深夜ドラマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

深夜ドラマ(しんやドラマ)は、深夜帯(「ネオプライム」とされる23時台も含む場合もある)に放送される、テレビドラマ

主に、週1回放送の連続ドラマを指す。テレビ朝日の「金曜ナイトドラマ」(60分)や読売テレビの「木曜ドラマ」(55分)のような長めのものもあるが、30分、40分、45分などの放送枠もある。

概要[編集]

1980年代後半に、バブル景気の影響もあり各局で深夜帯の放送時間が拡大。バラエティ番組と共にドラマも扱われた。フジテレビの『やっぱり猫が好き』(1988 - 1991年、脚本:三谷幸喜)は、ゴールデンタイムに昇格(1990年10月)した[1]。同局の『奇妙な出来事』(1989 - 1990年)も、『世にも奇妙な物語』として昇格(1990年4月)した。

深夜ドラマは、まずキャスティングありきの企画やスポンサーなどへの配慮による保守的傾向が求められやすいゴールデンタイムのドラマとは状況が若干異なる一方で、予算が乏しくスケジュールは厳しいという意見がある[2]

中には『巡査・今泉慎太郎』(1996年・2004年、10分)や『深夜も踊る大捜査線』(1998年など、10分)のような、スピンオフの短時間ドラマもある。

シリーズ化(シーズン2などが作られる)や、映画化という発展に至る作品もある。

海外ドラマや再放送ドラマがやることもある。

また、ゴールデンタイムでは見られないような性表現が用いられている作品もある[3]

主な深夜ドラマ一覧[編集]

フジテレビ[編集]

テレビ朝日[編集]

日本テレビ[編集]

TBS[編集]

テレビ東京[編集]

ドラマ24テレビ東京土曜未明のドラマ(枠名なし、土曜0:52 - 1:23〈金曜深夜〉)、土曜ドラマ24などの枠がある。シリーズ物も多く作られている。

関西テレビ[編集]

毎日放送[編集]

ほか

脚注[編集]

関連項目[編集]