪彦[10]
- 5/31 五木ひろし結婚披露宴の生中継で、休止
[#8] 6/07 大流行!ねずみブランド 伊勢間照 土井茂[11]
[#9] 6/14 さすらいのラブレター男 佐藤繁子 土井茂[12]
[#10] 6/21 竹ヤブから千両箱・
大先輩の大貫屋さん対策伝授
佐藤五月[13] 舛田明廣
[#11] 6/28 たたきゃいいってもんじゃない 佐藤繁子 山本邦彦[14]
[#12] 7/05 爆殺指令!ダイナマイトど〜ん 佐藤繁子 山本邦彦[15]

レギュラー出演者[編集]

00女ねずみ お凛 大地真央
00男ねずみ 留吉 伊武雅刀
00南町奉行・[2]内藤美濃守直康   露口茂
00同心・[2]青木兵吾 橋本功 [注 3]
00下っ引き・[2]新八 笑福亭笑瓶
00瓦版屋・半兵衛 花上晃
(子ねずみ)
00ねの一番=お美津 山本郁子
00ねの二番=お紫乃 紫城いずみ
00ねの三番=お小夜 浅野愛子
00ねの四番=おしん 小山みゆき
00ねの五番=お久 伊藤真美
00ねの九番=おひこ 長谷川純代
(準レギュラー)
00ゆめ 野々村まみ
00与力・黒水 数馬[注 4] 森下哲夫

ゲスト出演者など[編集]

^01話 「闇夜の屋根から愛のおひねり」
^02話 「月がとっても青いから」
^03話 「お七の恋はスリリング」
^04話 「花吹雪、謎の美人画」
^05話 「ねずみ危うし!鈴の音チリン」
^06話 「眠れぬ江戸の美女」
^07話 「千両富は殺しの番号」
^08話 「大流行!ねずみブランド」
^09話 「さすらいのラブレター男」
  • 高岡健二(シャボン玉売り「玉や」の元とび職人「付け文小僧」・時二郎)
  • 中島めぐみ(時二郎の生き別れた女房・お菊)
  • 内田喜郎(お菊の現亭主である大工・佐吉)
  • ※河合豊章(※折紙指導)
^10話 「竹ヤブから千両箱!!」
^11話 「たたきゃいいってもんじゃない」
^12話 「爆殺指令!ダイナマイトど〜ん」
  • 若林豪(長崎奉行所から10日間の期限で赴任してきた特命同心・柴田彦四郎)
  • 尾藤イサオ(柴田の手下・文助)
  • 竹井みどり(柴田の仲間・おせん)
  • 福原学(長屋のしじみ売りの少年・杉坊)

スペシャル版[編集]

いけないことだぞ、大江戸マラソン博奕地獄 [16][編集]

1990年9月26日(水)19:30~20:54放映

京本政樹白竜島村佳江森沢なつ子
野々村真斎藤清子北村総一朗/笑福亭笑瓶 [17]ほか

おめでとう!大地真央 女ねずみ小僧スペシャル「ごめんじゃすまない美女奪回大ばくち」[編集]

1990年12月12日(水)19:30~20:54放映

  • 脚本:伊勢間照三谷幸喜(共同脚本)
  • 監督:山本邦彦
  • 出演:大地真央/伊武雅刀/森口瑤子/
京本政樹/白竜/島村佳江/森沢なつ子/
中山仁出光元菅貫太郎 [18]島崎路子(おくみ)/笑福亭笑瓶(発明家・仁助) ほか

狙われたからくり城!史上最悪のダイハード [19][編集]

1995年1月7日(土)16:30~17:54放映

中条きよし中野誠也内田勝正山本紀彦うえだ峻江幡高志小林隆 [20]ほか

参考文献[編集]

  • 朝日、読売、毎日の新聞縮刷版(放送当日のラテ欄)
  • 役名は『週刊テレビ番組』から参考

脚注[編集]

  1. ^ 2007年には、今作と同じ大地真央主演で、『女ねずみ小僧~目明かしの女房~』として舞台化(明治座11月公演)もされた。 (女ねずみ小僧  Back Number  株式会社アール・ユー・ピー
  2. ^ やっぱり猫が好き』のプロデューサーでもあった。 ([今回だけ特別にお話します] 三谷幸喜「日刊ゲンダイ」チャンネル日刊ゲンダイチャンネル(日刊ゲンダイ) - ニコニコチャンネル社会・言論
  3. ^ 小川真由美版の『浮世絵 女ねずみ小僧』第2シリーズでも、ねずみ小僧を追う同心役を演じた。
  4. ^ 9話までのクレジットタイトルでは与力・黒水。
  5. ^ クレジットタイトルでは恩田レイ子
    同時期放送のフジテレビの深夜ドラマやっぱり猫が好き』における役名。
出典

外部リンク[編集]

NHK(2013年9月から「BSプレミアム」で再放送)
C.A.L - 作品年表
テレビドラマデータベース - ドラマ詳細データ
フジテレビ 水曜20時台
前番組 番組名 次番組
こまらせないで!
(ここまでは現代劇)
女ねずみ小僧
(1989年4月 - 7月)