日曜ナイトドラマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ナイトドラマ (テレビ朝日) > 日曜ナイトドラマ

日曜ナイトドラマ(にちようナイトドラマ、Sunday Night Drama)は、2010年4月25日から2011年3月27日までテレビ朝日系列で、毎週日曜日の23:00 - 23:55(JST)に放送されていた深夜ドラマ枠の冠タイトルである。ハイビジョン制作ステレオ放送

概要[編集]

これまでテレビ朝日では、2000年春より金曜土曜の夜11時枠に「ナイトドラマ」枠を設け、既存のプライム枠のドラマとは違う新しい路線のドラマに挑戦し、『トリック』や『特命係長 只野仁』シリーズをはじめ、『OLヴィジュアル系』シリーズ、『スカイハイ』シリーズなど、数々の話題作を連発してきた。

その後、2001年秋に土曜が廃枠となり、これまで金曜のみとなっていたが、2010年4月の改編で日曜23時枠を連続ドラマ枠にすることが決定し、再びナイトドラマ枠が2枠体制となる[1]。テレビ朝日が日曜日に連続ドラマ枠を設置するのは、『西部警察』などを放送していた20時台の連続ドラマが撤退して以来16年半ぶりの事である。

本枠の新設に伴い、これまで日曜23時枠で放送していた番組のうち『地球号食堂〜エコめし宣言』は2010年3月28日で終了し、スポンサーの一つであったトヨタ自動車は撤退となり、『やべっちFC〜日本サッカー応援宣言〜』は24時台前半枠へと繰り下がって移動し、放送時間も45分から35分へと縮小した。

改編期に単発バラエティ番組を放送する際は、一部の地域では他番組に差し替える事もある。さらに、『全英オープンゴルフ』といったスポーツ中継時や、国政選挙時の開票特番選挙ステーション』などといった特別編成時には休止することもある。また、時には映画を2週に分けて放送することもある。

当枠の第1作目として放映された『女帝 薫子』(桐谷美玲主演)は2010 FIFAワールドカップサッカー及び全英オープンゴルフ中継や選挙等特番の影響もあって、わずか8回(2010年4月25日-6月13日)での放送だった。ドラマの最終回を迎える時点で、次のドラマの内容が明かされないのは異例の事であった。

そんな中、第2弾として、2010年5月に劇場公開された、日本の脚本家と韓国の俳優・監督・他スタッフによる日韓共同ドラマプロジェクト『日韓共同ドラマ テレシネマ』の中から3作品が前・後編に分けて放送されることが2010年7月15日に明らかにされた。その後も第3弾の『霊能力者 小田霧響子の嘘』(石原さとみ主演)、第4弾の『Dr.伊良部一郎』(徳重聡主演)が放送された。

2011年4月からは、『日曜ナイトプレミア』にリニューアルされる[2]

基本放送時間[編集]

  • 日曜日 23:00 - 23:55

放送作品[編集]

2010年[編集]

2011年[編集]

備考[編集]

それまで日曜23時枠番組のクロスプログラムは、『熱闘甲子園』放送中の時のみだったが、当枠設置後は、『日曜洋画劇場』終了後に出演者が「『日曜洋画劇場』のあとは」と言ってから行う様になった(その前に22:54から「世界の車窓から」が放送される)。

当番組終了後は、『やべっちFC〜日本サッカー応援宣言〜』とのクロスプログラムが生放送で行われるが「(ナイトドラマの作品名)の後は…」というコメントはない。

関連番組[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ テレビ朝日日曜午後11時にドラマ枠 - 日刊スポーツ、2010年3月5日
  2. ^ 2011年4月24日に放送開始される『アスコーマーチ〜明日香工業高校物語〜』の公式サイトでは、放送枠名が『日曜ナイトプレミア』となっている。
  3. ^ 九州朝日放送では福岡ソフトバンクホークスパ・リーグ優勝したことをうけて、『運命編』を「パ・リーグ優勝特番」に差し替え。『運命編』は同年10月2日25時に放送された。

関連項目[編集]

テレビ朝日系列 日曜23時台前半枠
前番組 番組名 次番組
日曜ナイトドラマ
テレビ朝日系列 日曜23時台後半枠
やべっちFC
〜日本サッカー応援宣言〜

※23:30 - 24:15
【25分繰り下げて継続】
日曜ナイトドラマ
日曜ナイトプレミア
※23:00 - 23:55